閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
大阪支部

統計情報


ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは?

 ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)と有効成分・効能が同等であると国が認めている安価なお薬です。ジェネリック医薬品へ切り替えていただくことで、加入者の皆様のお薬代の軽減や健康保険財政の改善につながります。


ジェネリック医薬品が安価なのはなぜ?

 新薬に比べて研究開発費用を大幅に抑えることができたためです。新薬の開発には、期間で10年~15年、開発費用も数百億円の資金が必要であるといわれており、このコストが新薬の価格にも含まれています。

 一方で、ジェネリック医薬品は、新薬の特許期間が過ぎたものであるため、開発期間や開発コストが抑えられており、価格を安く設定することができるようになっています。


geirasuto


新薬と効き目や安全性に違いはある?

 ジェネリック医薬品は、新薬と同一の有効成分を含んでおり、効き目や安全性も新薬と同等であると国(厚生労働省)が認めております。(新薬と同等に試験も実施済※)


※行われている試験(出展:日本ジェネリック製薬協会ホームページ)

◆溶出試験

新薬と同じくらいに有効成分が体内で溶け出すかを調査する試験

◆生物学的同等性試験

新薬と同じ速さ同じ量の有効成分が体内に吸収されるかを比較する試験

◆安定性試験

品質が気温・湿度に影響されないかどうか、長期に保存しても変化がないかどうかを確認する試験


 また、医薬品メーカーによってお薬の形や味を改良し、飲みやすいように製造工夫が図られています。


          geirasuto_1


ジェネリック医薬品に切り替えるためには?

◆かかりつけ医や薬剤師に「ジェネリック医薬品に変更できますか?」と相談しましょう。

◆「ジェネリック医薬品希望シール」を保険証やお薬手帳の余白部分に貼って、病院や薬局受診の際に提示しましょう。


【ジェネリック医薬品希望シール】

ガンバ大阪版                    

gesi-ru_gamba


セレッソ大阪版

gesi-ru_cereso

 

 協会けんぽ大阪支部は、Jリーグクラブ「ガンバ大阪」「セレッソ大阪」と共同で「ジェネリック医薬品希望シール」を作成しました。ご希望の方にはご自宅や事業所までお送りしますので、下記のお問合せ先までご連絡ください。

※保険証に貼る場合は、印字された文字に重ならないようにご注意ください。


ジェネリック医薬品の使用割合

 政府目標で令和2年9月までにジェネリック医薬品の使用割合を80%以上とする目標を掲げていましたが、協会けんぽ大阪支部では令和2年9月時点で使用割合76.1%と目標を達成できず、全国でも40位という結果に終わりました。

◆ ジェネリック医薬品使用割合(新指標)[PDF]

  ・ジェネリック医薬品使用割合の推移(平成29年4月~令和2年10月)


◆   都道府県別ジェネリック医薬品使用割合(令和2年4月診療分)[PDF]

   ・協会けんぽ加入者の都道府県別診療種別のジェネリック医薬品使用割合を掲載しております。

 参考資料としてぜひご覧ください。


ジェネリック医薬品(後発医薬品)実績リスト

 ジェネリック医薬品の使用促進のための事業の一環として、薬剤分類別にジェネリック医薬品実績リストを取りまとめ、医薬品総数量上位100医薬品(後発医薬品あるもの)について掲載いたしました。


本リストは

・大阪府内に所在する医療機関や薬局での処方実績(令和2年4月診療分のレセプト)に基づいて作成しています。 

・特定のジェネリック医薬品(後発医薬品)を推奨するものではありません。

※その他留意事項は本リストの表紙をご確認ください。

※本リストの再配布はご遠慮ください。


ジェネリック医薬品(後発医薬品)実績リスト【令和2年4月診療分】[PDF]      

ジェネリック医薬品(後発医薬品)実績リスト【令和2年4月診療分】[Excel]     

ジェネリック医薬品(後発医薬品)実績リストの検索方法


ジェネリック医薬品軽減額通知を送付します

 ジェネリック医薬品の普及推進のため、処方されたお薬をジェネリック医薬品に切り替えた場合に、どのくらいお薬代(薬剤料)の自己負担額が軽減されるかを試算したお知らせ(ジェネリック医薬品軽減額通知)を毎年2月と8月ごろに、自己負担が一定以上お安くなる方を対象にお送りしております。

 「ジェネリック医薬品軽減額通知の内容」や「今後の通知を希望しない場合」については、お手数ですが、お知らせに記載のサポートデスク又は協会けんぽ大阪支部までご連絡ください。

※このお知らせは、ジェネリック医薬品への変更をご検討いただく際の参考としてお送りしているものであり、必ずしもジェネリック医薬品に切り替えなければいけないものではありません。


参考リンク先

◆後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kouhatu-iyaku/index.html

◆後発医薬品(ジェネリック医薬品)について(大阪府)

http://www.pref.osaka.lg.jp/yakumu/generic/index.html


お問い合わせ先

全国健康保険協会大阪支部 企画総務グループ

(TEL:06-7711-4300/FAX:06-7711-4610)


適用・給付状況

◆ 大阪支部統計情報(平成30年度)[PDF]

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]