ページ上部です

出産費貸付制度について

出産費貸付制度について

出産に要する費用が必要である場合に、出産育児一時金が支給されるまでの間、一時金の8割相当額を限度に無利子で貸付する制度があります。

対象者

次の1.または2.にあてはまる方が対象です。

  1. 出産予定日まで1か月以内の方
  2. 妊娠4か月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払を要する方

「健康保険 出産育児一時金」の直接支払制度もしくは受取代理制度を利用する場合は、貸付制度を利用することはできません。 

 

1.申込方法

次の1.2.3.の書類を提出してください。 

  1. 出産費貸付金貸付申込書 
  2. 出産費貸付金借用書 
  3. 健康保険出産育児一時金支給申請書(貸付用) (出生証明書欄は空欄のまま提出)

 

添付書類

  • 【出産予定日まで1か月以内の方の場合】
     母子手帳のコピー(母の氏名および出産予定日の確認できるページ)
  • 【妊娠4か月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払を要する方の場合】
     母子手帳のコピー(母の氏名および出産予定日の確認できるページ)と、医療機関等発行の出産費用の請求書等コピー

 

2.貸付金の支払 

受付後2週間から3週間程度で、貸付金(最大33万円)が指定の口座に振り込まれます。提出された書類のうち、「健康保険出産育児一時金支給申請書」が、貸付金の振込通知とともにいったん返送されます。

※出産予定の医療機関が変更になった場合は、必ずご連絡ください。

 

3.出産後「健康保険出産育児一時金支給申請書」を再度提出 

申請書の証明欄に医師・助産師、または市区町村長の証明を受けたうえで、「健康保険出産育児一時金支給申請書」を再度提出してください。

添付書類

  • 合意文書(直接支払制度を利用しないことに関する合意文書)のコピー
  • 出産費用の領収・明細書のコピー(直接支払制度を利用していない旨が明記されたもの。また、「産科医療補償制度」対象分娩である場合は、その旨を示すスタンプが押印されたもの)

 

4.差額の入金 

再受付後3週間程度で、「健康保険出産育児一時金」とすでに受けられた貸付金との差額が、指定の口座に振り込まれます。

 

帝王切開等での出産になりそうな場合

正常な分娩は保険診療扱いにはなりませんが、帝王切開等により保険診療扱いとなり、医療費が高額になりそうな場合、事前に「限度額適用認定証」の交付を受けていただくことによって、医療機関等での負担が軽減できます。

  • 「限度額適用認定証」についてはこちらをご覧ください。

 

すべての申請書は郵送でお手続きできます

〒550-8510【個別郵便番号】
協会けんぽ大阪支部
(住所:大阪市西区靱本町1-11-7信濃橋三井ビル6階)

  • 個別郵便番号「550-8510」を記載していただいた場合は、郵便の宛先住所をすべて省略することができます。