ページ上部です

禁煙コラム第6回

【 禁煙を成功させる方法、自力と禁煙を補助する治療があります 】 

   

  禁煙を成功させる方法についてお話しさせて頂きます。自力で禁煙を目指す。禁煙治療には飲む・貼る・噛むがあります。ご紹介します。

 

[飲む] 

 飲み薬を使用します。禁煙外来で医師のサポートを受けながら禁煙を目指します。成功率は約80%です。12週で5回通院します。保険適応条件満たせば3割負担で約2万円です。飲み薬を使用すると、禁煙時の離脱症状だけでなく、喫煙による満足感も抑制します。

 

[貼る] 

 ニコチンパッチを使用します。市販されているものと医師の診断を受けて処方してもらうものがあります。医療機関で処方されるものは条件を満たせば保険適応なら費用は約1万3千円です。禁煙開始日から使用し 8週間で終了することを目安とします。1日1回貼り替えます。

 

[噛む] 

 ニコチンガムを使用します。薬局薬店で購入できます。煙草をきちんとやめてから使用します。

 吸いたい時にニコチンを含有したガムを噛んで吸いたい気持ちを抑えます。15回ほど噛みピリッとした味を感じたら頰と歯ぐきの間に置くなど使用方法に注意が必要です。

 

[自立] 

 禁煙治療に頼らず、意思と禁煙後の明るい未来を創造しながら進んでいきます。初日から2〜4週間は禁断症状に悩まされることがあります。吸いたくなった時の対処法方が鍵を握ります。(深呼吸する。自分は元からタバコを吸う者ではないと自身に暗示をかける。禁煙後したいことを想像する。など)

 

 自力の方も、禁煙治療を受けながらの方も禁煙しようという決断を応援します。

 各人の生活に合わせた方法を選択して頂き、禁煙成功おめでとうございます!

 

(全国健康保険協会 大阪支部 保健グループ)