ページ上部です

加入者(ご本人)の健診 生活習慣病予防健診のご案内

健診の種類・対象者 受診までの流れ 特定保健指導 よくある質問 お問い合わせ先

 生活習慣病予防健診について

 

健診の種類・対象者について

(1)一般健診

 年1回の定期健診。診察や尿・血液を採取しての検査、胸や胃のレントゲン検査など約30項目の全般的な検査を行います。

【対象者】:当該年度において35歳から74歳まで(75歳の誕生日の前日まで)の方

 

(2)子宮頸がん検査(単独受診)

 問診、子宮細胞診(スメア方式)による子宮頸がん検査を行います。

【対象者】:当該年度において20歳から38歳までの偶数年齢の女性で受診を希望される方

※36歳、38歳の方で一般健診を受けられる方は、一般健診と併せて受診することもできます。

 

(3)付加健診

 一般健診に加えてさらに検査項目を増やし、病気の早期発見や生活習慣改善などの健康管理に活かします。

【対象者】:一般健診を受診される方のうち、当該年度において40歳及び50歳の方

 

(4)乳がん・子宮頸がん検診

問診・視触診(医師が必要と判断する場合のみ)・乳房エックス線検査(マンモグラフィー)による乳がん検査、子宮細胞診(スメア方式)による子宮頸がん検査を行います。

【対象者】:一般健診を受診する40歳以上の偶数年齢の女性で受診を希望する方

※36歳・38歳の方は子宮頸がん検査のみ追加できます。

 

(5)肝炎ウイルス検査

 B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスへの感染の有無を調べるための検査です。特にC型肝炎ウイルスは、肝硬変・肝がんを進行させるとされ、国の緊急対策として今まで肝炎検査を受けたことのない方を対象に希望者本人の申込みにより検査を行います。

【対象者】:下記の方1から3のいずれかに該当する方で検査を希望される方(ただし、過去にC型肝炎ウイルス検査を受けたことがある方を除きます。)

  1. 一般健診を受診する方のうち、当年度において35歳以上の方

  2. 一般健診を受診する方のうち、広範な外科的処置を受けたことがある方、又は妊娠もしくは分娩の時に多量に出血した経験のある方

  3. 一般健診を受診された方のうち、健診結果においてGPTの値が36U/L以上であった方

  

お申し込みから受診までの流れ

受診を希望する健診機関にご予約ください

  • 受診を希望する健診機関に、あらかじめ受診日をご予約ください。 「協会けんぽの生活習慣病予防健診を受診します」とお伝えください。
    ※指定機関以外で受診された場合は、協会けんぽからの補助を受けることはできません。
  • 受診日の1カ月以上前に予約してください。
  • オプションで検査項目の追加(自費)をご希望の方は、予約の際に直接健診機関にお伝えいただいて、受診料をご確認ください。 
  • 生活習慣病予防健診実施機関一覧 

流れ

生活習慣病予防健診申込書に必要事項を記入ください

  • 予約を入れたら、4月に協会からお送りした申込書に必要事項を記入してください。(1月上旬のデータを元に作成しています)お名前が印字されていない方は、白紙の申込書または印字された申込書の空いている欄をご使用ください。 手書き用(白紙)申込書のダウンロード
  • 健診予約済年月日、健診機関コードの記入漏れにご注意ください。
  • 受診をされない方やすでに退職されている方については、二重線で末梢してください。
  • 希望される健診項目を○で囲っていただきますが、年齢により補助対象外の健診項目を希望される場合は自費となりますので、○の囲いは不要です。

流れ

協会けんぽに申込書を郵送ください

  • お手元に申込書のコピー(控え)を残されたうえで、協会けんぽ大阪支部に郵送してお申し込みください(FAXでの受付は行っていません)。申込書に不備が無ければ、協会けんぽより連絡はございません。

流れ

予約日に健診を受診してください

  • 予約日が近づきましたら、健診機関より問診票や健診用の容器等が送付されますので、案内にしたがって受診してください。
  • 受診時には健康保険証が必要になります。忘れずに持参ください。
  • 健診日・健診内容の変更は、直接健診機関にご連絡をお願いします。

流れ

健診結果が送付されます

  • 受診された健診機関より健診結果が届きます。

 

 

 

注意事項
  • 申込時点で協会けんぽ被保険者でない方は、申込をお受けすることはできません。
  • 申込書を協会けんぽのご送付いただいていない場合は、補助がなく実費での健診となります。
  • 受診日に協会けんぽの被保険者でない方は、申込が済んでいても協会けんぽから費用の補助はできません。(全額自費での受診になりますのでご注意ください)

 

健診受診後の健康サポート(保健指導)について《無料》

 健診結果から、メタボリックシンドロームの予防が必要と思われる方を中心に、生活習慣を見直すための保健指導を実施しています。この機会に生活習慣の改善に取り組みましょう。詳しくは特定保健指導のご案内をご覧ください。

 

よくある質問(Q&A)

Q1.申し込み前に受診しても後から補助は受けられますか?

Q2.どちらの医療機関でも健診を受けることができますか?

Q3.他府県の健診機関でも受診できますか?

Q4.他府県で受診する場合、申込書はどちらへお送りしたらいいですか?

Q5.健診申込書の送付後に、何か連絡はありますか?

Q6.送られてきた申込書に名前の記載がない従業員がいます。健診を受けることができるのでしょうか?

Q7.健診申し込み後に健診機関の変更は可能ですか?

Q8.健診の日程を変更することはできますか?

Q9.もうすぐ退職しますが、健診の補助は受けることができますか?

Q10.35歳未満の方も健診を受けたいのですが、いっしょに申し込むことはできますか?

Q11.申込書1枚に複数名記載されていますが、その中の何名かを先に申し込むことはできますか?

Q12.年度内(4月から翌年3月)に、2度生活習慣病予防健診を受けたいのですが2度目に受けた健診費用の補助を受けることができますか?

Q13.検診車で健診を受けることはできますか?

Q14.年齢対象外で付加健診、乳がん検診、子宮頸がん検診等、自費で受けると費用はいくらになりますか?

Q15.支店や営業所に問診票や検査キット等を送ってもらうにはどうしたらよいですか? 

 

 

 

Q1.申し込み前に受診しても後から補助は受けられますか?
A1.受けられません。面倒でも健診機関に先に予約のうえ、申込書に必要事項を記入し、協会けんぽに郵送してお申し込みください。

 

 

 

Q2.どちらの医療機関でも健診を受けることができますか?
A2.協会けんぽと契約している健診機関でのみ受けつけていただくことができます。それ以外での健診は、補助の対象になりません。大阪府内の生活習慣病予防健診実施機関一覧

 

 

 

Q3.他府県の健診機関でも受診できますか?
A3.協会けんぽと契約している健診機関であれば受診できます。他府県の健診実施機関一覧

 

 

 

Q4.他府県で受診する場合、申込書はどちらへお送りしたらいいですか?

A4.どちらの支部にお送りいただいても結構ですが、健診機関の所在地各都道府県支部に提出されるのが最良です。

 

 

 

Q5.健診申込書の送付後に、何か連絡はありますか?

A5.協会けんぽからは、とくに連絡はありません。健診機関からは、健診受診日前に問診票や健診用の容器等が送られてきます。
※健診日が近づいたにもかかわらず、健診機関より何の連絡もない場合は、健診機関にお問い合わせください。(予約されないと送られて来ません)

  

 

 

Q6.送られてきた申込書に名前の記載がない従業員がいます。健診を受けることができるのでしょうか?

A6.申込書は、1月上旬のデータになります。その後に加入された方は、名前が印字されておりませんが、健診受診対象年齢であれば受診できますので、同封の白紙の申込書または印字された申込書の空いている欄にご記入のうえ、お申し込みください。白紙の申込書
※入社前の健康保険が協会けんぽ加入の方で4月以降にすでに受診されていた場合は補助を受けることができません。

 

 

 

Q7.健診申し込み後に健診機関の変更は可能ですか?

A7.可能です。ご予約済の健診機関にキャンセル後、変更したい健診機関にご予約のうえ、再度協会けんぽへ申込書をご送付ください。その際備考欄に必ず健診機関変更とご記入ください。

 

 

 

Q8.健診の日程を変更することはできますか?

A8.可能です。直接健診機関にご相談ください。

 

 

 

Q9.もうすぐ退職しますが、健診の補助は受けることができますか?

A9.健診受診日に協会けんぽに加入している必要がありますので、受診日が、資格喪失後であれば、協会けんぽより補助を受けることはできません。なお、任意継続被保険者の加入者になられてから再度お申し込みください。

 

 

 

Q10.35歳未満の方も健診を受けたいのですが、いっしょに申し込むことはできますか?

A10.申し込みはできませんので、申込書にはご記入いただかないようにお願いします。35歳未満の方で健診を希望される場合は、直接ご希望の健診機関へお問い合わせください。なお、協会けんぽからの補助はありません。

  

 

 

Q11.申込書1枚に複数名記載されていますが、その中の何名かを先に申し込むことはできますか?

A11.申込書のコピーを取って控えを残し、予約が完了した方から順次お申し込みいただけます。予約がお済みでない方の欄については、二重線で末梢してください。

 

 

 

Q12.年度内(4月から翌年3月)に、2度生活習慣病予防健診を受けたいのですが2度目に受けた健診費用の補助を受けることができますか?

A12.健診の補助は、年度内(4月から翌年3月)に、お1人様一回限りとなりますので、補助を受けることはできません。

 

 

 

Q13.検診車で健診を受けることはできますか?

A13.検診車による巡回健診を実施している健診機関もございます。健診機関に直接お問い合わせください。検診車の有無は検診車の有無の確認(生活習慣病予防健診実施機関一覧)でご確認ください。

 

 

 

Q14.年齢対象外で付加健診、乳がん検診、子宮頸がん検診等、自費で受けると費用はいくらになりますか?

A14.自費受診の場合、費用は各健診機関ごとに決められていますので、直接健診機関にお問い合わせください。

 

 

 

Q15.支店や営業所に問診票や検査キット等を送ってもらうにはどうしたらよいですか? 
A15.予約時に健診機関に送付先をお伝えくだい。

 

申込書申請書の送付先