閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
沖縄支部

「高齢受給者証」と「基準収入額の申請」について


 

高齢受給者証とは

70歳になると、75歳(長寿医療(後期高齢者医療)に移行する)までの間、協会けんぽから健康保険高齢受給者証が交付されます。
これは、医療機関等窓口での自己負担割合を示す証明書で、所得の状況などにより、1割負担(*)、2割負担(**)もしくは3割負担のいずれかが記載されています。
そのため、70歳以上の被保険者および被扶養者の方は、医療機関等で受診されるとき、健康保険証とあわせて高齢受給者証を提示する必要があります

  • 1割負担(*): 誕生日が昭和14年4月2日から昭和19年4月1日までの方については、一部負担金等の軽減特例措置により75歳到達までは2割負担が1割負担となります。
  • 2割負担(**):誕生日が昭和19年4月2日以降の方

 

高齢受給者証の交付

【交付要件】

  1. 被保険者および被扶養者が70歳になったとき
  2. 70歳以上の方が被保険者となったとき
  3. 70歳以上の方を被扶養者として認定したとき

【交付時期】

  • 交付要件1.の場合:70歳の誕生月の下旬
  • 交付要件2.および3.の場合:その都度交付

※ 事業主様を経由して交付します。(任意継続ご加入者の方には、直接、ご登録住所にお送りします。)

 

高齢受給者証の発効年月日(効力が発生する日=使用開始日)

  1. 70歳の誕生日の翌月の1日(誕生日が月の初日の場合は誕生日当日)
  2. 70歳以上の方が被保険者となったときは、被保険者となった日
  3. 70歳以上の方を被扶養者として認定したときは認定日

※ 上記発効年月日より、医療機関等の窓口に高齢受給者証の提示が必要となります。

 

一部負担金の割合

高齢受給者証の一部負担金の割合は以下の表のとおりです。

 

該当者が70歳以上
の被保険者

標準報酬月額が28万円未満

標準報酬月額が28万円以上

誕生日が
S19.4.1までの方

誕生日が
S19.4.2以降の方 

3割負担

1割負担(*)

2割負担(**)

 

該当者が70歳以上
の被扶養者

被保険者が70歳未満

被保険者が70歳以上

被保険者の標準報酬
月額が28万円未満

被保険者の標準報酬
月額が28万円以上

誕生日が
S19.4.1までの方

誕生日が
S19.4.2以降の方

誕生日が
S19.4.1までの方

誕生日が
S19.4.2以降の方

3割負担

1割負担(*)

2割負担(**)

1割負担(*)

2割負担(**)

 

その他注意事項

高齢受給者証は、必ず健康保険証と一緒に医療機関等の窓口で提示するようお願いします。提示しなかった場合は、1割負担(*)、2割負担(**)の方も3割負担となります。

 

「基準収入額の申請」について

一部負担金の割合が3割と判定される方であっても、収入額が一定の基準に満たない場合は、申請により1割負担(*)となります。

該当するかどうかについては以下のフローチャートにてご確認ください。

基準収入額の申請について

 

基準収入額の対象となる収入の範囲

該当する年のすべての収入額が対象になります。ただし、退職金および公租公課の対象とならない収入(障害・遺族にかかる年金など)は除きます。

  • 収入に含まれるもの:給与収入、老齢年金、配当収入、不動産収入、事業収入、譲渡収入、一時収入など
  • 収入に含まれないもの:退職金、障害・遺族年金(恩給)、健康保険法等による傷病手当金、雇用保険法による失業給付など

 

基準収入額の定期判定

基準収入額適用申請による適用期間は、適用された月から8月末までとなります。

毎年8月に「その年の9月から翌年8月受診分まで」の申請(定期判定)が必要となります。

 

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]