閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
沖縄支部

ジェネリック医薬品(後発医薬品)のご案内


ジェネリック医薬品を活用しましょう

協会けんぽでは、皆様のお薬代の負担軽減や健康保険財政の改善および今後の医療費や保険料率上昇の抑制につながることから、「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の普及を推進しております。

ジェネリック医薬品について皆様により詳しく知っていただき、ご活用していただくために協会けんぽ沖縄支部では「ジェネリック医薬品軽減額通知」の送付等の取り組みを行っております。

どうぞご理解とご協力をお願いいたします。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)については、こちらをご覧ください。

 

ジェネリック医薬品額減額通知について

協会けんぽでは、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)や慢性疾患(ぜんそく、リウマチなど)などの先発医薬品を長期間服用されている方で、お薬代の自己負担額が一定額以上見込まれる方につきまして、ジェネリック医薬品軽減額通知(服用中の先発医薬品(1ヶ月分)の処方内容およびジェネリック医薬品に切り替えた場合の自己負担軽減可能額を記載)をお送りしています。

 

令和元年度もジェネリック医薬品軽減額通知をお送りします。

令和元年度においても、通知対象条件に該当する方へジェネリック医薬品に切り替えた場合の自己負担の軽減可能額や先発医薬品の処方の内容(1ヶ月分)をお知らせいたします。

詳細についてはこちらをご覧ください。

 

沖縄支部でのジェネリック医薬品への切替効果について

実施月

通知対象人数

切替人数

切替割合

軽減効果額/月

軽減効果額/年

切替1人当たりの軽減効果額/月

 平成31年2月 26,095人 7,657人 29.3% 約1,166万円 約1億4千万円 約1,520円

平成30年8月

31,242人 9,437人 30.2% 約1,486万円 約1億7千万円 約1,570円

平成30年2月

31,842人 11,365人 35.7% 約2,097万円

約2億5千万円

約1,840円

平成29年8月

31,527人 8,861人 28.1% 約1,534万円 約1億8千万円 約1,730円

平成29年2月

27,853人 7,883人 28.3% 約1,208万円 約1億4千万円 約1,530円

※軽減効果額/年は1カ月あたりの軽減効果額を単純に12倍した場合の推計です。

平成31年2月にお送りしたジェネリック医薬品軽減通知による効果を集計しましたところ、沖縄支部では4人に1人以上の方がジェネリック医薬品に切り替えており、1ヶ月のお薬代の負担額は1人当たり約1,520円軽減されていることがわかりました。

これからも引き続き皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]