ページ上部です

特定健診のご案内(ご家族)

特定健康診査とは

 生活習慣病といわれる糖尿病や高血圧症、脂質異常症は、最初は症状がなくても心筋梗塞、脳卒中などの重大な病気につながり、生活の質の低下や医療費の増大を招きます。 特定健診は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目してこれらの病気のリスクの有無を検査し、リスクがある方の生活習慣をより望ましいものに変えていくための保健指導を受けていただくことを目的とした健康診査です。

特定健康診査の対象になる方

  • 40歳~74歳の方

※受診時に協会けんぽの加入者(ご家族)であることが必要です。

※受診する年度に75歳を迎える方は、誕生日から後期高齢者医療制度の加入者となりますので、誕生日の前日までに受診を終えていただく必要があります。

※受診する年度に40歳を迎える方は、40歳の誕生日を迎えていなくても4月1日から受診できます。

特定健康診査の受診手続き

 特定健康診査を受診するには、「特定健康診査受診券」が必要になります。受診券は、あらかじめ対象者の分を作成し、被保険者の方の住所にお送りしますが、登録住所の不備等によりご自宅にお送りできない場合は、事業所を通じてお届けすることとしています。ただし、一部の方(発券の準備作業期間以降に加入された方や任意継続被扶養者の方)や紛失した場合などは、引き続き「特定健康診査受診券申請書」で申請をいただく必要があります。「特定健康診査受診券申請書」は、こちらからダウンロードできます。

受診する際は、「特定健康診査受診券」と「保険証」を持って健診実施機関の窓口に提示することになりますので、忘れずにお持ちください。

特定健診実施機関 

  協会けんぽが実施している「特定健診」を受診できる医療機関等(実施機関)には、お住まいの市町村が実施している「がん検診」等を同時に受診することができる機関もあります。

特定健診等実施機関一覧表

特定健診とがん検診等を同時受診できる個別実施機関一覧表

特定健診とがん検診等の同時受診ができる集団健(検)診会場

 協会けんぽが実施している「特定健診」については、市町村が地域の公民館等で実施する集団健(検)診の会場でも受診できます。

特定健診とがん検診等を同時受診できる集団健(検)診会場一覧表

全国の健診実施機関

 全国の健診実施機関は下記サイトで検索できます。

 (ただしすべての健診実施機関と当協会が契約を締結している訳ではありませんので、ご注意ください。)