ページ上部です

今年からより受けやすくなった!無料の健康サポート”特定保健指導”

 こんにちは!協会けんぽ奈良支部の保健師と管理栄養士です。

 今年の6月~8月で実施しておりました第3回「職場まるごと健康チャレンジ」(詳しくはこちら)、3ヵ月間続けることができた方には、目に見える変化はなくとも、身体の中で良い変化が起こり始めているはずです。

 健康な身体は、何ものにも代え難い資本。「自分の身体に目を向ける」ということが大切な一歩です。今年度の取り組み期間は終了しましたが、今の自分に必要な「身体に良いこと」を続けていきましょう。

 次回は来年度に第4回を予定しています。詳細はメルマガ等でご案内させていただきます。今回取り組まれた方は次回もチャレンジを、まだ取り組まれていない方は是非、初チャレンジのお申し込みをよろしくお願いします。

 さて、今月は「今年からより受けやすくなった!無料の健康サポート“特定保健指導”」についてお伝えします。

 

本当に怖い!生活習慣病

 年間、生活習慣病によって命を落とされる方が全死亡者数の何割いらっしゃるかご存知ですか?・・・答えはなんと6割!

 でもこの数字、お一人お一人が自分の身体に目を向け、生活習慣を見直すことによって動脈硬化に関連する重篤な病気(脳卒中・心不全等)を予防し、発症を減らすことができるのです。

 

受けるとお得!無料の健康サポート(特定保健指導)

 平成20年度より、協会けんぽを含む全ての医療保険者では、生活習慣病の危険因子を発見するために「特定健診」(いわゆるメタボ健診)を、そしてその危険因子を減らす必要のある方に対して「健康サポート(特定保健指導)」を実施しています。

 協会けんぽでも、年間約2,500人の方に無料の健康サポート(特定保健指導)を受けていただいており、「体重が減って、体調が良くなった」等お喜びの声をいただいています。

 国の制度見直しにより、平成30年度から、①健診と同時に特定保健指導が受けやすく②約半年のサポート期間が最短3か月間に変更となるなど、「特定保健指導」がよりスムーズに受けられるようになりました。

 協会けんぽの健診を受けて、特定保健指導が必要な方はセットで受けていただきますようお願いいたします。

 

無料の健康サポート(特定保健指導)に関するQ&A

Q.「特定保健指導」の対象となるのは、どういった人ですか?

A.特定健診(40歳~74歳対象)の結果によって、①健康な方②治療中の方③医療機関の受診を勧められた方、④メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)による「生活習慣病の危険因子」がいくつか出てきた方の大きく4つに分けられます。

健康コラム用イラスト(H30.9)

 「特定保健指導」が必要な方は、④の結果となった方となります。最近では、健診を受けられた方の約2割が④に該当します。

 

Q.協会けんぽでは、なぜ「特定保健指導」を実施しているのですか?

A.協会けんぽでは、加入者の皆さまの健康増進のため、健診(生活習慣病予防健診等)を実施しています。
 ただし、健診は受けるだけではなく、その結果をどのように活かすかが最も大切です。「生活習慣病の危険因子」が見つかった場合に、現在の生活習慣を改善し危険因子を減らすために、協会けんぽでは健診の受診と併せて「特定保健指導」の推進に、積極的に取り組んでいます。
 皆様からお預かりしている貴重な保険料をもとに、自己負担は無料で実施しておりますので、対象となられた方は、ぜひ「特定保健指導」を受けてください。

 

Q.「特定保健指導」とは、どのようなサポートなのでしょうか?

A.保健師・管理栄養士などの健康のプロであるスタッフが、個々のライフスタイルに合わせて、無理のない生活習慣改善を3~6か月かけてサポートします。
 できる事から・具体的に・一緒に考え、あなたの「やってみよう」を支える応援団です。
 生活習慣を改善するための、第一歩を一緒に踏み出しましょう!

 

Q.「特定保健指導」を受けるメリットはありますか?

A.「特定保健指導」の対象となった方は、今は自覚症状がなくても、メタボリックシンドロームによる動脈硬化が進行しており、心臓病や脳卒中などを引き起こす危険性が高まっています。
 しかし、健診結果に基づいて、食生活や運動などの生活習慣を改善することで、正常な状態に戻すことができます。 更には、将来の医療費の負担を抑えることにもなります。
 また、会社様にとっても、従業員の皆様の健康が、職場の明るい雰囲気や快適な職場づくりを促し、さらには生産性のアップにつながります。メタボリックシンドロームによる突然の大きな病気の発症予防にもなるため、急な人員不足も防げます。

 

Q.生活習慣病予防健診を受けた当日に、「特定保健指導」を受ける事はできますか?

A.奈良県内の8か所の健診機関で生活習慣病予防健診の受診当日に特定保健指導を受けられます。健診とセットで「特定保健指導」を受けることで、時間の短縮につながりますので、ぜひご活用ください。
※実施日時等、詳しくは、各健診機関に事前にお問い合わせください。

 

Q.「特定保健指導」を受けるには、どうしたらよいでしょうか?

A.被保険者の方と、その扶養家族の方で、「特定保健指導」の受け方は異なります。詳しくは、下記リンク先の案内ページをご覧いただくか、奈良支部の保健グループ(直通:0742-30-3706)までお問い合わせください。

  • 被保険者の方の手続きの流れはこちら(案内ページにリンク)
  • 扶養家族の方の手続きの流れはこちら(案内ページにリンク)