ページ上部です

「職場まるごと健康チャレンジ」個人編から健康づくりメニューをピックアップしてご紹介!⑤

 こんにちは!協会けんぽ奈良支部の保健師と管理栄養士です!

 今年6月から始まりました、第3回「職場まるごと健康チャレンジ」も、今月8月が第3回目のラストの月になりました。取り組み具合、いかがでしょうか・・・?

 習慣になってきましたか?続けておられる方は、ぜひ継続を!中断してしまった方は初志を思い出していただいて、再チャレンジしましょう。

 6月から始まった第3回「職場まるごと健康チャレンジ」ラストの月となりましたが、今月は「健康づくりメニュー(個人編)」の【運動編・心身の休養・その他】からピックアップします!

 

【運動編】

難易度★(初級)「No.55:かかとの上げ下ろしをする(朝晩10回ずつ)」(個人編メニュー:25P)

 椅子に座ってばかりで足を動かさないでいると、足が浮腫んでくることがありませんか?

 ふくらはぎは「第2の心臓」と言われ、動かすことで血液やリンパの流れをよくします。

 かかとの上げ下ろし運動をすると、ふくらはぎの筋肉が動くのがよくわかります。

 歯を磨きながら・・・洗い物をしながら・・・コピー機の前で・・・トイレ休憩の時・・・順番待ちをしながら・・・色々な場面で第2の心臓を意識して動かしてみましょう。

 

難易度★(初級)「No.56:腹筋を鍛える呼吸法を行う」(個人編メニュー:25P)

 皆様は、普段、意識して呼吸をされていますか?

 なかなか日常で呼吸に意識を向けて、吸ったり、吐いたり、と呼吸されている方は少ないかと思います。

 深呼吸をしながら、さらにお腹を凹ませてみましょう。これが筋トレになり、お腹周りを引き締める効果が期待できます。

 いつでもどこでもできるお手軽な方法なので、日ごろから意識してお腹を凹ませてみましょう。薄着の今の時期にぜひとも毎日繰り返し、普段から腹部を引き締めて、スマートにこの夏を乗り切りましょう!!

 

【心身の休養】

難易度★(初級)「No.64:就寝前にテレビ、スマートフォン、パソコン操作を長時間行わない」(個人編メニュー:27P)

 一日が終わり、寝る前のホッとした時間に、ちょっとのつもりで開いたスマホやパソコン、気がついたら小一時間経っていたなんてことはありませんか?

 就寝前の光の刺激は体内時計のリズムを遅らせ、自然な入眠を妨げます。

 スマートフォンやパソコンの画面を見ることで、その光(ブルーライト)が脳を刺激すると共に、操作することにより脳が興奮し、眠りにくくなります。

 また、観戦やゲームなど、寝る前に脳が刺激されると入眠が妨げられます。

 夜は明る過ぎない照明にし、癒しの音楽などで脳をリラックスさせ、目も休ませてあげましょう。

 

【その他】

難易度★★(中級)「No.79:1日1回は歯間ブラシや糸ようじを使って歯をきれいにする」(個人編メニュー:29P)

 歯を失う主な原因は虫歯と歯周病です。歯を失うと、栄養バランスのとれた食事が摂りにくくなります。

 歯周病菌が原因となる歯周病は、歯を失うだけではなく、糖尿病・心臓病をはじめ全身の疾患と関わりがあることが分かり、侮れない疾患です。

 特定健康診査の問診にも、歯科に関する項目が加わりました。

 毎日3度の食事を美味しく食べるため、大切な栄養分をしっかり吸収するため、体を蝕む病気を予防するためにも、噛める歯と歯茎を大切にしましょう!!

 毎食後の歯磨きだけでなく、歯間ブラシや糸ようじで、歯と歯の間もきれいにしましょう。

 少なくとも年に1回は歯科検診を受け(理想は3ヶ月に一回)、歯の状態をチェックしてもらい、正しい手入れ法も教えてもらいましょう。