ページ上部です

「職場まるごと健康チャレンジ」個人編から健康づくりメニューをピックアップしてご紹介!②

 こんにちは!協会けんぽ奈良支部の保健師と管理栄養士です!

 4月号の健康だよりはいかがでしたか?
 「職場まるごと健康チャレンジ」の「健康づくりメニュー(個人編)」の【食事編】からご紹介しましたが、少しでも「カロリー表示」や「ダブル炭水化物」に興味をお持ちのうえ、生活に取り入れていただけたらと思います。

 それでは、今月は「健康づくりメニュー(個人編)」の【運動編】からピックアップします!

▼職場の皆で、手軽に取り組める!第3回「職場まるごと健康チャレンジ」が今年も6月から始まります!(詳しくはこちら

 

【運動編】

難易度★(初級)「姿勢を良くする」

 皆様は、普段、「良い姿勢を保つこと」を意識して生活されていますか?
 モデルや俳優さん、アスリートの方々など、人に見られる仕事をされている方は、普段から良い姿勢を意識して綺麗なプロポーションを保っておられますね。
 日頃から「良い姿勢を保つこと」に意識を向けている方は少ないと思いますが、ぜひとも!モデルになった気分で姿勢を良くして過ごしてみましょう。

 良い姿勢を保つことで、身体の内部の筋肉(インナーマッスル)を鍛えることができます。良い姿勢を続けるだけで筋肉が鍛えられるなんて信じられないかもしれませんが、筋肉は、収縮を繰り返すことで形が定着し、形状記憶すると言われています。
 さらに、左右のバランスを整え、筋肉のつき方も変わってきます。後ろ姿も綺麗に見え、結果、若く見えると言われたり、筋力がアップしたり、脂肪が減少したりと、思いもよらぬメリットがたくさんあります。
 「姿勢を変えると人生が変わる」と言っても過言ではないかと思いますので、ぜひ、今日から、今から、座っている時も、立っている時も、歩いている時も、頭のてっぺんから糸で引っ張られているようなイメージで、美しい姿勢を意識して毎日を過ごしてみましょう。

 夏には見た目が、ひいては人生が美しく変わっていることを楽しみに、ぜひ毎日意識してみてくださいね!!!


難易度★★(中級)いつもより10分(1000歩)多く歩く

 最近では歩数計が内蔵されている携帯電話もめずらしくありません。大体毎日どれくらい歩いているのかを、意識して確認している方も増えたのではないでしょうか?
 歩数計をつけて、ご自身の平均的な歩数を確認し、まずは1000歩(約10分)増やすことから始めてみましょう。

 疾病予防には1日8000歩、そのうち20分(約2000歩)は早足で歩くなどの中強度の運動がおすすめです。

 歩数を増やすために、車を利用しているときはなるべく目的地より遠くに駐車することもおすすめです。
 また、車を使わずに行けるところは、徒歩や自転車にしてみましょう。
 車通勤を電車通勤に変えると、駅の階段の利用や駅までの徒歩、乗り換えなどで、足の筋肉を使うことが増え、筋力アップ・シェイプアップにもつながります。
 さらに、階段を上がることは平らなところを歩くことに比べ、カロリー消費は約2倍アップ!すると言われています。

 定期的なウオーキングは、「代謝を高める」「自律神経をコントロールする」「免疫力を高める」など、体にやさしいおすすめの有酸素運動です。
 理想は、週2〜3回以上、1回20〜30分程度ですが、体調や気候に合わせ、水分補給をしながら行いましょう。
 速足を意識して歩くことで、筋肉をしっかり使うことになり、消費カロリーが増えます。歩幅を大きくとる(歩幅の目安は身長の半分弱)ことも意識してみましょう。肘を後ろにしっかり引くことで、自然と歩幅も大きくなります。

 日常で体を動かすそのチャンスを最大限に生かし、筋肉を意識して、夏には今より引き締まった体になっていることをイメージして、毎日楽しく取り組んでみて下さいね!!