閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
長崎支部

協会けんぽ長崎支部メールマガジン 第90号


◆◆◆◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◆◆◆  協会けんぽ長崎支部

◆◆◆        メールマガジン 第90号

◆◆                         令和2年10月26日発行

◆______________K_Y_O_U_K_A_I_K_E_N_P_O__N_A_G_A_S_A_K_I___

 

こんにちは!協会けんぽ長崎支部です。

 

ちょっと前ですが、妻との会話のキャッチボール中に、「この間、茄子を買おうと思ったけど、高いから我慢した!」との話がありました。

単身赴任で一人暮らしをしていると、どうしても外食や出来合いの物を買って帰ることが多く、「そういえば最近野菜を食べていないから値段を見ていないな?」と思ったところです。

 

協会けんぽ長崎支部と共同で「健康経営」宣言事業を実施している長崎県では、「のばそう健康寿命~人生100年時代に向けた長崎県の挑戦~」として「ながさき3MYチャレンジ」の取り組みを推進しています。

 

▽ながさき3MYチャレンジ(長崎県ホームページ)

https://kenko-nagasaki.jp/

 

「ながさき3MYチャレンジ」は、「①毎年一回、健診受けて、②毎日ニコニコ9000歩、③毎日三回、野菜を食べて、よーしみんなで健康長寿!」といった取り組みです。

長崎県民が1人1日に食べる野菜の量は256グラムとのことで、目標の350グラムには約100グラムも不足しているそうです。

 

食べているようで、実は不足している野菜。

健康のためにも、意識して毎日しっかり野菜を食べるようにしましょう。

 

それでは協会けんぽ長崎支部 メールマガジン第90号をお届けします。

 

 

――○●○ もくじ ○●○―――――――――――――――――――――――――――

1. 保健師・管理栄養士コラム「糖尿病は世界中で増えています!」

2. 健診で気づいて特定保健指導で改善!

3. 標準報酬月額の特定改定延長について(日本年金機構からのお知らせ)

4. 「健康経営推進企業」42社を新たに認定!宣言事業所も累計524社に!

5. 「新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診」について

6. 10月の健康情報「時短レシピ ~かぼちゃとさつまいもの食べるスープ~」

10月の医療保険情報「時間外受診は割増料金がかかる」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1:保健師・管理栄養士コラム 「糖尿病は世界中で増えています!」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

 

皆さん11月14日は何の記念日がご存じですか?いろいろな記念日があると思いますが、特に知られているのは「世界糖尿病デー」ではないでしょうか。

糖尿病治療に必要なインスリンを発見した「レデリック・バンティング博士」の誕生日を、糖尿病の全世界的脅威を認知するための国際デーとしています。

 

この日には、世界各地でブルーライトアップを灯す行事が行われます。各地で糖尿病予防の重要性を啓発するイベントが開催されていますので、ご家族、大切な人とともに、糖尿病のことについて考えてみませんか。夜には、長崎でも「世界糖尿病デーin NAGASAKI」として、女神大橋、みらい長崎ココウォーク観覧車、大村公園などで日没から21時までの間、ブルーライトアップされます。

 

 

<数字で見る糖尿病>

 

・世界の4億6300万人が糖尿病(世界人口の11人に1人が糖尿病)

※世界糖尿病連合(IDF)が算出

・世界の推定患者数のうち2人に1人は糖尿病と診断されずにいる(健診を受けていないので気がついていない人、血糖値が高くても受診して治療を受けていない人)

・成人の13人に1人が耐糖能異常(血糖値を正常に保つ処理能力の異常)である

・さらに3億7400万人以上の成人が2型糖尿病の予備軍とされている

・糖尿病と診断された人の75%は20歳~64歳の働く世代

・世界の医療費の10%が糖尿病治療に費やされている

 

<糖尿病とは?>

 

インスリン作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝性疾患群です。インスリンとは、すい臓から生成・分泌され、血液中の糖分を細胞に取り入れる働きをします。インスリン作用不足により高血糖状態が続くと、網膜症、心疾患、腎臓、神経、足病変など重篤な合併症をもたらす深刻な病気ですが、しっかり対処すれば克服できる病気です。予防とコントロールができる病気なのです。

 

糖尿病について、皆で理解を深め、糖尿病予防に努めたいですね。最後に、11月14日の世界糖尿病デーにあわせて、「あなたの2型糖尿病のリスク」というツールが公開されていますので、試してみませんか?

 

▽2型糖尿病のリスクについて理解を深めましょう

https://www.idf.org/type-2-diabetes-risk-assessment/jp/

 

<予防が大事>

健康診断で「血糖値高めですね。まだ大丈夫だけど・・・」と言われたら。

まだということは、いつかは対策が必要になるかも・・・という事ですね。それであれば、早めにあなたの体にあった食生活、運動を生活に取り入れる事をお勧めします。

 

毎年、健診を受けて、自分の現状を知って発症につながるリスクを1つずつでも減らしていきましょう。協会けんぽでは、保健師・管理栄養士による健康サポートも実施しています。

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2:健診で気づいて特定保健指導で改善!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

 

2人に1人!?

 

実は、長崎県の死因別の死亡者数を見てみると、「がん・心疾患・脳血管疾患」などの生活習慣病で亡くなられた方の割合が50%を占めているといったデータがあります。

 

特に、心疾患・脳血管疾患の場合は突然死の可能性も高く、生活習慣病を放置しておくと、あなたの大切な家族・友人・職場の同僚との突然の別れが訪れるかもしれません!

 

生活習慣病はその名の通り、生活習慣が要因の1つです。このため、運動・食生活・喫煙・飲酒などの生活習慣を見直すことで、その多くが予防可能となっています。もし、今の自分の生活習慣にリスクがあると感じている方は、自分のためだけでなく、あなたを大切に思っている方のためにも、早い段階から生活習慣を改善し、生活習慣病の予防に努めてみませんか?

 

今の生活習慣に何も問題がないと感じている方も、健診を受診して結果をじっくり確認することで、何か「気づき」があるかもしれません。

 

≪まずは健診を受けることから始めましょう!≫

 

ぜひ、多くのメリットがある協会けんぽの生活習慣病予防健診を受けましょう。

 

<メリット1>

生活習慣病予防健診は検査項目が多く、事業主が実施を義務付けられている定期健康診断の内容を満たしているため、定期健康診断の代わりとして受診できます。

 

<メリット2>

生活習慣病予防健診には、国が定める5種類のがん検診(胃がん検診・肺がん検診・大腸がん検診・乳がん検診・子宮頸がん検診)が含まれています。

 

<メリット3>

協会けんぽからの費用の補助があります。(令和2年度一般健診の場合、自己負担額は最高で7,169円)

 

≪次に特定保健指導が大切です≫

 

生活習慣病予防健診の結果、生活習慣病の発症リスクが認められた方に対し、保健師・管理栄養士が事業所にお伺いし、無料で特定保健指導を行っています。皆さまの生活習慣改善に向けて、一緒に食事や運動等の目標を設定し、目標を達成できるように保健師・管理栄養士がサポートいたします。

 

特定保健指導の対象となられた際は、必ず特定保健指導を受けましょう!

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3:標準報酬月額の特例改定延長について(日本年金機構からのお知らせ)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

 

今般の新型コロナウイルス感染症の影響により休業した方で、報酬が著しく下がった方について、一定の条件に該当する場合は、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず特例により翌月から改定可能となっています。

 

特例の概要や手続等の詳細については、日本年金機構のホームページをご覧ください。

 

▽標準報酬月額の特例改定について(日本年金機構ホームページ)

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2020/202009/0930.html

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4:「健康経営推進企業」42社を新たに認定!宣言事業所も累計524社に!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

 

長崎県と共同で実施している「健康経営」宣言事業も今年で5年目を迎えています。令和元年度までに宣言された390社のうち、認定要件を満たした42の事業所様を、今年度新たに「健康経営推進企業」として認定いたしました。

 

▽令和2年度「健康経営推進企業」認定事業所42社様と主な取り組み

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/nagasaki/kenko-dukuri-fairu-naga/sengen/ninteirtorikumi2020911.pdf

 

また、コロナ禍にもかかわらず、今年度も100社を超える多くの事業所様に「健康経営」宣言事業にご登録いただき、累計524社の事業所様が「健康経営」に取り組まれています。

 

▽「健康経営」宣言事業所524社様の一覧(令和2年9月30日現在)

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/nagasaki/kenko-dukuri-fairu-naga/sengen/sengenitiran20200930.pdf

 

少子化による労働人口の減少や、メンタル不調による休職者の増加、働き盛りの世代の健康を脅かす生活習慣病の問題といった背景から「健康経営」が注目されています。特に、労働力の損失を防ぐためにも、生活習慣病予防に向けて事業所ぐるみの健康づくりが大切になります。

 

今年度の「健康経営」宣言事業の登録は9月30日で締め切っていますが、まだ未登録の事業所様で『「健康経営」に取り組んでみようかな?』と思われる事業所様がいましたら、ぜひ来年度のご登録をお待ちしています。

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

5:「新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診」について

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

 

新型コロナウイルス感染症への感染の懸念により、必要な受診を控えている方はいませんか?

 

持病の治療や予防接種・健診等による健康管理は重要です。医療機関や健診会場では、換気、消毒により、しっかり感染症防止対策を行っていますので、コロナ禍でも必要な際にはしっかり医療機関を受診しましょう。

 

▽新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診について(厚生労働省ホームページ)

https://kakarikata.mhlw.go.jp/corona/index.html

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

6:10月の健康情報 「時短レシピ ~かぼちゃとさつまいもの食べるスープ~」

10月の医療保険情報 「時間外受診は割増料金がかかる」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

βカロテンやビタミンを豊富に含むスープです。かぼちゃに多く含まれるβカロテンはがん予防、免疫力の強化などの嬉しい効能があります。また、さつまいもに含まれるビタミンCはでんぷんに守られているため、加熱しても壊れにくいといわれています。ビタミンCは風邪予防や疲労回復などに一役買ってくれます。

 

▽10月の健康情報はこちらから

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/r2/2101501/

 

休日や夜間に急病になったとき、診療してくれる医療機関は心強い存在です。しかしながら、診療時間外に受診すると、割増料金がかかり医療費が高額になることをご存じでしょうか?

 

▽10月の医療保険情報はこちらから

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat525/r2/21015/

 

 

========最後までお読みいただき、誠にありがとうございます!=======

今後も、皆様の健康づくりにお役立ていただける情報をお届けします。

健康づくりに関する身近な情報をはじめ、健康保険の制度改正や保険料率の変更など、

最新情報をいち早くお届けしてまいりますので、協会けんぽ長崎支部メールマガジンを

よろしくお願いいたします!

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

協会けんぽ長崎支部では、メールマガジン登録者を募集しています!

職場の方やご友人へ、ぜひご紹介をお願いいたします。

▽メールマガジンのご登録はこちらから

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/nagasaki/cat130/5681-113320

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

―――――――――――――――――――――■□■

協 会 け ん ぽ

全国健康保険協会長崎支部  企画総務グループ

〒850-8537

長崎市大黒町9-22 大久保大黒町ビル本館8階

電話 095-829-6000(代表)

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/nagasaki/

■□■―――――――――――――――――――――

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]