ページ上部です

協会けんぽ長崎支部メールマガジン 第74号

◆◆◆◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◆◆◆  協会けんぽ長崎支部

◆◆◆       メールマガジン 第74号

◆◆                        令和元年6月25日発行

◆______________K_Y_O_U_K_A_I_K_E_N_P_O__N_A_G_A_S_A_K_I___

 

こんにちは!協会けんぽ長崎支部です。

 

梅雨の季節がやってきました。

例年、大雨等による被害が各地で発生しています。

皆さまは、災害への備えは万全ですか?

 

今年3月、内閣府により「避難勧告等に関するガイドライン」が改定され、住民は自らの判断で避難行動をとるとの方針が示されました。

この方針に沿って、住民がとるべき行動を直感的に理解しやすくなるよう、5段階の警戒レベルを明記して防災情報が提供されることとなりました。

警戒レベルに応じた「とるべき行動」について、ぜひ一度確認してみてください。

 

健康も防災意識も、日々の積み重ねが大切ですよ。

 

それでは協会けんぽ長崎支部 メールマガジン第74号をお届けします。

 

 

――○●○ もくじ ○●○―――――――――――――――――――――――――――

1. 保健師・管理栄養士コラム「しっかり予防!食中毒」

2. 「健康経営」宣言事業のご紹介

3. インセンティブ制度について

4. 重症化予防事業のお知らせ

5. 季節の健康情報(体重が増えたと感じたら)

季節の健康レシピ(鶏のから揚げ風)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1:保健師・管理栄養士コラム 「しっかり予防!食中毒」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

今年もやってきた梅雨。

この季節は雨が多く湿度も高いので、過ごしにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。

そして、もうすぐ湿度とともに気温も高い“夏”がやってきます。

この初夏から夏の終わりにかけて注意が必要なもののひとつが、「食中毒」です。

食中毒の多くは、急性の胃腸障がい(嘔吐、腹痛、下痢などの症状)を起こします。

原因は、細菌やウイルス、自然毒などたくさんありますが、例年、6~9月に発生件数のピークを迎えるのが細菌性の食中毒です(厚生労働省「平成30年度食中毒発生状況」より)。

その理由は、

(1)高温・多湿で細菌が増えやすい

(2)冷たいものが美味しい季節なので十分に加熱せずに食べる機会が多い

(3)暑さや過度の冷房で体調を崩し、抵抗力が落ちやすい

などが考えられています。

 

食中毒の予防は特別なことではありません。

私たちの日々の暮らしのなかに“やるべきポイント”が隠れています。

手洗いや器具・食品の洗浄による“清潔”はもちろん基本ですが、今回は普段の買い物・食品の保存・調理など家庭での食中毒予防について一緒に確認しましょう!(この時期に特に注意しておくポイントを一部抜粋)

<買い物>

・できるだけ新しい食品を選ぶ(消費期限などの表示をチェック)

・冷蔵・冷凍食品は、保冷剤や氷などと一緒に持ち帰る

<家庭での保存>

・帰ったらすぐに冷蔵庫へ!(卵や弁当などもすぐに食べない時は冷蔵庫内が安全です)

・庫内の食品は詰め過ぎず、7割程度を目安にして、冷蔵庫内の温度を保つ。

<調理>

・冷蔵・冷凍庫の扉の開閉は最小限に(冷気漏れを少なくし、適温を保つ)

・しっかり加熱(目安は中心温度75℃、1分間以上)

・できた料理を長時間室温に放置しない(菌によって好む温度は異なるが、20~35℃を好む菌やカビが多い)

<お弁当>

・パッキンなどの細かい部分まで丁寧に洗い、よく乾かす

・しっかり加熱して、よく冷ましてから詰める(蒸気がこもると雑菌が繁殖しやすい)

・水分の多いおかずや果物は避ける(揚げ物は水分が少なくオススメ。炒め物や煮物は、しっかり煮詰めて水分を飛ばすと良い)

 

いかがですか。中には普段から配慮されていることもあったでしょう。

冷蔵庫を過信せずに、見た目や匂いなどで確認することも大事ですね。

夏場の体調不良は、暑さや寝冷えと誤解することも多いため個人の体調不良が食中毒として認識されない場合もあります。

 

◇◆◇食中毒予防の三原則◇◆◇

「菌をつけない」「菌を増やさない」「殺菌する」

 

3つを徹底して、この夏を元気に乗り切りましょう!

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2:「健康経営」宣言事業のご紹介

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

   協会けんぽ長崎支部では、長崎県と共同で『「健康経営」宣言事業』を行っています。

   この機会に、事業所全体の健康づくりに取り組んでみませんか?

 

   ≪「健康経営」とは?≫

   「健康経営」とは、従業員の健康を会社の財産ととらえ、会社の成長のために、従業員の健康づくりに会社が積極的に取り組むことをいいます。

   ※「健康経営」は、公益財団法人 健康経営研究会の登録商標です。

 

   ≪「健康経営」宣言事業のすすめ方≫

   STEP1 「健康経営」宣言事業への参加をお申込みいただきます。

 

STEP2 「健康経営」宣言書を掲示する等して、従業員の皆さまに周知していただきます。

 

STEP3 「5つの取り組み」に、取り組んでいただきます。

 

STEP4 1年後、「取り組み評価シート」を報告いただきます。

 

STEP5 取り組み内容が優秀な事業所さまは、「健康経営推進企業」として認定し、長崎県知事と全国健康保険協会長崎支部長の連名で認定書を交付いたします。

 

≪健康経営」宣言事業に取り組むと・・・≫

従業員の健康づくりは、単に病気をさせない・欠勤させないための「コスト」という考えではなく、仕事への意欲や会社との絆を強め、一緒に成長することを促すための「投資」です。

従業員が健康に長く働ける環境を整えることで、労働力の不足を防ぐことにもつながります。

さらに、「健康経営を推進している企業」として、イメージアップも期待できます。

 

▽「健康経営」宣言事業に取り組みたい!もっと詳しく知りたい!という方はこちら

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/nagasaki/cat070/20160628

   

   

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3:インセンティブ制度について

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

協会けんぽの保険料率は地域の医療費に基づき算出するため、都道府県支部ごとに保険料率が異なります。

 

さらに、平成30年度から新たな保険料率決定の仕組みとして、「インセンティブ(報奨金)制度」が導入されています。

 

≪「インセンティブ(報奨金)制度」とは?≫

加入者の皆さまの健康への取り組みに応じて、インセンティブ(報奨金)を付与し、それを「健康保険料率」に反映させるというものです。

 

≪評価される5つの指標≫

①   特定健診等の受診率

・年に1回生活習慣病予防健診(被保険者の方)、特定健診(被扶養者の方)を受診してください。

・労働安全衛生法に基づく定期健診を実施されている事業所さまは、健診結果データをご提供ください。

②   特定保健指導の実施率

・健診結果で生活改善が必要と判定された方は、特定保健指導をご利用ください。

③   特定保健指導対象者の減少率

・特定保健指導の対象とならないよう、日常から健康的な生活習慣に取り組んでください。

④   要治療者の医療機関受診率

・健診の結果、血圧値・血糖値が「要治療」「要精密検査」と判定された方は、早期に医療機関を受診してください。

⑤   ジェネリック医薬品の使用割合

・お薬を受け取る際は、積極的に「ジェネリック医薬品」をご選択ください。

 

皆さまの、積極的な病気の予防・健康づくりが、長崎支部の保険料率上昇を抑える大きな力になります。

 

▽インセンティブ制度について詳しくはこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat550/insenthibuseido/insenthibuseido

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4:重症化予防事業のお知らせ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

協会けんぽでは、未治療者の方への受診勧奨(重症化予防事業)を実施しています。

 

生活習慣病予防健診の結果で、血圧値・血糖値が「要治療」または「要精密検査」と判定された方々の約半数は、医療機関への受診が確認できない状況にあります。

その状態で放っておくと重症化し、入院や手術が必要になることもあります。

健康診断の結果、「要治療」「要精密検査」の判定を受けた方は、必ず医療機関を受診しましょう。

 

▽重症化予防事業について詳しくはこちら

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat405/sbb4052/info251031

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

5:季節の健康情報(体重が増えたと感じたら)

季節の健康レシピ (鶏のから揚げ風)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

体重増加は「だるい」「ひざが痛い」といった未病の状態を招きがちです。また、生活習慣病を予防するうえでも、体重増加は気をつけたいポイントです。

 

▽季節の健康情報はこちらから

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h31/1060101

 

 

「から揚げが食べたい!でもカロリーが気になる」というときは、鶏肉の部位と調理法を工夫しましょう。約半分のカロリーなのに、から揚げを食べているような満足感を味わえるメニューです。

 

▽季節の健康レシピはこちらから

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h31/1060102

 

 

========最後までお読みいただき、誠にありがとうございます!=======

今後も、皆様の健康づくりにお役立ていただける情報をお届けします。

健康づくりに関する身近な情報をはじめ、健康保険の制度改正や保険料率の変更など、

最新情報をいち早くお届けしてまいりますので、協会けんぽ長崎支部メールマガジンを

よろしくお願いいたします!

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

協会けんぽ長崎支部では、メールマガジン登録者を募集しています!

職場の方やご友人へ、ぜひご紹介をお願いいたします。

▽メールマガジンのご登録はこちらから

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/nagasaki/cat130/5681-113320

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

 

―――――――――――――――――――――■□■

協 会 け ん ぽ

全国健康保険協会長崎支部  企画総務グループ

〒850-8537

長崎市大黒町9-22 大久保大黒町ビル本館8階

電話 095-829-6000(代表)

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/nagasaki/

■□■―――――――――――――――――――――