ページ上部です

ジェネリック医薬品使用促進セミナー「暮らしを変えた医薬品」

 ジェネリック医薬品の使用率は73.7%(29年6月診療分)。しかし、地域別・年代別でみると使用率に格差があるのが現状です。ジェネリックを含めた医薬品の進化が私たちの生活にもたらしたものとは…。ジェネリック医薬品使用の効果とは…。参加費は無料です。ぜひセミナーにお越しください。

 

【演題(仮題)】

 ① 医薬品進化の歴史と医薬品がもたらしたQOLの向上

 ② 保険薬局現場におけるジェネリック医薬品使用促進の取り組み状況

 ③ データでみる長野支部ジェネリック医薬品使用状況

 

【講師】

 ◆ 佐々木 忠徳 先生   昭和大学病院薬剤学教授

               日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会理事

 ◆ 藤森 和良 先生    一般社団法人長野県薬剤師会常務理事

 

【日時】平成30年3月6日(火) 14:00~16:20 (13:30受付開始)

【会場】松本市あがたの森文化会館 講堂ホール(〒390-0812 松本市県3-1-1 TEL:0263-32-1812)

 

【申し込み方法】

「参加申込書」をご記入のうえ、FAXまたは郵送にて協会けんぽ長野支部に送付いただくか、お電話にてお申し込みください。どなたでも参加できます。ぜひ、お越しください!

 ◎ジェネリック医薬品使用促進セミナーの申込書はこちらから