閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
宮城支部

バックナンバーvol.133(令和2年8月20日発行号)


令和2年度も被扶養者の再確認を行います。ご提出よろしくお願いいたします!

メルマガdeだてっこみやぎ≪8月号≫  
 みなさんこんにちは!  真夏日が続き、熱中症が心配な季節となりました。熱中症といえば気温の高い日中になるイメージがありますが、夜間や就寝中にもなることがあります。夜間の熱中症対策も日中の熱中症対策と同様に、室内を適度に涼しく保ち、水分・塩分をこまめに摂ることで行いましょう!また、朝起きた時に少なくともコップ一杯分の水分を摂ることを心がけると良いようです。
 さて、今月の健康に関するお得な情報をお届けします。

 

「令和2年度被扶養者再確認」の実施のお知らせ

 年に一度実施している被扶養者資格の再確認を行います。令和2年度につきましては、10月上旬から下旬にかけて順次「被扶養者状況リスト」を事業主様へお送りいたします(提出期限:令和2年11月30日)。被扶養者資格の再確認は、加入者みなさまの保険料負担の軽減につながります。ご協力をお願いいたします。

▼令和2年度被扶養者再確認の詳細はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat590/info20721/


8月下旬にジェネリック医薬品軽減額通知をお送りいたします

 ジェネリック医薬品に切り替えた場合に、お薬代の負担軽減額が一定以上見込まれる方に、1か月あたりの軽減額をお知らせする「ジェネリック医薬品軽減額通知」をお送りします。お手元に届きましたら、ジェネリック医薬品への切り替えをぜひご検討ください。

※加入者(被保険者)の住所へ直接送付します。

≪通知対象者≫
・主に生活習慣病や慢性疾患などの先発医薬品を長期間服用されている方
・お薬代の自己負担軽減額が一定額以上見込まれる方

▼ジェネリック医薬品についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat570/

 

協会けんぽの令和元年度決算(見込み)のお知らせ

 令和元年度は収入が10兆8,697億円、支出が10兆3,298億円となり、収支差はプラス5,399億円となりました。決算見込みにおける収支差はプラスですが、今後、新型コロナウイルス感染拡大の影響による世界経済の悪化により保険料収入の減少が懸念されます。また、支出についても近年増加している高額薬剤の保険収載や令和4年度以降に見込まれる後期高齢者支援金の大幅な増加を踏まえると、協会の財政は引き続き楽観できない状況です。 

▼令和元年度決算(見込み)の詳しい内容はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/r2-7/200703/

▼なお、宮城支部の収支についてはこちらをご覧ください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/miyagi/template03/r02/001/20200714005/

 

健康保険給付について~出産手当金・出産育児一時金~

 被保険者が出産のため会社を休み、その間給与を受けられないときの生活の保障として「出産手当金」が申請により支給されます。また、被保険者および被扶養者に対して出産にかかる費用に充てることができるよう、「出産育児一時金」が申請により支給されます。

 

▼出産手当金について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3090/r148/

▼出産育児一時金について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3080/r145/

 

季節の健康情報 ~運動不足解消ウォーキング~

 運動不足解消のために行えることは様々ありますが、比較的容易に行える取り組みにウォーキングがあげられます。単に歩くだけでなく、いくつかのポイントを押さえて歩くことでウォーキングの効果をより高めることができます。
 以下のリンクから歩き方のポイント等に関する動画をご覧いただけますので、参考に取り組んでみてはいかがでしょうか。

▼詳細はこちらから
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/r2/20815_01/

 

 

知っトク!医療保険情報 ~ジェネリック医薬品に切り替えよう~

 医療機関から処方される薬には、最初に開発された「新薬(先発医薬品)」と新薬の特許が切れた後に新薬と同じ有効成分で製造される「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」があります。
 ジェネリック医薬品をご利用いただくと次のような点がおトクになります。

●新薬と効き目・安全性が同等なのに安い

●慢性疾患の人は医療費節約効果が大きい

●飲みやすい工夫がプラスされているものも多い

 ジェネリック医薬品に切り替えたいときは医師・薬剤師に相談し、ご検討ください。

▼詳しくはこちらから
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat525/r2/20815/

このカテゴリーの他のページ
申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]