ページ上部です

交通事故など他人の行為によるケガには届出を!

このコーナーでは健康保険に詳しくなれるクイズを出題します!

春から「株式会社しのびけんぽ」に入社し、総務に配属された服部くん。
忍者としても健康保険担当者としてもまだまだ初心者です。
温かく見守ってあげてくださいね。

週明けの月曜日、なにやら慌てている服部君。

服部「田辺さん、営業の鈴木さんが週末、プライベート中に交通事故にあったそうですよ。」

田辺「それは大変!大きなケガだったのかしら、心配だわ。」

服部「信号待ちで停車中に、後ろから追突されてハンドルに顔をぶつけたらしく
病院で診てもらったみたいですよ。」

田辺「交通事故でのケガね…病院に行ったということは、協会けんぽに届出が
必要かもしれないわね。相手方のいるケガ・病気で健康保険を使う場合は、
協会けんぽへ第三者行為届(第三者等の行為による傷病届)の提出が必要なの。」

服部「第三者行為届ですか?」

田辺「本来は加害者が治療費を負担するのよ。でも健康保険を使う場合は、鈴木さんが3割、
協会けんぽが7割を一時的に負担することになるわ。
協会けんぽが一時的に立て替えた7割分を加害者に請求するため、この届出が必要なのよ。」

服部「なるほど。第三者の行為によるケガや病気の届出、第三者行為届ですね。
ちなみに交通事故のほかに、この届出が必要なケースはあるんですか?」

田辺「ほかにもあるわ…」



さて、第三者行為にあたるのは?

1.ケンカでけがをした

2.他人の飼い犬にかまれた

3.自損事故車に同乗していた

答えは「1~3 すべて」です!

交通事故やケンカなど他人の行為による負傷で、健康保険で治療を受けた時には
「第三者行為届」のご提出をお願いします。

けんぽだより10月号、ホームページでもご案内していますので、ぜひご覧ください。

▼けんぽだより10月号はこちら

令和元年10月号けんぽだより

▼ホームページはこちら

事故にあったとき(第三者行為による傷病届等について)