ページ上部です
京都支部

職場で風しんを予防しましょう!

 京都市等各自治体では、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性を対象に、風しん第5期定期予防接種を実施しています。対象者の方は、自治体発行のクーポン券を使用することで、全国の協力医療機関で抗体検査と予防接種(抗体検査の結果、陰性の方のみ)を無料で受けていただくことができます。対象者の方については、風しんのワクチンを接種する公的な機会がなかったため、抗体保有率が他の世代に比べて低く、風しんにかかりやすくなっています。

 風しんは、感染者の飛沫(唾液のしぶき)などによって感染する、感染力が強い感染症です。また、妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、先天性風しん症候群といい、眼や耳・心臓に障害をもつ赤ちゃんが生まれる可能性があります。感染しても無症状~軽症のこともありますが、無症状でも他の人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体で免疫を持つことが重要です。

 本制度は令和4年3月31日までの期間限定の実施となりますので、対象者の方は、この機会を逃さず、まずは抗体検査を受けましょう。詳細は、厚生労働省HPや各市町村HPをご確認ください。

 

【事業主や職場の健診担当の方へ】

 本事業の対象者は働き盛りの男性であり、医療機関に行く時間を作りづらいことから、職場の健康診断と同一機会に風しん抗体検査を実施できるような仕組みが設けられています。

 つきましては、健診時に抗体検査の同時実施を御検討いただくことや、対象となる従業員の方に御周知いただく等、御協力をお願いします。

 

厚生労働省HP:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html