閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
熊本支部

令和5年3月20日配信


◆協会けんぽ熊本支部 メールマガジン 
Vol.230 2023.3.20

こんにちは、協会けんぽ熊本支部メールマガジンです。

3月の健康レシピ「牛肉のビーンズトマト煮込み」

[メールマガジンの配信は毎月20日頃の平日となります。]
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
【もくじ】
1.212社が健康経営優良法人に認定
2.令和5年4月から生活習慣病予防健診等の自己負担額が軽減されます
3.退職後の保険証は返却しましょう
4.退職後の健康保険のご案内
5.熊本市健康福祉局からのお知らせ『風しん抗体検査・予防接種券クーポン券の送付について』
6.熊本市健康福祉局からのお知らせ『肺がん検診・胃がんリスク検査について』
7.保健士・管理栄養士のお便り~良い睡眠で健康に~
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

□───────────────────────────────────
1.212社が健康経営優良法人に認定
□───────────────────────────────────
健康経営優良法人2023の認定法人が発表されました。
熊本支部の加入事業所においては、「大規模法人部門」で「10社」、「中小規模法人部門」で「202社」が認定を受けました。
また、認定を受けた事業所の中で「ホワイト500」に「1社」、「ブライト500」に「16社」が認定されました。

▼健康経営優良法人2023の認定法人はコチラから

「健康経営優良法人認定」とは地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、
特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度です。
「大規模法人部門」と「中小規模法人部門」に分かれており、取組が認められた法人は
「健康経営優良法人」として認定されます。
また、認定された法人の中でも、特に優れた取組を実践している法人は、
「大規模法人部門」は「ホワイト500」、
「中小規模法人部門」は「ブライト500」として認定されます。

※「健康経営®」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

□───────────────────────────────────
2.令和5年4月から生活習慣病予防健診等の自己負担額が軽減されます
□───────────────────────────────────
生活習慣病予防健診とは、生活習慣病の発症や重症化の予防を目的に、35歳から74歳の
協会けんぽの被保険者を対象とした健診です。
年度内にお一人様につき1回、協会けんぽが健診費用の補助をしています。

▼生活習慣病予防健診等の自己負担の軽減について詳しくはコチラから

▼熊本県内の健診実施機関はコチラから

□───────────────────────────────────
3.退職後の保険証は返却しましょう
□───────────────────────────────────
保険証が使用できるのは退職日までです。ご退職時(または扶養から外れたとき)には、必ず保険証を事業所へ返却しましょう。
■この機会に保険証の使用期限を確認しましょう  
〇被保険者の保険証 
・退職日まで                  
・75歳誕生日の前日まで     

〇被扶養者の保険証
・被保険者の退職日まで
・被保険者の75歳誕生日の前日まで
・被扶養者の75歳誕生日の前日まで
・扶養を外れた日の前日まで

□───────────────────────────────────
4.退職後の健康保険のご案内
□───────────────────────────────────
退職後の健康保険には、3つの選択肢があります。①~③のいずれかから退職後の健康保険を選択しましょう。
①協会けんぽの任意継続保険(お住まいの協会けんぽ都道府県支部へご相談ください)
②市区町村の国民健康保険(お住まいの市町村の国民健康保険の係へご相談ください)
③ご家族の健康保険の被扶養者(ご家族の勤務先へご相談ください。)

▼協会けんぽの任意継続保険についてはコチラから

▼「任意継続被保険者資格取得申出書」のダウンロードはコチラから

□───────────────────────────────────
5.熊本市健康福祉局からのお知らせ
『風しん抗体検査・予防接種券クーポン券の送付について』
□───────────────────────────────────
熊本市では、過去に風しんの定期接種の機会がなかった昭和37年4月2日~昭和54年
4月1日生まれの男性に対して、無料の風しん抗体検査及び予防接種を実施しています。

これまでにクーポン券を使用して抗体検査や予防接種を受けたことがない方へ、令和5年
3月末に新たにクーポン券(有効期限:令和7年2月28日)を送付します。

風しんは「風しんウイルス」によっておこる急性の感染症です。
感染力が強く、発熱や咳、発疹などの症状が現れ、まれに重症化することもあります。
また、妊娠初期の方が感染すると、赤ちゃんが、眼や耳、心臓に障がいをもって生まれてくる可能性があります。

これまでにクーポン券を一度も使用したことがない対象者の方は、この機会を逃さず、まずは抗体検査を受けましょう。

◎クーポン券を使用できるところは以下の3つです!
 ① 職場の定期健康診断
 ② 人間ドック
 ③ 実施医療機関
 ※①~③、いずれの場合も、当日クーポン券の持参が必要です。
 ※職場や医療機関によって対応が異なることがあります。①の場合は職場に、②・③の
場合は医療機関や健診機関への事前予約時に、必ずご確認ください。

「風しんの追加的対策」について、詳しくは厚生労働省HPや熊本市HPをご確認ください。

<厚生労働省HP>

<熊本市HP>

【事業主や職場の健診担当の方へ】
本事業の対象者は働き盛りの男性であり、医療機関に行く時間を作りづらいことから、
職場の健康診断と同一機会に風しん抗体検査を実施できるような仕組みが設けられています。
つきましては、健診時に抗体検査の同時実施をご検討いただきますよう、
また、対象となる従業員の方にご周知いただきますよう、ご協力をお願いします。

熊本市 感染症対策課 感染症班(096-364-3189)

□───────────────────────────────────
6.熊本市健康福祉局からのお知らせ『肺がん検診・胃がんリスク検査について』
□───────────────────────────────────
肺がん検診、胃がんリスク検査が身近な医療機関で受診できます!

肺がんは、日本のがんによる死亡原因の多くを占めています。肺がんは自覚症状が出
にくい場合が多いため、40歳以上の方は毎年定期的にがん検診を受けることが大切です。
また、胃がんを予防するため、40代の方を対象に胃がんリスク検査(血清ピロリ菌抗体検査)も実施しています。
まだ受けたことがない方はぜひご受診ください。
検査方法や費用について詳しくは、熊本市ホームページをご確認ください。

<熊本市HP>

熊本市 健康づくり推進課(096-328-2145)

□───────────────────────────────────
7.保健士・管理栄養士のお便り~良い睡眠で健康に~
□───────────────────────────────────
睡眠時間が不足している人や不眠の人は、生活習慣病になる危険性が高いことが分かってきました。

今回は、睡眠の質を上げる工夫についてご紹介します。

①適度な運動の習慣は、入眠を促進します。また朝食を摂ると朝の目覚めを促します。
この生活習慣によって睡眠と覚醒のリズムにメリハリをつけることができます。
しかし就寝直前の激しい運動や夜食の摂取は入眠を妨げるので注意しましょう。

②就寝前の飲酒や喫煙は、睡眠の質を悪化させるため控えましょう。寝る前のアルコールは入眠を一時的には促進しますが、
途中覚醒が増えて睡眠が浅くなり、熟睡していません。またタバコのニコチンには覚醒作用があるため、就寝前の喫煙は入眠を妨げ睡眠を浅くします。
寝酒や喫煙は生活習慣病の発症・重症化の危険因子になります。

③就寝3~4時間以内のカフェイン摂取は、入眠を妨げ、睡眠を浅くする可能性があるので控えましょう。カフェインの覚醒作用が3時間程度持続します。
またカフェインには利尿作用もあり、夜中に尿意で目が覚める原因にもなります。カフェインはコーヒー、緑茶、ココア、栄養・健康ドリンク剤などに多く含まれます。

④睡眠時無呼吸症候群の予防のためには、肥満に注意しましょう。
睡眠時に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群は、高血圧、糖尿病、不整脈、脳卒中、虚血性心疾患、歯周疾患などの危険性が高まります。

今の生活習慣を見直し、「良い睡眠」につなげてみましょう。



申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[マイナンバー新規(変更)登録申出書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]