閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
熊本支部

令和5年2月20日配信



◆協会けんぽ熊本支部 メールマガジン 
Vol.229 2023.2.20

こんにちは、協会けんぽメールマガジンです。

2月の健康レシピ「しょうがの肉団子スープ」

[メールマガジンの配信は毎月20日頃の平日となります。]
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★
【もくじ】
1.協会けんぽ熊本支部の令和5年度健康保険料率決定
2.令和5年4月から生活習慣病予防健診等の自己負担が軽減されます
3.インターネットで健診対象者を確認できます(事業主様・健診のご担当者様向け)
4.令和5年1月から各種申請書(届出書)の様式を変更しました
5.「データで見る熊本県」~第7回「約4人に1人が循環器疾患」~
6.荒尾市からのお知らせ~令和5年度 荒尾市複合健診のお知らせ~
7.保健師と管理栄養士のお便り‐‐
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

□───────────────────────────────────
1.協会けんぽ熊本支部の令和5年度健康保険料率決定
□───────────────────────────────────
≪令和5年度保険料率≫
健康保険料率 10.32%(前年度比▲0.13%)
(熊本支部)
介護保険料率  1.82%(前年度比+0.18%)
(全国一律)

協会けんぽ熊本支部では、引き続き医療費の適正化並びに加入者の皆さまの健康増進に取り組み、
健康保険料率の負担軽減に努めてまいります。
引き続き、皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


≪保険料負担額変更時期≫
〇令和5年3月分(4月納付分)から
(任意継続被保険者は、令和5年4月分(4月10日(月)納付期日分)から)

□───────────────────────────────────
2.令和5年4月から生活習慣病予防健診等の自己負担が軽減されます
□───────────────────────────────────
生活習慣病予防健診とは、生活習慣病の発症や重症化の予防を目的に、35歳から74歳の協会けんぽの被保険者を対象とした健診です。
年度内にお一人様につき1回、協会けんぽが健診費用の補助をしています。

生活習慣病予防健診等の自己負担の軽減について詳しくはこちら

熊本県内の健診実施機関はこちら

□───────────────────────────────────
3.インターネットで健診対象者を確認できます(事業主様・健診のご担当者様向け)
□───────────────────────────────────
健診対象者をインターネットで閲覧等できるサービスがあります。
ホームページで利用申請をいただくと、閲覧の際に必要な「ユーザID」・「協会発行パスワード」を郵送にてお送りいたします。
利用申請時に設定する、「お客様設定パスワード」と合わせ、ログインの際に必要です。

詳しくはこちら

申請はこちらから

□───────────────────────────────────
4.令和5年1月から各種申請書(届出書)の様式を変更しました
□───────────────────────────────────
協会けんぽでは、より分かりやすくすること、より記入しやすくすること、より迅速に給付金をお支払いすること等を目的として、
令和5年1月に各種申請書(届出書)の様式を変更しました。
新様式の申請書(届出書)は、協会けんぽのホームページよりダウンロードいただけます。
変更案内はこちら
申請書ダウンロードはこちら

□───────────────────────────────────
5.「データで見る熊本県」~第7回「約4人に1人が循環器疾患」~
□───────────────────────────────────
毎月事業所にお送りしている納入告知書の同封チラシにおいて、「データで見る熊本県」と題して、
「人生100年くまもとコンソーシアム」と「協会けんぽ熊本支部」の分析データをお届けしています。是非、ご覧ください。

□───────────────────────────────────
6.荒尾市からのお知らせ~令和5年度 荒尾市複合健診のお知らせ~
□───────────────────────────────────
協会けんぽの特定健診と市のがん検診が同時に受診できるご案内です!

【対象】
荒尾市に住民票がある被扶養者(40~74歳)
※受診日に協会けんぽの被扶養者(家族)の資格がある方に限ります。

【申込方法】
●3/6(月)提出期限の申込書で荒尾市へがん検診を申込済の方
⇒「特定健診をセットで受診したい」と電話でお申し出ください。
●荒尾市へがん検診を申し込みされていない方
⇒申し込み受付中です。
 「がん検診と特定健診をセットで受診したい」と電話でお申し出ください。

【申込先】
荒尾市すこやか未来課 0968-63-1133(平日8:30~17:15)
※健診は申し込みが必要です。必ずお電話にてお問合せください。
※健診当日は健康保険証と特定健診受診券が必要です。

【申込期限】
令和5年3月6日(月)

【日時】
春の複合健診:5~6月のうち17日間
秋の複合健診:9月~10月のうち18日間

【場所】
文化センター、市役所、中央公民館、万田炭鉱館、小岱工芸館、みどり蒼生館

健康保持・増進のためにも、年に1回の健診を受診しましょう!
詳しくは、対象者のいる世帯へ郵送している(2月末頃)チラシか市ホームページをご覧ください。

お問い合わせ先
荒尾市すこやか未来課 0968-63-1133(平日8:30~17:15)

□───────────────────────────────────
7.保健師と管理栄養士のお便り‐‐
□───────────────────────────────────
女性の更年期は、“女性ホルモンがゆらぎながら減少していく時期”を指し、一般に45歳~55歳頃(閉経前後の5年間)にあたります。
この時期は、家庭や仕事などで様々な環境の変化が起こりやすく、身体だけでなく精神にも影響を受けやすい時期です。
女性の一生の中でも、大きな転換期といえます。
女性の更年期には、のぼせ・ほてり・発汗・頭痛・憂うつ・不眠など多様な症状があります。
更年期を乗り切るには、一人ひとりが正しい情報を知ることが大切です。

【更年期を乗り切るためのポイント】
①我慢、無理をしない
辛いことは言葉に出して受け止めてもらいましょう。(周囲の理解も大切です。)
これまで100%頑張らねばと思っていたことも70%程度で考えましょう。
②家族や友人との良い関係づくり
周囲からの優しい言葉といたわりは更年期の辛さを和らげてくれます。
③ストレスを上手にやりすごす。
楽しい、心地よいと思える、自分のための時間を持ちましょう。
④栄養バランスの取れた食事、適度な運動、質の良い睡眠を心がけましょう。
⑤年に1回の健康診断を忘れずに!
子宮がん検診や乳がん検診もお忘れなく。
⑥症状が辛いときに相談できる婦人科のかかりつけ医を持ちましょう。

最後に、更年期は必ず終わりがきます。
これからも元気で過ごすため、更年期を乗り越えるためのポイントを参考にしてもらえれば幸いです。


申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[マイナンバー新規(変更)登録申出書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]