閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
神奈川支部

【神奈川支部】保険料率の決まり方


令和3年度 協会けんぽ神奈川支部の保険料率

 協会けんぽ神奈川支部の保険料率は、令和3年3月分(4月納付分)から改定されます。


r3_hokenryoritsu


※40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)には、健康保険料率に全国一律の介護保険料率が加わります。

賞与については、3月1日支給分から変更後の保険料率が適用されます。


加入者の皆さまの健康や生活を支え、今後も安心して医療を受けられるよう、保険料のご負担につきまして、なにとぞご理解をいただきますようお願い申し上げます。



保険料率はどう決まるの?

 協会けんぽの保険料率は、加入者の皆さまの医療費にもとづき、都道府県ごとに算出されます。

 都道府県別に保険料率を設定しているのは、都道府県ごとに必要な医療費(支出)が異なるためです。疾病の予防などの取組により、都道府県の医療費が下がれば、その分都道府県の保険料率も下がることになります。

 また、都道府県ごとの保険料率は、年齢構成の違いに伴う医療費の差や所得水準の差を、都道府県間で相互に調整したうえで設定されます。


(参考)神奈川支部の医療費の推移


r3_ryoritsu_g


 神奈川支部の加入者一人当たり医療費の伸びは、平成30年度から令和元年度にかけて5,663円と全国平均(4,516円)を大き上回っています。(上記の数値は神奈川支部独自の分析によるものです。)



保険料率にはインセンティブ制度の結果も反映されます

 インセンティブ制度とは、健診の受診やジェネリック医薬品の使用など、皆さまの取組が5つの指標で評価され、その結果に応じてインセンティブ(報奨金)が付与される仕組みです。

 このインセンティブを得ることによって、保険料率を引き下げることができます。


インセンティブ制度の概要

①制度の財源として、全支部の保険料率の中に、0.01%が盛り込まれて計算されます。

②各支部の評価指数の実績に応じて得点がつけられます。その得点がランク付けされ、47支部中上位23支部に①を財源とした報奨金が充てられることによって、保険料率を引き下げることができます。

※この0.01%は段階的に導入されています。


令和元年度 神奈川支部のインセンティブ制度の実績

令和元年度のインセンティブ制度の実績は、令和3年度の保険料率に反映されています。


r3_ryoritsu_jisseki


 今回、神奈川支部はインセンティブを獲得することはできませんでしたが、皆さまの取組は年度ごとに評価されるため、毎年度、上位23支部に入るチャンスがあります。インセンティブの獲得・保険料率の引き下げに向け、皆さま一人ひとりのご理解・ご協力をお願いします。


※インセンティブ制度について詳しくはこちらをご覧ください。



 加入者の皆さまの医療と健康を支えるため、保険料のご負担につきまして、なにとぞご理解をいただきますようお願い申し上げます。




 




申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]