ページ上部です

インセンティブ制度(2018年度~)

 

インセンティブ制度とは・・・

47都道府県支部(以下、47支部)ごとに、加入者の皆様の取組みを5つの指標について評価し、

上位23支部に対してインセンティブ(報奨金)を付与する形で、

支部ごとの健康保険料率に反映させる制度です(下図、青色部分)

財源は、47支部の健康保険料率に一律※1 を盛込んだものです(下図、赤色部分)

  (※1)  ・2018年度の取組み評価(2020年度の健康保険料率へ反映): 0.004%

      ・2019年度の取組み評価(2021年度の健康保険料率へ反映): 0.007%

      ・2020年度の取組み評価(2022年度の健康保険料率へ反映): 0.01%

≪イメージ≫

 

 

 

 5つの評価指標とは・・・、

⇒ 何をすればよいのか・・・

1 特定健診等の受診率         香川支部の弱点(H28全国33位)

次の①~③が評価されます。

①受診率 ②受診率の対前年度上昇幅 ③受診件数の対前年度上昇率

⇒ 協会けんぽの生活習慣病予防健診(ご本人対象)特定健診(ご家族対象)を受診しましょう。

   労働安全衛生法に基づく定期健診結果を協会けんぽへご提供いただくのでもかまいません。

   (ご提供いただくと①~③に反映されます。)

 

2 特定保健指導の実施率

次の①~③が評価されます。

①実施率 ②実施率の対前年度上昇幅 ③実施件数の対前年度上昇率

⇒ 特定保健指導を案内された方は、是非利用しましょう。

   保健師や管理栄養士が健康づくりをサポートします!

 

3 特定保健指導対象者の減少率

特定保健指導対象者(保健指導が必要な人)の対前年度減少率が評価されます。

⇒ 対象とならないよう、日頃から生活習慣に気を付けるとともに、

   早めに医療機関を受診しましょう。

 

4 医療機関等への受診勧奨を受けた要治療者の医療機関受診率

次の①②が評価されます。

①受診率 ②受診率の対前年度上昇幅

⇒ 健診の結果、血圧または血糖値の項目で「要治療(再検査含む)」の判定を受けた方には、

   協会けんぽから「医療機関受診のご案内」をお送りしていますので、必ず受診しましょう。

 

5 ジェネリック医薬品の使用割合     香川支部の弱点(H28全国37位)

次の①②が評価されます。

①使用割合 ②使用割合の対前年度上昇幅

⇒ 積極的にジェネリック医薬品を使用しましょう。

   (なお、全ての先発医薬品に対してジェネリック医薬品があるわけではありません。)

 

・・・皆様の取組みで保険料率が変わります