閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
茨城支部

バックナンバー2022年8月配信号(2022.8.10発行)


2022年8月10日発行 
┏◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆┓
◆                                   ◇
      協会けんぽ茨城支部メールマガジン 2022年8月配信号    
◇                                                 ◆
┗◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇┛
こんにちは!「全国健康保険協会(協会けんぽ)茨城支部」です。
困ったときはこの一冊!「協会けんぽGUIDE BOOK」を公開中です(英語版もあり)。是非、ご一読のうえ、お役立てください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/event/kohoshizai/20220411/

☆季節の健康レシピ
「グレープフルーツとブルーベリーのゼリー」はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/08/2808/
********************* 目 次 *********************************************
【1】ジェネリック医薬品に関するお知らせをお送りします
【2】認定事業所限定!従業員向け「健康セミナー」を開催しませんか?
【3】医療機関のかかり方で上手に節約
【4】オンラインセミナーのお知らせ ~産保センター主催~
【5】病気やケガで仕事を休んだときは「傷病手当金」
【6】健康コラム ≪新型コロナウイルス感染症≫
【7】健診結果をみてみよう「聴力」
【8】協会けんぽクイズ
****************************************************************************
※協会けんぽへの各種申請は郵送でお願いいたします。

──────────────────────────────────────
【1】ジェネリック医薬品に関するお知らせをお送りします
──────────────────────────────────────
ジェネリック医薬品に切り替えた場合に、お薬代の負担軽減が一定額以上見込まれる方へ、1ヶ月分の自己負担軽減可能額等をお知らせしています。
ジェネリック医薬品は5人に4人が選択しています。この機会にジェネリック医薬品に切り替えられるか、かかりつけ医・薬局に相談してみましょう。

※現在一部のジェネリック医薬品におきまして、供給不足や欠品が生じており、切り替えを希望しても難しい場合があります。切り替えを希望される方は、医療機関や薬局とよくご相談ください。

■お知らせをお送りする方
・主に生活習慣病や慢性疾患などの先発医薬品を長期間服用されている方
・お薬代の自己負担軽減額が一定額以上見込まれる方

■送付時期
・令和4年8月下旬
・加入者(被保険者)の住所へ直接送付いたします
※すべての加入者さまに通知されるものではありません。

▽知ってほしい、ジェネリック医薬品のこと
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat080/202102021156/


──────────────────────────────────────
【2】認定事業所限定!従業員向け「健康セミナー」を開催しませんか?
──────────────────────────────────────
協会けんぽ茨城支部の「健康づくり推進事業所」として認定を受けている事業所さま限定で、スポーツクラブルネサンス水戸による「健康セミナー」を無料でご利用いただけます。
※まだ認定を受けていない事業所さまは「健康づくり推進事業所」の宣言をお願いします。

【講座メニュー】
・からだマネジメントセミナー
・機能改善ストレッチ
・VDT疲労改善 など

【受講方法】
対面、オンライン、DVD貸出、VOD視聴

【申し込み方法】
申込書をダウンロードし、FAXでご申請ください。

「健康づくり推進事業所」の認定特典として、その他にも健康測定機器などたくさんの特典をすべて無料でご利用いただけます。ぜひご利用ください。

▽健康づくり推進事業所認定特典の詳細や申込書はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat070/20190204/201902050854


──────────────────────────────────────
【3】医療機関のかかり方で上手に節約
──────────────────────────────────────
医療費はちょっとした心がけで皆さまの家計の医療費負担の軽減につながります。

①かかりつけ医を持ちましょう!
紹介状なしで大病院にかかると特別料金がかかります。
②同じ傷病で同時に複数の医療機関にかかる「はしご受診」は身体的にも経済的にも大きな負担!
③時間外・休日・深夜受診は、医療費が割増料金に!
医療機関に受診するべきか判断に迷う場合は救急電話相談をご利用ください。(こども救急電話相談:#8000、おとな救急電話相談:#7119)
④ジェネリック医薬品で医療費節約!

▽「お財布にもカラダにも優しい医療費節約術」について
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/setsuyaku/saving/


──────────────────────────────────────
【4】オンラインセミナーのお知らせ ~産保センター主催~
──────────────────────────────────────
茨城産業保健総合支援センター主催により、オンラインセミナーが開催されます(Cisco社 Webex Eventsでの視聴)。

治療と仕事の両立支援セミナー~治療からの職場復帰~
【日時】8月19日(金)の午後3時~午後4時
【講師】鈴木 弘美(産業保健相談員、産業カウンセラー、公認心理師)、磯上 あづさ(精神保健福祉士)

▽詳しくはこちら(茨城産業保健総合支援センターHP)
https://ibarakis.johas.go.jp/archives/22762

≪産保センターのメールマガジン会員の募集について≫
茨城産業保健総合支援センターが開催する最新のセミナーの情報等をいち早く入手されたい場合は、メールマガジンにご登録いただくと「メールマガジン(いばらき産保ニュース)」が不定期に届きます。

▽産保センターのメールマガジンの登録はこちら
https://ibarakis.johas.go.jp/info_document/mailmagazine


──────────────────────────────────────
【5】病気やケガで仕事を休んだときは「傷病手当金」
──────────────────────────────────────
被保険者(お勤めされているご本人)が病気やケガで仕事を休み、その間の給与を受けられないときの生活の保障として「傷病手当金」をご申請いただけます。
会社を休んだ日が連続して3日間あったうえで、4日目以降、休んだ日に対して給与の約3分の2が支給されます。 ただし、休んだ期間について事業主から傷病手当金の額より多い報酬額の支給を受けた場合には、傷病手当金は支給されません。
「傷病手当金支給申請書」に事業主と医師の証明を受け、協会けんぽまでご提出ください。

▽傷病手当金についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/sb3040/r139/

▽新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金について
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/g1/r4-7/202207251415/


──────────────────────────────────────
【6】健康コラム ≪新型コロナウイルス感染症≫
──────────────────────────────────────
こんにちは、保健師の奈良です。
コロナ感染者が増えています。心配や不安を抱えている方も多いかと思いますが、この2年の間に多くの研究が行われ、さまざまなことも分かってきています。

少し紹介すると、入院時に重症だった人のリスク因子を解明した研究では、糖尿病、肥満がリスク因子であることが分かっています。この他にも、高血圧や慢性腎臓病などさまざまな基礎疾患が重症化のリスクとなります。また、これらの基礎疾患を2~3つ以上もつことで、さらに重症化が高まることも分かっています。

<重症化のリスク因子>
65歳以上の高齢者・悪性腫瘍・慢性閉塞性肺疾患・慢性腎臓病・糖尿病・高血圧・脂質異常症・肥満(BMI30以上)・喫煙・固形臓器移植後の免疫不全・妊娠後半期
「新型コロナウイルス感染診療の手引き7.0判」(厚生労働省)より引用

重症化を防ぐために自分でできることもあります。年齢を若くすることはできませんが、職場の健診結果を参考にして、「食事」「運動」「飲酒」「喫煙」など、生活習慣を見直すことで、データの改善が図られ、重症化を防ぐことができます。

そのために、個別に職場で保健指導を受けることもできます。ぜひ、今後も協会けんぽの『保健指導』を積極的に利用していただいて、健康で充実した生活を送れるように役立ててください。

<基本的な感染対策>
COVID-19は発症3日前~発症5日後が最も感染性が高いと考えられていますので、症状がない人もウイルスを広めてしまう恐れがあります。今後のさらなる感染拡大を防ぐためにも、特に重症化リスクがある高齢者や基礎疾患がある方は、ワクチン接種、ブースター接種とともに、「ユニバーサルマスク」「3密回避」「小まめな手洗い」という基本的な感染対策を続けましょう。


──────────────────────────────────────
【7】健診結果をみてみよう「聴力」
──────────────────────────────────────
健診結果を見てもよく分からない!そんな疑問を抱いている方へ、検査項目について解説します。自分自身の健診結果をチェックし、生活習慣を見直しましょう。今回は「聴力」についてです。

〇何が分かるの?
・聴力検査…聴こえの程度を調べます。

〇基準値
・1000Hz/4000Hz…30dB以下聴取可能

〇関係のある病気
中耳炎、難聴 など

〇ワンポイントアドバイス
イヤホンやヘッドホンで音を長時間聴き続けると難聴になる場合があります。使用時間や音量に注意しましょう。 

▽検査項目について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat410/sb4020/r102/


──────────────────────────────────────
【8】協会けんぽクイズ
──────────────────────────────────────
今月号は「労災」です。
Q. 従業員30名を雇用する企業の代表者であるAさん(労災保険への特別加入なし)は、業務中にケガを負い治療を行うことになりました。健康保険の使用に関し、正しいのは次のうちどれでしょうか?

①代表者(特別加入なし)のAさんは労災保険で治療することはできないが、代わりに健康保険を使って治療できる。
②代表者(特別加入なし)のAさんは労災保険で治療することはできないが、業務上の負傷であるため、健康保険も使えない。(全額自己負担)
③原則、業務上のケガの治療に健康保険を使うことはできないが、ケガの程度が軽ければ、健康保険を使っても問題はない。

▽答えはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat130/201907171502


========================================
あとがき
蒸し暑い日々が続いていますが、冷たいものを食べすぎていませんか?かき氷やアイスなどついつい手を伸ばしたくなりますが、食べすぎはかえって夏バテの原因となることも。日頃の食事にトマトやナス、キュウリなどの夏野菜を取り入れてみましょう。夏野菜には体を冷ます効果があるといわれています。暑さと上手に付き合い、夏を乗り越えましょう!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。
申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[マイナンバー新規(変更)登録申出書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]