閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
茨城支部

バックナンバー第105号(2020.7.10発行)


第105号 - 2020年7月10日(金)発行 
======================================
◇◆  ◆◇◆                           ◇◆◇  ◆◇
         協会けんぽ茨城支部メールマガジン 第 105 号
◇◆  ◆◇◆                                 ◇◆◇  ◆◇
======================================
 こんにちは!協会けんぽ茨城支部です。
 現在、茨城交通バスにて、「ジェネリック医薬品(後発医薬品)使用促進」、「生活習慣病予防健診受診勧奨」について周知のためにラッピングバスを実施しています。
 車体の両側面と背面にラッピングされており、緑やピンクを使用した配色で目を引くデザインとなっておりますので、ぜひご覧いただければと思います。
 実施期間は、令和2年4月~令和3年3月の1年間の予定です。
 
▽協会けんぽ茨城支部「バス広告を実施しています」についてはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat080/202006111103/

****************** お役立ち情報 *******************************************
☆知っトク!医療保険情報
『「かかりつけ薬局」を活用しよう』はこちらをご覧ください↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat525/r2/20615/

☆季節の健康情報
「食生活改善のすすめ」はこちらをご覧ください↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/r2/20615_01/

********************* 目 次 *********************************************
【1】【重要】「生活習慣病予防健診」の予約に関するお知らせ
【2】「元気アっプ!リいばらき」1stアニバーサリー記念ボーナス
【3】マイナンバーの通知カードの廃止による「本人確認書類の変更について」
【4】ジェネリック医薬品軽減額通知をお送りいたします
【5】未治療者に対する医療機関への受診勧奨業務を実施しています
【6】「限度額適用認定証」のご申請はお早めに!
【7】「健康いばらき21元気アップ賞」候補者を募集しています
【8】≪予告≫「いばらき健康経営推進事業所」認定申請書の受付が開始されます
【9】健康コラム ≪夏風邪≫
【10】協会けんぽクイズ
****************************************************************************


──────────────────────────────────────
【1】【重要】「生活習慣病予防健診」の予約に関するお知らせ
──────────────────────────────────────
 「生活習慣病予防健診」の予約に関する重要なお知らせです。
 「生活習慣病予防健診」は県内66健診機関で受診することができますが、今般の新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、各健診機関では、3密を避けるための様々な対策を実施しているところです。その結果、例年に比べ健診の実施可能人数が減少している傾向にあります。
 また、本年4月~5月は、厚生労働省からの通知に基づき、原則として健診業務を休止していたため、6月以降の健診を受診する方が集中することが予想され、すでに予約が取れない又は取りづらい状況が発生しています。

 このため、「生活習慣病予防健診」の受診を希望する方につきましては、お早めに健診機関へご予約いただきますようお願いいたします。
 なお、ご予約の電話が増えることで、健診機関の電話がつながりづらくなりますので、その場合は時間を空けてお電話いただきますようお願いいたします。

▽「生活習慣病予防健診」を受診できる健診機関は、以下をご確認ください。
・「令和2年度生活習慣病予防健診のご案内」※健診のご案内時に同封しましたピンク色のパンフレットです。
・協会けんぽ茨城支部ホームページ「生活習慣病予防健診実施機関一覧」↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat050/template06/


──────────────────────────────────────
【2】「元気アっプ!リいばらき」1stアニバーサリー記念ボーナス
──────────────────────────────────────
 茨城県では、昨年6月から、県民の健康寿命日本一の達成に向けて、ウォーキングや健診の受診などの健康づくりを推進した健康アプリを提供しており、健康づくりに対して、景品やサービス等と交換できる「いばらきヘルスケアポイント」を付与しています。
 そして今月、1周年キャンペーンを実施しています!

≪1stアニバーサリー記念ボーナス≫
 下記のキャンペーン期間中に「元気アっプ!リいばらき」を活用いただいたすべての方に対して、ヘルスケアポイント1,000ポイント分をプレゼント!
☆キャンペーン期間:2020年7月1日0:00から2020年7月31日23:59まで
☆対象:2020年7月31日23:59までに「元気アっプ!リいばらき」を活用された方
☆注意事項:キャンペーン期間終了までに「元気アっプ!リいばらき」の初期登録及びログインが必要です。

▽「元気アっプ!リいばらき」についてはこちら↓
https://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/chofuku/kenkou/healthcare/healthcare-top.html


──────────────────────────────────────
【3】マイナンバーの通知カードの廃止による「本人確認書類の変更について」
──────────────────────────────────────
 マイナンバーの通知カード(平成27年10月以降に送付されたマイナンバーをお知らせする紙製のカード)は、デジタル手続法の改正により、令和2年5月25日付で廃止され、通知カードの表裏の氏名・住所等の記載と申請書記載の被保険者情報が一致する場合を除き、マイナンバーを申請書に記入する際の本人確認書類として通知カードは使用できなくなりました。

◎通知カードに関するQ&A
 Q.マイナンバーを申請書に記入するのはどんな時ですか?
 A.マイナンバーを利用して、自治体に所得(課税・非課税)の確認を希望するときや、申請書に記載いただく保険証の記号・番号が不明な場合です。

◎マイナンバーを申請書に記入した際の本人確認書類
(①番号確認書類と②身元証明確認書類のそれぞれ一点ずつの添付が必要です)

① 番号確認書類
・マイナンバーカード(個人番号カード)の表面コピー
・個人番号の通知カードのコピー(※記載情報と現況に相違のないもの)
・住民票(マイナンバーの記載のあるもの)
・住民票記載事項証明書(マイナンバーの記載のあるもの)

② 身元確認書類
・マイナンバーカード(個人番号カード)の裏面コピー
・運転免許証のコピー
・パスポートのコピー
・その他官公署が発行する写真つき身分証明書のコピー


──────────────────────────────────────
【4】ジェネリック医薬品軽減額通知をお送りいたします
──────────────────────────────────────
 協会けんぽでは、加入者の皆さまのお薬代の負担軽減が図られるほか、健康保険財政の改善にもつながることから、「ジェネリック医薬品」の普及を推進しています。
  その取り組みの一つとして、ジェネリック医薬品に切り替えた場合に、お薬代の負担軽減が一定額以上見込まれる方へ、1ヶ月分の自己負担額軽減可能額等をお知らせしています。

■お知らせをお送りする方
・主に生活習慣病や慢性疾患などの先発医薬品を長期間服用されている方
・お薬代の自己負担軽減額が一定額以上見込まれる方

■送付時期
・令和2年度内2回(1回目:令和2年8月頃、2回目:令和3年2月頃)
・加入者(被保険者)の方の住所へ直接送付
 ※すべての加入者様に通知されるものではありません。

※この通知サービスは、ジェネリック医薬品への変更を強制するものではございません。
※使用できる効果(病気)が異なるときや在庫がないなどの理由で、ジェネリック医薬品に切り替えることができない場合があります。

▽ジェネリック医薬品についての詳細はこちらをご覧ください↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat080/201906211054


──────────────────────────────────────
【5】未治療者に対する医療機関への受診勧奨業務を実施しています
──────────────────────────────────────
 協会けんぽ茨城支部では、健康診断受診の結果、要治療と判定されながら医療機関を受診していない方あてに、医療機関への受診を促す案内を送付しています。

▽詳しくはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat040/201907191010/


──────────────────────────────────────
【6】「限度額適用認定証」のご申請はお早めに!
──────────────────────────────────────
 高額な医療費を支払った場合、あとで自己負担限度額を超えた分について払い戻される「高額療養費制度」があります。しかし、払い戻されるとはいえ払い戻しには受診月から4か月以上かかり、高額な医療費の支払いは、大きな負担になります。
 そこで、高額な窓口負担が予想される方は、事前に「限度額適用認定申請証」を申請し、医療機関窓口へ提示することで窓口負担が自己負担限度額までになります。
 
▽「限度額適用認定申請」についてはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151

▽「限度額適用認定申請証」についてよくある質問はこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g6/cat620/r305/


──────────────────────────────────────
【7】「健康いばらき21元気アップ賞」候補者を募集しています
──────────────────────────────────────
 茨城県では、「元気アップいばらき」をスローガンに県民の健康づくりを支援する施策を展開しています。元気アップ賞は、日頃から健康づくりを実践している方々を表彰し、県民の健康づくりの取組促進を図るものです。
 表彰の対象は、県内を中心に活動し、健康保持・増進のための健康づくりを継続的に実践している個人、家族または地域・学校・職場におけるサークル等の団体です。
応募締め切りは、令和2年9月14日(月)までです。

ウォーキングなど健康づくりに積極的に取り組んでいる方は応募してみてはいかがでしょうか?

▽「健康いばらき21元気アップ賞」の応募方法や詳細については、こちらから↓
https://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/chiiki/kenko/genkiupsyou.html


──────────────────────────────────────
【8】≪予告≫「いばらき健康経営推進事業所」認定申請書の受付が開始されます
──────────────────────────────────────
 茨城県で実施されている「いばらき健康経営推進事業所」の令和2年度の申請受付が8月~9月にかけて開始されます。詳細な日程については、決まり次第、改めてお知らせさせていただきます。
 「いばらき健康経営推進事業所」とは、健康経営に取組む事業所を「いばらき健康経営推進事業所」として認定する制度で、認定を受けると『ハローワークの求人票への記載』等インセンティブも用意されております。

 「いばらき健康経営推進事業所」の申請には、協会けんぽ茨城支部の「健康づくり推進事業所」として認定を受けている必要がございますので、認定を受けていない事業所さまは、まずは「健康づくり推進事業所」の宣言をお願いいたします!
 「健康づくり推進事業所」に認定されると、血管年齢測定器や骨健康度測定器のレンタル、事業所での出前健康講座などを無料で受けることができます。

▽茨城県「いばらき健康経営推進事業所」について詳しくはこちらから↓
https://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/chofuku/kenkou/kenkoukeiei/kenkoukeiei-top.html

▽協会けんぽ「健康づくり推進事業所認定制度」について詳しくはこちらから↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat070/20190204/201902041731


──────────────────────────────────────
【9】健康コラム ≪ 夏風邪 ≫
──────────────────────────────────────
 こんにちは、管理栄養士の中村です。
 梅雨明けとともに、また暑い夏がやってきます。夏といって思い出すのは、故郷の海の青さと海風の心地よさ。夏休みには、毎日海に行って同級生たちと泳いで遊んでいました。

 そんな子供の頃は、「夏風邪は、バカがひく」と言われていていましたから、夏には風をひいても黙っていようと子供心に思っていたものでした。
 慣用句辞典には、「冬にひいた風邪を、夏になってからかかったと気づく愚か者」との記載もあります。

 その後、医学の進歩はめざましく、子供の病気に代表される3大夏風邪と言われる「手足口病」「ヘルパンギーナ」「アデノウイルス(プール熱)」のウイルスが見つかり、1967年頃には我が日本でもその存在が明らかになりました。
 そう、バカでなくても夏風邪を発症することが証明されたのです。

 この夏風邪、風邪やインフルエンザが流行する冬場の感染と劣らない患者数であることが報告されています。
 高温多湿の夏は、原因ウイルスや菌が増殖しやすい環境にあり、夏バテで体力が落ちている時には、大人に感染することもあり注意が必要なようです。

 風邪などの感染症には、自己の免疫機能が影響していることは、みなさんご存知のことかと思います。
 免疫力が低下するとウイルスや細菌に対する抵抗力が弱くなり、風邪などの感染症が発生しやすくなります。暑くなってきて、食欲も減退する頃です。
 そうめんやうどん、そばなどといった炭水化物だけに頼るのではなく、タンパク質のとれるおかず(魚・肉・大豆製品・卵)も足してバランスよく食べて、健康維持に努めましょう!

 元気に夏を乗り切りましょう!!


──────────────────────────────────────
【10】協会けんぽクイズ
──────────────────────────────────────
今月号は「交通事故による医療機関のかかり方」です。
 問題:Aさんは、プライベートの時間に車を運転し、信号待ちで停車していたところ、他人が運転する車に後ろから追突されて、ハンドルに顔をぶつけてケガをしてしまいました。
 医療機関のかかり方や保険証の使用について、次のうち正しい説明はどれでしょうか?

① 交通事故が原因のケガのため、医療機関では健康保険証を使用することができない。
② 医療機関に健康保険証を使って受診し、自己負担分(3割)を支払った。(協会けんぽには未連絡)
③ 医療機関で健康保険証を使って受診し、自己負担分(3割)を支払った。後日、協会けんぽに「第三者行為による傷病届」を提出した。

答えはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat130/201907171502/#ziko_hokensyou


========================================
 あとがき
 ウォーキングを日課にしていましたが、梅雨に入り、天候に左右され予定通りに外で運動ができない日が続いています。そのため、自宅でできるストレッチ動画を見ながら、足腰を鍛え始めています。この梅雨特有の蒸し暑さを乗り越えると、次は夏本番ですね。体調を整えて、健康な状態で夏を迎えていきましょう! 

 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]