閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
茨城支部

バックナンバー第108号(2020.10.10発行)


第108号 - 2020年10月10日(土)発行 
======================================
◇◆  ◆◇◆                           ◇◆◇  ◆◇
         協会けんぽ茨城支部メールマガジン 第 108 号
◇◆  ◆◇◆                                 ◇◆◇  ◆◇
======================================
 こんにちは!協会けんぽ茨城支部です。
 今月号よりメールマガジンの担当者が変更となりました。読者の皆さまにより良い情報を届けられるように努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

☆知っトク!医療保険情報
「いきなり大病院は特別料金がかかる」はこちらをご覧ください↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat525/r2/20915/

☆季節の健康情報
「太ももや下腹部をシェイプアップ」はこちらをご覧ください↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/r2/20915_01/

********************* 目 次 *********************************************
【1】令和2年度被扶養者資格再確認について
【2】新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診について
【3】健康経営ライブオンセミナー「新しい働き方と健康づくり」のお知らせ
【4】「元気アっプ!リいばらき」でウォーキングキャンペーンを開催します
【5】退職等による資格喪失後に保険証は使用できません
【6】健康コラム ≪ 秋の味覚でビタミンDを摂取しよう ≫
【7】協会けんぽクイズ
****************************************************************************

──────────────────────────────────────

【1】令和2年度被扶養者資格再確認について
──────────────────────────────────────
協会けんぽでは、高齢者医療制度における拠出金および保険給付の適正化を目的に、健康保険法施行規則第50条に基づき、健康保険の被扶養者となっている方が、現在もその状況にあるかを確認させていただくため、毎年度、被扶養者資格の再確認を実施しております。
  令和2年度については、10月上旬から下旬にかけて、順次「被扶養者状況リスト」を事業主様へお送りいたします。提出期限は令和2年11月30日(月)です。

▽協会けんぽ「令和2年度被扶養者資格再確認について」詳しくはこちらから↓
https://heartcore-cms.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat590/info20721/


──────────────────────────────────────
【2】新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診について
──────────────────────────────────────
 新型コロナウイルス感染の懸念等により、医療機関の受診を控える傾向がみられます。一方で、持病の治療や予防接種・健診等による健康管理は、適切な健診と適切な受診が重要です。

▽厚生労働省「新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診について」詳しくはこちらから↓
https://kakarikata.mhlw.go.jp/corona/index.html


 協会けんぽでは、35歳以上の被保険者(お勤めの方)には「生活習慣病予防健診」を、40歳以上の被扶養者(ご家族の方)には「特定健康診査」として年度内お一人様1回に限り、協会けんぽが健康診断費用の一部を補助します。お得に健診を受診できますので、ぜひご活用ください!

▽協会けんぽの健康診断についてはこちらから↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat405/sbb3102/info20131/

▽被保険者(お勤めの方)の健康診断についてはこちらから↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat040/20131205-15/20140225-1

▽被扶養者(ご家族の方)の健康診断についてはこちらから↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat040/20140206-4/tokuteikensin20130417/


──────────────────────────────────────
【3】健康経営ライブオンセミナー「新しい働き方と健康づくり」のお知らせ
──────────────────────────────────────
 大塚製薬株式会社・中小企業健康経営推進協議会の共催による健康経営ライブオンセミナー「新しい働き方と健康づくり」の開催をお知らせします。
 【日時】2020年11月18日(水) 14:00~16:00
【募集期間】2020年9月18日(金)~11月16日(月)
先着1,000名様(参加無料)
 【対象】中小企業経営者・企業健康づくり担当者・自治体担当者

▽健康経営ライブオンセミナー「新しい働き方と健康づくり」の詳細・申し込みはこちらから↓
https://opnc.info/lk0129

 皆様の事業所も、この機会に健康経営を始めてみませんか?
経済産業省により制度設計された「健康経営優良法人」の認定の申請が始まっています。協会けんぽ茨城支部加入事業所で「健康経営優良法人2020」の認定を受けた事業所は大規模法人部門で3社、中小規模法人部門で28社です。

▽経済産業省「健康経営優良法人」について詳しくはこちらから↓
https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin_shinsei.html


──────────────────────────────────────
【4】「元気アっプ!リいばらき」でウォーキングキャンペーンを開催します
──────────────────────────────────────
茨城県公式健康アプリ「元気アっプ!リいばらき」を活用したグループ対抗ウォーキングキャンペーン「―walk together―」を11月から1か月間開催します。期間内のグループ間での取り組みで順位を競い、ランキングに応じてポイントを取得できます。一緒に働く職場の皆さんでぜひご参加ください!イベントの詳細は、アプリ上でお知らせ予定です。
【実施期間】2020年11月1日~11月30日
【対象】元気アっプ!リいばらき利用者のうち、企業・団体IDを登録し、いずれかのグループに所属している方
※アプリ内のアカウント設定にて企業・団体IDの入力を行う必要があります。企業・団体IDが未取得の場合は、県にて申請が必要です。

▽茨城県公式健康アプリ「元気アっプ!リいばらき」についてはこちらから↓
https://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/chofuku/kenkou/healthcare/healthcare-top.html


──────────────────────────────────────
【5】退職等による資格喪失後に保険証は使用できません
──────────────────────────────────────
退職したときや被扶養者の方が扶養解除になったときなど、協会けんぽの加入者でなくなった場合は、保険証が使用できなくなります。なお、使用できない保険証で医療機関を受診された際は医療費を返還いただくこととなります。

≪保険証が使用できなくなる日(資格喪失日)について≫
■会社にお勤めの方(被保険者)
・退職日の翌日
・75歳の誕生日

■退職後の任意継続健康保険の被保険者の方
・任意継続健康保険に加入した日から2年経過した日
・再就職等で新たな健康保険に加入した日
・納付期限内に保険料を納められなかった場合は、納付期限の翌日
・75歳の誕生日

■被扶養者(ご家族)の方
・就職された場合や一定の収入を超えたことにより被扶養者でなくなった日
・75歳の誕生日

≪ご注意ください!≫
被保険者ご本人が資格喪失した場合には、被保険者の方と同日から被扶養者の方も保険証が使用できなくなります。

被保険者の資格を喪失したとき、またはその被扶養者でなくなったときは、5日以内に保険証を事業主に提出してください。(任意継続被保険者の方は、全国健康保険協会茨城支部に返納してください)

▽退職後の健康保険についてはこちらをご覧ください↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3070/r147/


──────────────────────────────────────
【6】健康コラム ≪ 秋の味覚でビタミンDを摂取しよう ≫
──────────────────────────────────────
こんにちは。管理栄養士の芦ケ谷です。
 日照時間が短くなると、皮膚で合成されるビタミンDの量が減る事をご存知ですか?食事摂取基準によりますと、18歳以上の男女ともに、1日の摂取目安量は5.5マイクログラムと設定されています。5.5マイクログラムを生産するための日照曝露時間は、茨城では7月の午前9時で5.9分、12月では午前9時で106分です。夏と冬では約100分の差があります。
 ビタミンDはカルシウムの吸収を促進し、骨の形成と成長を促しますので大切です。そのため、冬場のビタミンDは食事から補う必要があります。ビタミンDは、舞茸、鮭、秋刀魚などに多く含まれています。干しシイタケは、天日干しならビタミンDは多く含まれていますが、乾燥は日光に当たらず水分だけが抜けている状態なので、ビタミンDは増えていません。お買い物の時に製造方法をよくご確認ください。ご自宅でシイタケを天日干しにする場合は、シイタケの傘の白い部分が日光に当たるようにして下さいね。
 きのこ類、鮭、秋刀魚などは、ちょうど秋が旬です。その時期に採れた物を食べる事は、まさに体に合っていますね!旬の時期のものは、栄養価も高く、たくさん出回るのでお財布にも優しいです。ぜひ秋の味覚を堪能しましょう♪健康づくり応援しています。


──────────────────────────────────────
【7】協会けんぽクイズ
──────────────────────────────────────
今月号は「事業者健診結果の提供」についてです。
 Q:次の空欄に当てはまる正しい言葉はどれでしょうか。
  協会けんぽから、「定期健康診断」などのいわゆる事業者健診結果の提供を求められた場合、事業主は、被保険者の健診結果票を〇〇〇・・・。
① 提供しなければならない。
② 提供するよう努めなければならない。
③ 提供しなくてもよい。

答えはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat130/201907171502/#zigyousyakensin

========================================
 あとがき
 夏の蒸し暑さが終わり、朝晩が冷え込むようになりました。昼間との気温差が大きいため、この季節になるといつも着ていく服を悩んでしまいます。気温の変化に注意しながら、体調に気を付けてくださいね。

 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]