閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
茨城支部

バックナンバー第103号(2020.5.10発行)


第103号 - 2020年5月10日(日)発行 
======================================
◇◆  ◆◇◆                           ◇◆◇  ◆◇
         協会けんぽ茨城支部メールマガジン 第 103 号
◇◆  ◆◇◆                                 ◇◆◇  ◆◇
======================================
 こんにちは!協会けんぽ茨城支部です。
 このメールマガジンで毎号紹介しております「季節の健康情報」、「季節の健康レシピ」ですが、今年度リニューアルを予定しております。5月中旬以降からホームページに掲載開始となるため、メールマガジンでは次号からのご紹介とさせていただきます。今号ではお休みさせていただきますのでご了承ください。

********************* 目 次 *********************************************
【1】新型コロナウイルス感染症予防のため、お手続きは郵送をご利用ください
【2】新型コロナウイルス感染症に関する情報について
【3】インセンティブ制度について
【4】なくそう!望まない受動喫煙
【5】医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証をご利用ください
【6】≪健康づくり推進事業所限定≫特典のお知らせ
【7】健康コラム ≪禁煙≫
【8】協会けんぽクイズ
****************************************************************************

──────────────────────────────────────
【1】新型コロナウイルス感染症予防のため、お手続きは郵送をご利用ください
──────────────────────────────────────
 新型コロナウイルス感染症への感染のおそれを軽減する観点から、任意継続、限度額適用認定証、傷病手当金などの各種お手続きに関しては、極力郵送にてお手続きいただきますようお願いいたします。
また、ご相談等につきましても、お電話にてご相談いただきますようお願いいたします。
加入者・事業主の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

▽ホームページからの申請書のダウンロードはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2/

▽申請書ネットプリントのご案内はこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2/cat270/

▽茨城支部の連絡先はこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat020/2561-1651/


──────────────────────────────────────
【2】新型コロナウイルス感染症に関する情報について
──────────────────────────────────────
 新型コロナウイルス感染症については、さまざまな機関から情報が発信されています。働く方と経営者の皆様への支援などについては厚生労働省や茨城県ホームページでも情報が発信されておりますのでご確認ください。なお、協会けんぽホームページでは、新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の支給についてお知らせしています。

▽新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)↓
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#houshin

▽新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報(茨城県)↓
https://www.pref.ibaraki.jp/1saigai/2019-ncov/index.html

▽新型コロナウイルス感染症に係る傷病手当金の支給についてはこちらをご覧ください↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/r2-3/2020031001/

▽傷病手当金の手続き方法や支給要件などの詳細についてはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139/


──────────────────────────────────────
【3】インセンティブ制度について
──────────────────────────────────────
 平成30年度より、協会けんぽでは加入者及び事業主の皆様の健康づくり等に関する取組みに応じてインセンティブ(報奨金)を付与し、ご負担いただいている都道府県支部ごとの保険料率に反映させる、「インセンティブ制度」を導入しています。
加入者・事業主の皆様の健康づくりに関する取組・行動が評価される仕組みとなっており、令和2年度の取組は、令和4年度の茨城支部保険料率に反映される予定となります。
茨城支部でも、皆様の取組を全力でサポートさせていただきますので、今後とも積極的な健康づくりへの取組にご協力をお願いいたします。

▽インセンティブ制度についてはこちらをご覧ください↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat080/201803201445/


──────────────────────────────────────
【4】なくそう!望まない受動喫煙
──────────────────────────────────────
 2018年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、2020年4月1日から全面施行されています。これにより、望まない受動喫煙を防止するための取り組みは、マナーからルールへと変わりました。

▽受動喫煙対策について詳しくはこちら(なくそう!望まない受動喫煙)↓
https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/

▽茨城県のたばこ対策について詳しくはこちら(茨城県ホームページ)↓
https://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/yobo/zukuri/yobo/kinen-bunen-top/kin-en-bun-en16.html


──────────────────────────────────────
【5】医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証をご利用ください
──────────────────────────────────────
 医療機関等の窓口でのお支払いが高額な負担となった場合は、あとから申請いただくことにより自己負担限度額を超えた額が払い戻される「高額療養費制度」があります。
しかし、あとから払い戻されるとはいえ、一時的な支払いは大きな負担になります。
「限度額適用認定証」を保険証と併せて医療機関等の窓口に提示すると、1ヵ月 (1日から月末まで)の窓口でのお支払いが自己負担限度額までとなります。

▽限度額適用認定証について詳しくはこちらから↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3020/r151/


──────────────────────────────────────
【6】≪健康づくり推進事業所限定≫特典のお知らせ
──────────────────────────────────────
 協会けんぽ茨城支部の「健康づくり推進事業所」として認定を受けている事業所様限定で、出前健康講座や健康測定機器の無料レンタル等を行っています。

▼出前健康講座一覧
・「お口の健口教室」
・「お薬と健康教室」
・「令和2年度 健康セミナー」
※対象条件などは講座によって異なりますので、茨城支部のホームページをご覧ください。

申込方法:協会けんぽ茨城支部のホームページにて、各講座の申込書を印刷いただき、FAXにてお申込みください。

▼健康測定機器レンタル
血管年齢測定器・骨健康度測定器の無料貸出を行っております。
定員:100社(先着順)

申込方法:協会けんぽ茨城支部のホームページにて「健康測定機器レンタル」申込書を印刷いただき、FAXにてお申込みください。

▽協会けんぽ茨城支部「健康づくり推進事業所認定特典」についてはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat070/20190204/201902050854


※特典を受けるためには、協会けんぽ茨城支部の「健康づくり推進事業所」として認定を受けている必要がございます。まだ認定を受けていない事業所様は、まずは「健康づくり推進事業所」の宣言をお願いいたします!

▽協会けんぽ「健康づくり推進事業所認定制度」について詳しくはこちらから↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat070/20190204/201902041731


──────────────────────────────────────
【7】健康コラム ≪禁煙≫
──────────────────────────────────────
 こんにちは。保健師の深谷です。
 5月31日は「世界禁煙デー」です。

 茨城県では禁煙治療の助成を実施している自治体があります。
 2016年には牛久市、2017年は龍ケ崎市、さらに2020年4月からは、つくば市が禁煙外来の治療助成を開始しています。
 つくば市の詳しい内容を調べますと、禁煙外来治療費の1/2を助成するそうです。(上限1万円)
対象者は1~5を全て満たしていることが必要です。
1. つくば市内に住所を有し、つくば市に居住している方
2. 禁煙を希望する方
3. 妊婦、又は「妊婦または18歳以下の子供と同居」している方
4. 禁煙外来治療を受け、定められた治療過程が終了した方
5. 市税等を滞納していない方
※禁煙外来の費用3割負担の場合、飲み薬コース約2万円、パッチコースで約1万3千円です。これらの半額が助成されるのですね。

 望まない受動喫煙の防止を目的に改正健康増進法が2018年7月に成立しました。
 この改正法により、学校・病院等には2019年7月1日から原則敷地内禁煙(屋内全面禁煙)となり、飲食店・職場等には2020年4月1日から原則屋内禁煙が義務付けられました。
 望まない受動喫煙を防止する取り組みは、マナーからルールへと変わっています。

 やめたくてもやめられないあなたは「ニコチン依存症」という病気です。禁煙できないのは、自分の意思が弱いせいではありません。禁煙外来は禁煙をサポートしてくれます。
 この機会に禁煙にチャレンジしてみましょう。

──────────────────────────────────────
【8】協会けんぽクイズ
──────────────────────────────────────
今月号は「ジェネリック医薬品」です。
 Q. ジェネリック医薬品の特徴として当てはまるのは?

① 経済性に優れ、患者さんの負担が軽減できる
② 品質、有効性、安全性は新薬と同等である
③ 飲みやすさなど患者さんに優しい製剤工夫がされているお薬もある


答えはこちら↓
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/ibaraki/cat130/201907171502/#ge

========================================
 「禍」という漢字をよく目にするようになりました。読み方は「か」、「わざわい」、「まが」であり、「禍々しい」などの言葉で使われます。対義語は「福」であり、ことわざとして「禍を転じて福と為す」があります。意味は「厄介ごとが一転して幸せの種に転じる様子」です。新型コロナウイルスの禍が福に転じる日を信じて、今はみんなが自分のできることで協力していきましょう。

 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]