ページ上部です

メールマガジン バックナンバー (第91号)

こんにちは!協会けんぽ兵庫支部です。
新元号となり初めてのメールマガジンです。新しい時代に対応していけるよう、素早い情報提供に努めてまいります。毎号健康情報を盛りだくさんでお届けいたしますので、最後までお読みください。

§ 令和元年5月号 INDEX §
【1】 健康経営セミナーのご案内
【2】 家庭・職場で役立つ!健康保険情報 ~療養費(立替払)について~
【3】 保健師「桜」の健康情報 【Part57】♪♪♪
【4】 5月の健康情報、健康レシピ♪♪♪

*:・。☆。・*:・。☆。・*:・。☆。・*:・。☆。・*:・。☆。・*

【1】 健康経営セミナーのご案内

先月のメールマガジンでもご案内いたしました健康経営セミナーは、残席わずかです!

「従業員の健康が企業業績に直結する時代に」と題して、株式会社ミナケア代表取締役 山本雄士氏にご講演いただきます。また健康経営優良法人2019に認定された事業所様より健康経営の取組事例をご紹介いただきます。

本日、5月10日(金)を申込み締切日としていますが、若干の余裕があるため今からでもお申込みいただけます!残席が少ないため、席が埋まり次第締め切りといたします。あらかじめご了承ください。

▼「健康経営セミナー」についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/shibu/hyogo/cat070/20190328002


【2】 家庭・職場で役立つ!健康保険情報 ~療養費(立替払)について~

健康保険に関する役立つ情報をお届けするこのコーナー!
今回は「療養費(立替払)について」をお届けします。

医療機関で保険証を提示できなかったとき…基本的には全額自己負担となります。(保険証を提示したときは自己負担が2割~3割となります。)

◎保険証を提示できなかったときの具体例
・保険証を紛失してしまった。
・出先にて緊急で病院に行くことになった。
・就職したばかりで保険証の手続き中だった。
etc.…

医療費を全額自己負担されたときは、あとからご申請いただくことで、払い戻しを受けることができます。※「療養費」という給付金になります。

▼「医療費の全額を負担したとき」について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3110/r137

払い戻しは、専用のお申込用紙にてご申請ください。
▼「健康保険療養費支給申請書(立替払等)」はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2/cat230/r56

▼療養費支給申請のポイントについてはこちら(PDFファイル)
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/hyogo/2014051202/201812ryouyou.pdf


【3】 保健師「桜」の健康情報 【Part57】♪♪♪

40歳を超えたら取り組もう歯の健康「知っていますか?オーラルフレイル」

最近、高齢者の介護の現場で「オーラルフレイル」が話題になっています。
「なーんだ、今回は高齢者の介護の話題か~?しばらく関係ないわ、読まんとこ~。」と、思わないでください!

オーラルフレイルとは、「口の中の虚弱状態」と訳すことができます。
歳を取っても、歯や口の中の機能が残っている人は、生活機能も高いということがわかってきています。たとえば、歳を取っても歯がある人のほうが、認知症になりにくい、転倒する回数が少ない、肺炎になりにくい、寿命が長くなる・・・などの現象が、高齢者に対する研究で続々と明らかになっています。
「たかが歯ではなく、されど歯」なのです。歯は無くしてしまってからでは、取り戻すことができません。今あるお口の中の環境をいかに良い状態に保ち続けるかによって、寿命までが変わってくるというのは、衝撃的です。
オーラルフレイルの予防には、早い段階から取り組むことが重要です。40歳を超えたら意識しましょう。若い頃と違って、食事の後で頬と歯の間に食べ物のカスが残ったりしていませんか?歯と歯の隙間に食べ物が挟まって気になることも増えていませんか?
これは、加齢現象や歯肉炎により、歯を支える土台となる歯肉が痩せてきている証拠です。残念ながら、若い時と同じような歯磨きだけでは不十分なのです。
ひとまず、毎日の歯磨きの後に、歯間ブラシや糸ようじ(デンタルフロス)を足してみませんか?通常の歯磨きの後、すべての歯と歯の間に歯間ブラシを通してみてください。意外と気になっていないところからも、食べかすが出てきて、びっくりします。
また、歯医者さんに3か月に1回、定期的に通って、歯石を取ってもらうのも良い方法です。歯石は毎日の歯磨きでは取ることができません。
30代40代から始めても決して早くはありません。将来のご自身の歯に今から少しの手間とお金を投資すること。これがゆくゆくはお金がかからない健康寿命を伸ばすことに繋がります。


【4】 5月の健康情報、健康レシピ♪♪♪

▼5月の健康情報「はじめよう 未病対策」
・未病とは?
・年に一度の健診でチェック
・未病対策は健康寿命をのばすための大切な視点
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h31/31050101

▼5月の健康レシピ「温野菜サラダ」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h31/31050102