ページ上部です

メールマガジン バックナンバー (第89号)

こんにちは!協会けんぽ兵庫支部です。
少しずつ暖かくなってきましたね。春までもう少しです!

  § 平成31年3月号 INDEX §
【1】 退職後の健康保険(任意継続健康保険)のご案内
【2】 家庭・職場で役立つ!健康保険情報 ~第三者行為について~
【3】 保健師「桜」の健康情報 【Part56】♪♪♪
【4】 3月の健康情報、健康レシピ♪♪♪

*:・。☆。・*:・。☆。・*:・。☆。・*:・。☆。・*:・。☆。・*

【1】 退職後の健康保険(任意継続健康保険)のご案内

お勤め先を退職などして健康保険を脱退したあとは、それまでお使いだった保険証はお使いいただけません。

退職後の健康保険には、次のような種類があります。
①国民健康保険 ②協会けんぽの任意継続健康保険 ③ご家族の健康保険(扶養のご家族様となる)

毎月納める保険料の額などについて比較のうえ、選択いただくことになります。
※なお、条件等は加入保険者にご確認ください。

退職後の健康保険について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3180/1979-62524

★任意継続の手続きをされる場合は、退職後20日以内に「任意継続被保険者資格取得申出書」を協会けんぽに提出いただく必要がありますのでご注意ください。
※平成30年度10月より被扶養者に関する添付書類が変更になりました。ご確認ください。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/h30-9/20180928001

▼「任意継続被保険者資格取得申出書」はこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2/cat240/r55

▼保険料と納付方法についてはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3180/sbb3180/1978-6172

※標準報酬月額の上限が4月から変更となります。
変更前:28万円→変更後:30万円


【2】 家庭・職場で役立つ!健康保険情報「第三者行為について」

みなさまは、お持ちの保険証で医療機関を受診するとき、保険証が使えないケースや書類の提出が必要になる場合があることをご存じでしょうか。

交通事故や喧嘩など第三者の行為によるケガで、健康保険で治療を受けたときには協会けんぽに届出が必要です。
(ご注意を!)業務災害や通勤途上の場合には健康保険は使用できません。労働基準監督署にお問い合わせください。

・なぜ届け出が必要?
第三者が関係するケガの治療費については、本来、加害者(※)が負担するのが原則です。
しかし、健康保険で治療を受けた場合には、加害者が負担すべき医療費を協会けんぽが立て替えて負担することになります。
そのため、健康保険で支払った医療費を後日協会けんぽから加害者に請求するために「第三者等の行為による傷病届」が必要となります。

※「被害者」「加害者」については、過失の大小ではなくケガをされた方=被害者、相手方=加害者として届け出いただくことになります。

▼第三者等の行為による傷病届について詳しくはこちら
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat315/sb3060/r143



【3】 保健師「桜」の健康情報 【Part56】♪♪♪

皆さま、こんにちは。保健師の桜です。
今年も花粉症のシーズンがやってきました。
くしゃみ鼻水、目のかゆみと不快な症状が起きてきますね。
スギは日本特有の木です。
スギは中国の一部にもありますが、その数は日本と比べると少なく、スギの花粉症は日本特有のアレルギーと考えられます。
自分でできる花粉症の予防と症状緩和を心がけたいですね。

[花粉症のメカニズム]
空気中に飛散している花粉が体内に侵入すると、リンパ球(体を守るための細胞)が花粉を異物のアレルゲン(アレルギー原因物質)であると判断します。
アレルゲンと判断したら体内で異物に対する抗体(免疫グロブリンIgE)を産生します。
人間の体はアレルゲンを攻撃するための抗体を作って攻撃準備を整えます。
産生された抗体は目や鼻の粘膜になる肥満細胞と結合し、一定量の抗体が産生、蓄積された時に花粉症が侵入すると花粉症が発症します。
抗体が肥満細胞と結合し、化学物質(ヒスタミン、ロイコトリエンなど)が分泌され、異物をできる限り、体外に排出しようとします。
その結果としてくしゃみ、鼻水、鼻詰まりのような症状が出ます。
ヒスタミン  :神経に作用 → くしゃみ、かゆみ
        分泌腺に作用→ 鼻水、涙
ロイコトリエン:血管に作用 → 鼻詰まり、目の充血

花粉症対策の基本
花粉症の症状を軽くするためには治療と共に花粉が体に入ってこないように注意したり、工夫することが大切です。
・花粉情報をチェック
テレビやインターネットで気象情報や花粉情報を入手する。
・外出を控えめにする
花粉飛散の多い日は特に注意が必要。
1日のうち飛散の多い時間帯(午後1時~3時頃)の外出もなるべく控えましょう。
・外出時は完全防備
帽子、メガネ、マスクなどを身に着けて、コートなどもツルツルした素材のものを選択するように心がけましょう。
・帰宅時は玄関でシャットアウト
衣服やペットなどについた花粉は、キチンと外で払って玄関でシャットアウトする。
・帰宅後は洗顔やうがいをする
体についた花粉は洗い流す。
・ドア、窓を閉める
花粉の飛散が多いときはキチンとドアや窓を閉めて、花粉の侵入を防ぐ。
・掃除はこまめに
防いでいるつもりでも、室内にはかなりの花粉が侵入しているので掃除を行う。
床がフローリングであれば毎日拭き掃除を行うと効果的です。
・布団を外に干さない
外に干すと花粉がつくので、布団乾燥機などを利用する。
布団乾燥機などがなく、どうしても干したい時には花粉の飛散が少ない午前中に干し、取り入れるときにははたいて、表面の花粉を掃除機で吸い取る。
・枕元の花粉を拭き取る
床の上だけでなく、ベッドにも花粉はたまっています。寝ている間に吸い込まないように寝る前に枕まわり1mくらいを濡れティッシュや濡れタオルで拭く。
・お風呂やシャワーで花粉を流す
お風呂やシャワーは朝に入るという人もいますが花粉の季節には花粉をしっかり洗い流してから布団に入るようにしましょう。
・空気清浄機を活用する
睡眠時に空気清浄機を利用することもぐっすり睡眠をとるポイントとなります。

花粉症対策の基本を意識して、症状の緩和をこころがけたいですね。
また、花粉症の季節にはダメージを受けている目や鼻をいたわってあげることも忘れずにお過ごしください。



【4】 3月の健康情報、健康レシピ♪♪♪

▼3月の健康情報「よく噛んで、ずっと元気に!」
・よく噛むとどうなるの?
・噛むことの効果と秘訣
・よく噛むためにお口のケアも大切です
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h30/310301001

▼3月の健康レシピ「焼き酢豚」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h30/310301002