ページ上部です

広島支部のデータヘルス計画

 働く人々の健康増進を効果的に実施するためには、事業主とのコラボヘルス(連携)がとても重要になります。

 

 一方、事業主の皆様方は、昨今の人手不足などから、従業員の健康増進の必要性及び重要性を強く意識していますが、自社の健康課題や具体的な取組み方法が分からない事が多いものです。

 

 そこで、まずは健診・保健指導等の基礎データにより事業所毎の健康課題を「見える化」できるツール、「ヘルスケア通信簿」を開発しました。

 広島支部が事業所毎の健康課題に対応する保健事業の提案を行い、事業主の皆様方と協働で保健事業を実施いたします。

詳しくはこちらから  概要版  総合版 (PDF)