ページ上部です

福島県経済三団体と「健康経営Ⓡの普及を目指した相互連携に関する覚書」を締結しました

平成27年3月27日に協会けんぽ福島支部は、福島県商工会議所連合会、福島県商工会連合会、福島県中小企業団体中央会(以下、「福島県経済三団体」と言います。)と事業連携に関する覚書を締結しました。

 

目的

福島県経済三団体と協会けんぽ福島支部が相互に連携及び協力を行い、福島県内の企業に従事する従業員の健康増進・健康寿命の延伸を目的に、健康経営Ⓡの普及を目指します。

(「健康経営Ⓡ」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です)

 

覚書締結式を行いました

平成27年3月27日に、事業連携に関する覚書締結式を行いました。

  • 日時:平成27年3月27日(金曜日) 午前10時00分から
  • 場所:コラッセふくしま
  • 締結者
    福島県商工会議所連合会   会長  渡邊 博美
    福島県商工会連合会     会長  轡田 倉治
    福島県中小企業団体中央会  会長  内池  浩 (代理人 副会長 鈴木 義仁)
    協会けんぽ福島支部     支部長 齋藤 博典 

    
                  四者で意思統一をはかりました 

 

今後の主な取組みについて   

事業主による「健康事業所宣言」事業

平成27年度から福島県、福島県経済三団体、福島労働局、連合福島、提携金融機関と協力連携し「事業主による『健康事業所宣言』事業」をスタートします。
平成27年4月10日(金曜日)に記者会見を開催し、同日付で詳細を発表いたします。