ページ上部です

三本杉ジオテックさまへ支部長が訪問(「ふくしま健康経営優良事業所」表彰事業所)

「健康経営」が福島県内に広まるよう、協会けんぽ福島支部では福島県や関係機関と連携して健康づくり事業に取り組んでいます。

先日、福島県の「ふくしま健康経営優良事業所」に認定され、さらに優秀な事業所さまということで表彰された事業所さまへ協会けんぽ福島支部長が訪問し、事業主さまへ受賞後の感想や今後の取り組みなどについて伺ってまいりました。



株式会社三本杉ジオテックさま(「福島民友新聞社賞」受賞)

  • 本社:福島市
  • 代表取締役:三本杉 裕さま
  • 従業員数:15名(受賞時)
  • ホームページアドレス
    http://www.sanbonsugi-geotec.co.jp/ (新しいウインドウで開きます)


三本杉ジオテックさま社屋
三本杉ジオテックさま社屋


代表取締役 三本杉さまと福島支部長
代表取締役 三本杉さま(左)と協会けんぽ福島支部長の齋藤(右)

 

主な取り組み内容など

・バランスボールによるデスクワーク試験導入

・体力測定の実施

・昼休みを利用した卓球の実施

・福島県「空気のきれいな施設」認証

・インフルエンザ予防接種の補助

・保健師、理学療法士などによるセミナー実施

・経済産業省・日本健康会議「健康経営優良法人2017、2018」取得

 

 

懇談の様子

代表取締役 三本杉 裕さまに懇談のお時間を設けていただきました。大変お忙しいところありがとうございました。



協会けんぽ福島支部長(以下「福島支部長」):
三本杉ジオテックさまは経済産業省・日本健康会議が主催する「健康経営優良法人2017、2018」や、県の各種認定など、「健康経営」に関する各種認定を積極的に取得されています。また、「健康経営」の取り組みでも、デスクワーク時に椅子の代わりにバランスボールを使用する、昼休みに卓球を実施するなど、非常に広範囲にわたっての取り組みをされています。
「健康事業所宣言」事業の開始当初より積極的に健康づくりに取り組んでおられるのを存じ上げていたため、今回の表彰を大変うれしく思います。
そもそも「健康事業所宣言」にエントリーいただいたきっかけをお聞かせください。

 

卓球コーナーを設置
旧社屋を改修し、卓球コーナーを設置

 

三本杉ジオテック 三本杉社長(以下「三本杉社長」):
当社は建設業でも地質調査という特殊業務を行っています。
そのため、専門的な知識を持った技術者が必要であり、そのような技術を持った社員に可能な限り長く勤めていただきたいと考えています。
前社長の頃から働きやすい職場づくりに取り組み、社員の健康が大切だということで、健康づくりにも力を入れてきました。当社には80歳を超えて元気に働いている者もおります。
協会けんぽの「健康事業所宣言」は、宣言することで、社員の健康づくりに対する意識がさらに高まるのではないかという期待があり、エントリーをさせていただきました。

福島支部長:今回、県の表彰を受けられたわけですが、どのような点が評価されたと思われますか?

三本杉社長:
健康づくりに関する取り組みや環境・制度の整備を続けたことだと思います。
年度ごとの経営計画に、健康づくりの実施を盛り込んでいます。そのためか、社員が自発的に自分の健康づくりを行ったり、社員からのアイデアを取り入れる機会に恵まれたりしました。他の経営者の方から「発言しやすい雰囲気を作っているのが良いのでは」という声をいただくのですが、社員から様々なアイデアを出してもらえてとても助かっています。

福島支部長:担当の保健師の報告を聞くと、トップダウンと、ご担当者さまの積極的な意見との、双方のバランスが取れた活動ができているのだと感じます。
取り組みを通じて、従業員の皆さまの意識の変化ですとか、何か効果を実感できたことはありますか?

三本杉社長:
運動を積極的に行う社員が増えました。
自分の健康を客観視する機会ができたことから、食事や運動に気を使い始め、結果として健診の数値が改善したという社員がいます。
また、卓球のマイラケットを購入したという社員からの報告もあり、社員自らの気付き・改善のための行動などが他の社員に伝染していけば良いなと思います。
また、今回の表彰に関する新聞報道を見て、他の経営者から声がかかったり、近所の方から「どのバランスボールが良いのか」と声をかけられた社員もいます。

福島支部長:バランスボールはどういったものがお勧めでしょうか(笑)
私どもでも取り入れてみたいと思います。

三本杉社長:
サイズは数種類ありますが、65cmのタイプがお勧めです。空気の量を調整することで、机の高さに合わせることができます。
当初は総務の職員のみで実施していましたが、表彰後は全社に導入しました。70歳代の会長も使用しており、「色んな筋肉を使う」と感想を言っております。
多くの事業所さんに紹介していただき、健康づくりが広まっていったら嬉しいです。

 

バランスボール実践中の従業員さま
バランスボール実践中の従業員さま

 

福島支部長:健康経営について、今後の目標をお聞かせください。

三本杉社長:
運動の実践はこのまま継続して、次はメンタルヘルスケアに力を入れたいと考えています。
メンタルヘルスは難しい面があると思うのですが、自分の経験なども活かすことができたら良いなと思います。
また、他社の良い事例なども取り入れていきたいです。

福島支部長:
メンタルヘルスケアの取り組み事例で、社員通用口にホワイトボードを設置し、各従業員に出勤時と退勤時に体調を○△×で書いてもらう、という事業所さんの話を聞いたことがあります。
△を書いた従業員さんに、社長さんが声をかけるといった取り組みをされているそうです。

三本杉社長:
とても良い取り組みですね。これからも健康づくりを続けていくうえでも、他社の取り組みを紹介してもらえたら参考になります。

福島支部長:今後とも多くの事例を紹介していきたいと考えています。

懇談の様子 懇談の様子
三本杉社長との懇談の様子

 

福島支部長:三本杉社長が実践している健康習慣はなにかありますか?

三本杉社長:
以前はウオーキングや筋トレを本格的に行っていたのですが、社長に就任してからは時間が取れず、実施することがなかなか難しい状況です。
ほどほどの飲酒とバランスの取れた食事を心掛けること。あとは、体組成計で体の状態を確認するようにしています。
余裕が出てきたら、筋トレ等を再開したいと考えています。

福島支部長:最後に、これから健康経営を考えている事業主さまへアドバイスをお願いします。

三本杉社長:
社長自らが健康経営を宣言することが大事だと思います。
経営計画に明記することで社員の意識も変わってくると思います。
あとは、すぐに導入・実践できそうなことから始めると良いと思います。例えば足裏を刺激するマットを机の下に置くですとか、バランスボールでも良いと思います。

福島支部長:我々も、企業の「健康経営」の力になれればと思います。ありがとうございました。

 

三本杉社長さまとご担当菅野さま
三本杉社長さま(左)と健康事業所宣言ご担当の菅野部長代理さま(右)

 


バランスボールを試してみました

お話を伺った後、支部長の齋藤がバランスボールを購入してまいりました。

 

バランスボール実践

 

試してみたほかの職員からも「腹筋や背筋に効きそう」「けっこういい運動になる」などの声がありました。
普段、デスクワークが多い職場に有効かもしれません。


 

御社でも「健康経営」始めてみませんか?福島県内で1,209社がエントリー中です!(平成30年11月末現在)

今日から始める健康事業所宣言



※「健康経営」は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です