ページ上部です

メールマガジン 第109号 令和2年6月20日発行

*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*

協会けんぽ 福岡支部メールマガジン   第109号   2020年6月20日発行

*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*
みなさん、こんにちは! 『めん☆たい子』 です♪現在、緊急事態宣言は解除されたものの油断はできない状態が続いていますね。ところで、みなさん「アマビエ飴」をご存じですか?これは新型コロナウイルス感染症の一刻も早い終息を願い、疫病から人々を守ってくれるとされる妖怪をかたどって作られた飴の名称です。今とても人気らしいですね♪思いを込めて作られたものは、ほっと心が温まり勇気づけられることが多いですよね♪コロナにも雨にも負けず6月も元気に乗り越えていきましょう!それでは今月も情報盛りだくさんでお送りします☆
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ 目次 ★
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1. おっしょい!!健康情報
― 『睡眠に満足していますか』 ―

2. おすすめの健康レシピ
― マグロの浸け ― 

3.新たなコンテンツ「知っトク!医療保険情報」をお届け!
 
4. 協会けんぽからのお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――--
1. おっしょい!!健康情報 ― 『睡眠に満足していますか』 ―
 
 保健師の『スカイブルー』です。慣れないコロナ対策の日々で気を使い、そろそろ気分的にも疲れが出ている人もいるかもしれません。また、気温が上がって睡眠の環境も変わってくる時期です。今回は睡眠について考えてみましょう。

<睡眠とは>
周期的に繰り返す意識を喪失する生理的な状態のことを睡眠と言います。人間の3大欲求のひとつとされています。
 人間にとっての最も良い睡眠時間は、諸説ありますが約7時間といわれています。短くとも6時間は確保しないと、日常生活に支障が出てくる場合が多くなります。

<不眠度チェック>
 以下の8項目の質問で、過去1か月間に少なくとも週3回以上経験した項目が複数あって、日常生活に影響があると感じたら、医師に相談することも大切です。
 ○寝つき(布団に入ってから眠るまでに要する時間)が、いつもより時間が
かかるようになった
 ○夜間、睡眠途中に目が覚めてかなり困ったり、まったく眠れないことがある
 ○希望する起床時間よりかなり早く目覚め、それ以上眠れなかった
 ○総睡眠時間が、かなり・あるいは全く、足りなく感じる
 ○全体的な睡眠の質(睡眠時間の長さにかかわらない)に、かなり・あるいは非常に不満がある、または全く眠れなかった
 ○日中の気分(睡眠時間の長さにかかわらない)が、かなり・あるいは非常に滅入る
 ○日中の活動について(身体的および精神的)、かなり・あるいは非常に低下した
 ○日中の眠気が、かなり・あるいは激しくある

睡眠に関わる代表的な疾患として、不眠症・睡眠時無呼吸症候群(SAS)・
むずむず脚症候群などがあります。ひとりで悩まないで早めに医師(睡眠外来など)に相談しましょう。

<ゆっくりと気持ちよく眠りにつくために>
○睡眠のサイクルを固定しましょう。特に起床時間を同じにすると効果的
○朝起きたら、カーテンを開け、日光を浴びましょう
 体内時計は25時間と言われています。これをリセットするためには朝9時までの朝日を浴びることが大切。特に休日の朝寝坊のサイクルを取り戻すのに3日程度かかることもあります
○日光を浴びた後1時間以内に朝食をとりましょう
 朝食をとることも、身体のサイクルを整えるのにとても役立ちます
○寝る数時間前に入浴やストレッチなどを行いましょう
 体温を上げることで、眠りにつく時に体温が低下し眠りやすくなります
 ○寝る30分〜2時間前から室内の照明を暗くしてみましょう
○睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安心なので相談してみましょう
 寝酒は睡眠の質を落とし、肝臓や膵臓にも負担がかかります
○自分なりのリラックス法を持ちましょう
 心地よい音楽・ぬるめの入浴など、習慣にするのも効果的です

〜次回予告〜
今年も猛暑になる予報が出ており、次回は「熱中症」を予定しています。お楽しみに。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――-
2. おすすめ健康レシピ ―マグロの浸け―
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――-
良い睡眠のためには、食事も大きく影響します。睡眠に関係するメラトニンやセロトニンといったホルモンが体の中で働くためには、食べる時間も重要です。朝食をしっかり摂ることで、夜に睡眠を促すホルモンの分泌が活発になります。
朝食には、メラトニンやセトロニンの原料となり、必須アミノ酸のひとつであるトリプトファンが多く含まれる食事を摂ることがおすすめで、バナナや卵、乳製品、大豆製品、牛肉、カツオ、マグロ、ナッツ類などに多く含まれています。
また、人は眠りにつくときに深部体温が低下しますが、アミノ酸の一種であるグリシンはその働きを助けるため、入眠しやすくする働きがあります。また、睡眠のリズムを整える働きもあり、睡眠の質を向上させてくれます。グリシンは、エビ、ホタテ、イカ、マグロ、カジキ、タラなど、魚介類の動物性たんぱく質に多く含まれます。
これらの食材を積極的に食卓に取り入れてみてはいかがですか?

◆マグロの浸け(2人分)
【材料】              【栄養】(1人分) 
まぐろの刺身 : 200g     エネルギー      :189kcal
酒           : 大さじ2   たんぱく質      :25.8g
みりん      : 大さじ2   脂質                :1.0g
醤油                 : 大さじ2   炭水化物        :10.1g


・小鍋に酒とみりんを入れて火にかける
・粗熱がとれたら醤油を入れる
・刺身の柵をお好みの厚さに切り、タッパーかポリ袋に入れる
・タレを加え、冷蔵庫に寝かせる
 (目安:しっかり味なら一晩、あっさり味なら1〜2時間)

わさびや白ごま、シソ、ごま油、ネギなどお好みの薬味を合わせて食べてもおいしいですね。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3. 新たなコンテンツ「知っトク!医療保険情報」をお届け!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 協会けんぽのホームページで、知ってトクする医療保険制度に関するお知らせを始めました。
今後、毎月中旬頃に更新し、皆様にお届けしていきますので楽しみにお待ちください!      
協会けんぽホームページ→お役立ち情報→知っトク!医療保険情報→令和2年度

下のURLからもご覧いただけます!
☆「かかりつけ薬局」を活用しよう
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat525/r2/20615/


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4. 協会けんぽからのお知らせ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
今般の新型コロナウイルスへの感染のおそれを軽減するため、任意継続、限度額適用認定証、傷病手当金などの各種お手続きに関しては、今後も郵送をご利用ください。加入者の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

☆食生活改善のすすめ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/r2/20615_01/

☆医薬品使用状況(令和元年11月)を掲載しました
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g7/cat740/sb7200/sbb7203/19090204/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<広報誌> 福岡支部の広報誌等はこちらから
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/fukuoka/cat080/6846-10923

<申請書> 各種申請書のダウンロード
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<協会けんぽ 福岡支部>
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/fukuoka/

発行元:全国健康保険協会 福岡支部
住 所:〒812-8670 福岡市博多区上呉服町10-1  博多三井ビルディング9階
電 話:092-283-7621     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━