ページ上部です

メールマガジン 第107号 令和2年4月20日発行

*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*

協会けんぽ 福岡支部メールマガジン   第107号   2020年4月20日発行

*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*:・☆*:・☆・*

みなさん、こんにちは! 『めん☆たい子』 です♪現在、新型コロナウイルスによる「緊急事態宣言」に伴い、不安やストレスを感じている方が多くいらっしゃると思います。自分自身はもちろん大切な家族や友人の健康を守るためには、お家で過ごすことが1番ですね。この機会にお家で楽しめる趣味を増やして、新しい世界に触れてみるのも素敵ですよね♪手洗いうがい、マスクの着用などしっかり予防して乗り越えていきましょう!それでは今月も情報盛りだくさんでお送りします☆
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ 目次 ★
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1. おっしょい!!健康情報
―『お酒と上手につき合う方法 Part1』―

2. おすすめの健康レシピ
―アルコ-ルのお供、「枝豆」―

3.福岡支部加入者の生活習慣は男性と女性でどちらが良いのでしょう?

4. 協会けんぽからのお知らせ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――--
1. おっしょい!!健康情報 ―『お酒と上手につき合う方法 Part1』―
 
新年度を迎え、今月から健康情報担当を引き継ぎました保健師の『スカイブルー』です。空色が好きで、スキューバダイビングとチワワを愛でることが私の癒しです。これからもご愛読の程よろしくお願いいたします♪
バブルの時代に「○月は○○で酒が飲めるぞー♪」という歌が流行したことがあります。1年中何かしら理由をつけてお酒を飲もう!という、お酒大好きソングですよね。本来なら春は飲酒の機会が多い時期でしたが、今年はコロナウイルス感染予防のため自宅で晩酌などの「宅飲み」スタイル中心となりますね。この機会にお酒と上手につきあう方法を考えてみましょう。

<お酒のよい効果>
 適量であれば、善玉コレステロールを増やす、ストレスや人間関係の潤滑油、疲れを癒すなどの効果が期待できます。
しかし本来アルコールは体にとっては「毒」なので、飲みすぎると体を害してしまいます。

<晩酌の適量とは>
1日の晩酌の適量は純アルコール約20g相当と言われています。
   純アルコール量(g)の算出
   飲んだ量(ml)×度数(16度なら0.16、15%なら0.15)×0.8

 純アルコール20g(1日の適量)の目安
日本酒・・・1合
ワイン・・・220ml
ビール・・・500ml
ウイスキー・・・60ml
焼酎・・・100ml 

 また、この純アルコール20g相当を体内で分解するのに4~5時間かかります。次の日運転や仕事の予定がある方は、影響が出ないよう飲酒量や飲み終わる時間を検討しましょう。
 
<飲酒が体におよぼす害>
 ○血圧を上げる 
 ○食道がんや咽頭喉頭<のどの奥の部分>がん
 ○脂肪肝・肝炎・肝硬変(アルコールの毒を処理する肝臓への影響は大きく、脂肪肝が起こり、悪化するとアルコール性肝炎や肝硬変へと進行します)
 ○肥満(アルコール自体が高カロリーで、さらに食欲増進作用があります)
 ○すい炎(すい液の流出障害を引き起こし、すい臓の細胞が破壊されます)
 ○アルコール依存症(日本酒換算で毎日3合以上飲み続けると、男性は10~15年、女性は5~10年で依存症になるといわれています)
 ○高尿酸血症<痛風>(アルコールに含まれるプリン体は尿酸を増加させます)

今月は、「お酒の害」が中心の内容となりましが、お酒は適量を守り上手に飲めば一生楽しむこともできます。

〜次回予告~
次回は「お酒と上手につき合う方法 Part2」を予定しています。お楽しみに。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2. おすすめ健康レシピ ―アルコ-ルのお供、「枝豆」―
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
肝臓は体の「化学工場」と呼ばれており、さまざまな機能を果たしています。その中でもアルコールの分解は肝臓の大きな役割の一つです。アルコールを肝臓で分解する酵素はたんぱく質から作られるため、たんぱく質の補給が必要です。
枝豆は成熟すると大豆になり、「畑の肉」とも称されるように、たんぱく質が豊富に含まれています。特に枝豆には、メチオニンやオルニチンというアミノ酸が含まれており、ビタミンB、C群とともにアルコールの分解を促す作用があります。
アルコールを飲む際は、アルコールを分解するために必要な栄養素を一緒に食べて、2日酔いなどを防いで楽しめるといいですね。

★ガーリック枝豆
【材料】                   【栄養】
枝豆 100g                エネルギー: 146kcal
にんにく  1/2片                            たんぱく質:10.3g
オリーブオイル 小さじ1                       脂質:8.7g
ブラックペッパー 適量                        炭水化物:8.6g
塩    ひとつまみ

【作り方】
・にんにくをみじん切りにする
・枝豆をたっぷりのお湯で3分ほど茹でる
・フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクを加え香りづけする
・枝豆の水気を切り加えて炒める
・塩とブラックペッパーで味を整える

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3. 福岡支部加入者の生活習慣は男性と女性でどちらが良いのでしょう?
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
福岡支部の皆さんの健康度を見える化した「2018年度支部別スコアリングレポート(福岡支部版)を作成しました。このレポートは、福岡支部及び各都道府県支部の健診受診率、特定保健指導実施率に加え、男女別の健診結果や問診結果の年齢調整平均値や医療費の状況レーダーチャートやグラフにより健康度を見える化した資料です。福岡支部の4年間の経年変化について全国比と全国順位をご確認いただける内容となっています。「生活習慣に関する参考データ」という項目がありますので、男性と女性で全国と比べてどちらが良いあるいは悪い生活習慣なのか一度確認してみましょう。意外な結果となっております。
結果はこちらから
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/fukuoka/cat070/2019032501/


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4. 協会けんぽからのお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆4月の健康情報「こころの不調が気になったら」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/r2/20401/

☆4月の健康レシピ「具だくさんオムライス」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/r2/20402/

☆医薬品使用状況(令和元年11月)を掲載しました
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g7/cat740/sb7200/sbb7203/19090204/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<広報誌> 福岡支部の広報誌等はこちらから
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/fukuoka/cat080/6846-10923

<申請書> 各種申請書のダウンロード
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g2
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<協会けんぽ 福岡支部>
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/fukuoka/

発行元:全国健康保険協会 福岡支部
住 所:〒812-8670 福岡市博多区上呉服町10-1  博多三井ビルディング9階
電 話:092-283-7621     
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールアドレスは送信専用です。ご質問・ご依頼などにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。


▼バックナンバーはこちら 
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/fukuoka/cat130/