ページ上部です

被保険者(ご本人)の特定保健指導について

 

 被保険者(ご本人)の方の健診後の特定保健指導について        

 協会けんぽでは、生活習慣病予防健診を受診され、特定保健指導の対象となる方がいらっしゃる事業所様へご希望があれば保健師や管理栄養士が無料で職場にお伺いします。

 特定保健指導実施機関一覧はこちら

メタボリックシンドロームのリスク数に応じて、2つのタイプの特定保健指導があります

1.内蔵脂肪型肥満(腹囲とBMIで内臓脂肪蓄積のリスクを判定します。)

腹囲:男性85㎝以上

   女性90㎝以上

 

腹囲:男性85㎝未満

   女性90㎝未満

 かつBMI25以上

 

2.追加リスク(健診結果・問診票により追加リスクをカウントします。)

 ①血 糖:空腹時血糖値100㎎/dl以上 または HbA1c5.6%(NGSP値)以上

       ※H25年3月31日までの健診は、5.2%(JDS値)以上

 ②脂 質:中性脂肪150㎎/dl以上 または HDLコレストロール40㎎/dl未満

 ③血 圧:収縮期血圧130㎜Hg以上 または 拡張期血圧85㎜Hg以上

 ④喫煙歴:①~③のリスクが1つでもある場合にリスクとして追加

 

3.上記のリスクを踏まえて、特定保健指導のタイプが決定します

内蔵脂肪型肥満Aでリスクが1つ

内蔵脂肪型肥満Bでリスクが1~2つ

動機づけ支援

内蔵脂肪型肥満Aでリスクが2つ以上

内蔵脂肪型肥満Bでリスクが3つ以上

積極的支援

 生活習慣を振り返り、ライフスタイ

 ルにあった目標を設定し、実行に

 移せるようなきっかけ作りを保健

 師や管理栄養士がお手伝いします。

 

【初回】個別面接またはグループ学習

  ▼

【3~6ヶ月後】

生活習慣改善状況などを伺います

(電話、メール、手紙、FAX)

 生活習慣を振り返り、ライフスタイ

 ルにあった目標を設定し、実行を

 続けられるよう保健師や管理栄養

 士が継続的にサポートいたします。

 

【初回】個別面接またはグループ学習

     個別に面談、電話、メール

  ▼  手紙、FAXで継続サポート

【3~6ヶ月後】

生活習慣改善状況などを伺います

 

被保険者(ご本人)の方向けの特定保健指導の外部委託について

協会けんぽ福岡支部では、より多くの方々に生活習慣改善の機会を提供できるよう、支部保健師、管理栄養士による特定保健指導に加え、外部委託先による特定保健指導を実施しております。
外部委託機関等につきましては、こちらをご覧ください。