閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる
福井支部

バックナンバー 第189号(令和2年8月25日)


 メルマガ配信をご希望される方はこちらからご登録ください!→ 新規登録


□■ _________________________ ■□
 協会けんぽ福井支部

メールマガジン 第189 

令和2年8月25 発行 

□■ _________________________ ■□

こんにちは、協会けんぽ福井支部です!

ご愛読ありがとうございます。

 

毎日暑い日が続きます。今年は今までの夏とは違った過ごし方になり、戸惑うこともありますが、この機会に生活習慣を見直してみませんか。

 

=====================

  • 目次

  1. 季節の健康情報

  2. 健康コラム

  3. 気軽にできるストレッチ

  4. 福井県からのお知らせ

=====================

---------------------------------------------------------------

1.季節の健康情報

---------------------------------------------------------------

生活習慣を見直す機会に!「健康ハートの日」

 

810日は810が「ハート」と読めることから、「健康ハートの日」とされています。ハート、つまり心臓の疾患を予防啓発するために制定されました。心臓病や脳疾患といった血管系の疾患は、依然として日本人の死因の高位を占めます。しかしこれらの疾患は突然なるものではなく、悪しき生活習慣の長年の積み重ねが原因となり、ある日突然現れるケースも決して珍しくないのです。

心臓病というと高齢になって発症するものと誤解されがちですが、生活習慣に起因している場合には、若い世代でも無視できないものです。「健康ハートの日」を機に、日頃の生活習慣を見直してみましょう。

心臓病をはじめとする血管系疾患では、血圧とコレステロール値を正常に保つことが重要です。バランスの良い食事と適度な運動を心がけ飲酒は適量を、タバコは禁煙を目指しましょう。脂質の摂りすぎや塩分の濃い食事は良くありません。太りすぎないように体重コントロールをしながら、年に1回は健康診断を受診して早期発見・早期治療することも大切な予防策の一つです。

 

●血管の健康を意識して、心臓病を遠ざける

 

血管系疾患の予防には食事も大いに影響します。ポイントは、「脂質を控えめにしつつ質を意識すること」「減塩を心がけること」「食物繊維を積極的に摂ること」などです。

脂質の質でお勧めしたいのが、青魚。青魚に豊富な脂肪酸であるEPADHAには血中コレステロールのバランスを整える働きが期待できます。また、血管の炎症を抑える効果や、内皮の働きを改善する効果によって、動脈硬化の予防にも役立つとされています。

塩分の摂りすぎは血圧を上げやすく、高い血圧は血管に負担をかけます。減塩をこころがけることは、万病のもとである高血圧予防となり、血管の健康維持につながります。

そして食物繊維を積極的に摂って、余分なコレステロールを排泄します。ポイントの3つを組み合わせることで、多方面から血管の健康維持に働きかけましょう。

これらを可能にする食材の組み合わせは、魚+野菜を薄味で仕上げるような食事。薄味には柑橘系の果汁を上手に利用すると味気無さを解消できるのでおすすめです。

 

---------------------------------------------------------------

2.健康コラム

---------------------------------------------------------------

●生活習慣病との付き合いは、寿命を延ばす?

 

生活習慣病は一つ発症すると、他の生活習慣病を発症するリスクも上がります。大切なことは予防ですが、予防の考え方の1つには「重症化させない」という観点もあります。

「甲斐なき星が夜を明かす」ということわざもありますが、何も疾患がなく自分は健康だ、大丈夫だと過信している人よりも、わずかな疾患によって自分の体調と向き合い、悪化させないように大切にメンテナンスをしている人の方が大病を遠ざけることにつながります。

初期の生活習慣病は生活習慣を見直す良い機会ととらえ、上手に付き合っていきたいものです。

健康ことわざ令和2年8月

---------------------------------------------------------------

3.気軽にできるストレッチ

---------------------------------------------------------------

●血流改善で、血管への負担を減らす「肩甲骨ストレッチ」

 

肩こりに悩む方の多くが、だるさや重さを感じやすい肩甲骨。肩甲骨周りが凝った状態は背中の血流が悪くなります。頭に血が巡りにくくなって、肩こりによって頭痛に悩む方も少なくありません。

肩甲骨をほぐすストレッチをご紹介します。肩甲骨と背骨の間にある筋肉をほぐすような感覚で取り組んでみてください。

 

1.床に座り、足を肩幅くらいに開きます。足のつま先は、上に向くように立てましょう。

2.右手で左足の甲の外側を軽く持ちます。足のつま先を前に押し出し、右手は手前にひっぱります。背中がじわっとして突っ張っている感覚があったら、適切に刺激されている証拠です。

 

3.反対側も同じように行いましょう。

 

---------------------------------------------------------------

4.福井県からのお知らせ

---------------------------------------------------------------

【食生活や生活習慣を改善しましょう】

 

 福井県では、働く世代を対象として家庭での食事の見直しを目的に、福井県食生活改善推進員連絡協議会(地域の食生活改善を中心に健康づくりを推進するボランティア団体)に委託し、事業所訪問を通じた啓発活動を行っています。

昼休みなどの時間を利用して、働き世代の食生活や生活習慣の改善ポイントについて説明したり、減塩でカルシウム・鉄分たっぷりの野菜料理のレシピをお配りします。

 詳しくは、県のホームページをご覧いただき、お申し込みください。

 

◇申込期間

令和2年9月7日(月)~令和2年10月9日(金)

 

 

▼食生活改善推進員による事業所サポート事業

https://www.pref.fukui.lg.jp/doc/016250/jigyousyosaport.html

 

 

=====================

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次回の配信は、910日予定●

=====================

▽メルマガの登録▽

会員登録はこちらから
https://merumaga.kyoukaikenpo.or.jp/webapp/form/16500_qky_3/index.do


=====================


 


【発信元】


全国健康保険協会(協会けんぽ) 福井支部


企画総務グループ


【連絡先】


910-8541


福井市大手3-4-1 福井放送会館5


TEL:(077627-8301





申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]