ページ上部です

バックナンバーVol.82(平成29年8月10日配信)

********************************************************************
■■■
    aomori☆健康fitメール

                   Vol.82_ 2017.8.10発行 ■■■
********************************************************************

こんにちは(^O^)/協会けんぽ青森支部です。

青森市では8月2日から始まった「ねぶたまつり」が終了しました。
私もねぶた大好きな子どもたちと毎日のようにねぶたを見て楽しみました!
短い夏の楽しみが一つ終わってしまい、残念です(;_:)
しかしまだまだ夏の暑さは続くようですので夏バテには注意して過ごしたいですね。
夏バテ対策にこんなさっぱりメニューはいかがでしょうか。

▼ 季節の健康レシピ 豚しゃぶの香味野菜サラダ ▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h29/290801


さて、明日8月11日は「山の日」です。
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という意味で設けられたそうです。
昨年から新たに祝日となった「山の日」、お盆休みとあわせて大型連休となる方も多いのではないでしょうか。
青森支部のお盆期間中の相談窓口はカレンダー通りで、8月11・12・13日はお休みです。
14日からは8時30分~17時15分までの通常営業となります。
八戸・むつ年金事務所内サテライト窓口の営業時間についても同様です。

なお、弘前年金事務所内の相談窓口は7月31日をもちまして閉鎖いたしました。
ご利用いただいておりましたお客様へはご不便をおかけいたしますが、郵送でのお手続きにご協力をお願いいたします。


≪健康保険の基礎知識クイズ!≫
Q.任意継続の保険料納付書は期限を過ぎても使用できる?
答えはメルマガの最後で!


≪ もくじ ≫

1.70歳以上の方の高額療養費の上限額が変わります(平成29年8月診療分から) ★★
2.整骨院・接骨院のかかり方 ★★
3.「健康宣言」のページを更新しました ☆
4.新入社員向け「基礎から学ぼう!健康保険」 ★★
  ※ 表示について ⇒ ★★…新情報 ☆…継続(更新)情報


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.70歳以上の方の高額療養費の上限額が変わります(平成29年8月診療分から) ★★
――――――――――――――――――――――――――――――――――
負担能力に応じた負担を求める観点から、平成29年8月診療分より、
・現役並み所得者の外来(個人ごと)
・一般所得者の外来(個人ごと)
・一般所得者の外来・入院(世帯)
の自己負担限度額が以下の通り引き上げられました。
また、70歳以上の一般所得者の多数該当が設けられました。
なお、69歳以下の方の上限額は変更ありません。

≪変更点≫
現役並み所得者の外来(個人ごと) 現行44,400円 ⇒ 57,600円
一般所得者の外来(個人ごと)       12,000円 ⇒ 14,000円
一般所得者の外来・入院(世帯)      44,400円 ⇒ 57,600円(多数該当:44,400円)

また、新たに70歳以上の一般所得者における外来の自己負担額について、年間の上限額が設けられました。
7月31日を基準日として、基準日時点の所得区分が一般所得区分か低所得区分のいずれかに該当する場合は、前年8月1日~7月31日のうち、一般所得区分または低所得区分であった月の外来療養の自己負担額の合計が144,000円を超えた場合に払い戻されます。
※平成29年8月診療分からが対象となります。

詳しくはこちらをご覧願います↓↓
▼ 70歳以上の方の高額療養費の上限額が変わります(平成29年8月診療分から) ▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g3/cat320/sb3190/sbb3193/290719


――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.整骨院・接骨院のかかり方 ★★
――――――――――――――――――――――――――――――――――
7月から8月にかけては、1年のうちで整骨院・接骨院にかかる申請が一番多い時期です。
そこで今回は正しい整骨院・接骨院のかかり方についてご紹介します。
整骨院・接骨院にかかる場合、健康保険の対象となる治療には「協会けんぽ」から療養費としてその一部が支払われます。

【健康保険の対象となる治療】
・急性などの外傷性の打撲・捻挫・および挫傷(肉離れなど)・骨折・脱臼
※骨折・脱臼については医師の同意が必要です(応急処置を除く)

【健康保険の対象とならない治療】
・単なる肩こり、筋肉疲労
・慰安目的のあん摩・マッサージ代わりの利用
・病気(神経痛・リウマチ・五十肩・関節炎・ヘルニアなど)からくる痛み・こり
・脳疾患後遺症などの慢性病
・過去の交通事故等による後遺症
・症状の改善の見られない長期の治療
・医師の同意のない骨折や脱臼の治療(応急処置を除く)
・仕事中や通勤途上におきた負傷

このように、単なる疲労やリラクゼーション代わりの利用には、健康保険は適用されません。
整骨院・接骨院にかかる場合には以下の5点に注意して施術を受けましょう。
1.負傷の原因をはっきり伝える
2.療養費支給申請書は内容を確認して署名する
3.領収書は必ずもらって保管する
4.原因不明の痛みや長引く痛みは医師の診察を受ける
5.「ついでに他の部分も」「家族に付き添ったついでに」といった「ついで」の受診は支給対象外

保険証を使用した場合には、審査のためご本人に電話や文書等で施術内容や負傷原因などについて照会させていただくことがございます。
療養費の適正化のため、ご協力をお願いいたします。

▼ 柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方  ▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3070/r141


――――――――――――――――――――――――――――――――――
3.「健康宣言」のページを更新しました ☆
――――――――――――――――――――――――――――――――――
協会けんぽ青森支部では、職場における健康づくりの推進をめざし「健康宣言」を実施および登録していただける企業を募集しています。
8月4日現在、健康宣言している事業所は100事業所を超えました!
また、8月1日からは金利優遇を受けられる金融機関に青森銀行が加わり、みちのく銀行、青森県信用組合、東奥信用金庫、青森銀行の4金融機関となりました。
ホームページでは、「健康宣言登録シート」だけでなく、わが社の健康プランの具体例なども掲載しています。ぜひご覧願います。

▼ あなたの職場でも「健康宣言」してみませんか? ▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/aomori/cat070/20160708001


――――――――――――――――――――――――――――――――――
4.「基礎から学ぼう!健康保険」 ★★
――――――――――――――――――――――――――――――――――
今回も先月に引き続き保険給付です。保険給付の中でも申請の多い傷病手当金について説明していきます。
傷病手当金は、病気で休業している間にご本人様とその家族の生活を保障するために設けられた制度です。

【支給要件】
(1)業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
  業務上・通勤災害によるもの(労災保険の給付対象)や病気と見なされないもの(美容整形など)は支給対象外となります。
(2)仕事に就くことができないこと
  仕事に就くことができない状態の判定は、医師等の意見等を基に、ご本人様の仕事の内容を考慮して判断されます。
(3)連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
  病気やケガの療養のため仕事を休んだ日から連続した3日間(待期といいます)の後、4日目から支給されます。
  待期には、有給休暇、土日・祝日等の公休日も含まれるため、給与の支払いがあったかどうかは関係ありません。
   また、就労時間中に業務外の事由で発生した病気やケガについて仕事に就くことができない状態となった場合には、その日を待期の初日として起算されます。
(4)休業した期間について給与の支払いがないこと
  給与の支払いがあっても、傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額が支給されます。
任意継続被保険者である期間中に発生した病気・ケガについては、傷病手当金は支給されません。

【支給される金額】
1日当たりの金額:【支給開始日の以前12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額】÷30日×(2/3)

≪傷病手当金の調整≫
以下の場合は傷病手当金の支給額の一部または全部が調整されます
ア 給与の支払いがあった場合
イ 障害厚生年金または障害手当金を受けている場合
ウ 資格喪失後に老齢退職年金を受けている場合
エ 労災保険から休業補償給付を受けている場合
オ 出産手当金を同時に受けられるとき

【支給される期間】
支給期間は、支給を開始した日から数えて最長1年6ヵ月です。


次回は埋葬料についてのお話です。

傷病手当金について、もっと詳しく知りたい方はこちらから↓↓
▼ 傷病手当金 ▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3040/r139

≪健康保険の基礎知識クイズ答え≫
A.任意継続の保険料の納付書は期限を過ぎると使用できなくなります。その場合、被保険者資格もなくなってしまいます。
任意継続の保険料の納付期限は毎月10日(10日が土日祝日の場合は、翌営業日)までですので、納め忘れにご注意を!


■□■■――――――――――――――――――――――――――――――

発行元:全国健康保険協会(協会けんぽ)青森支部
住 所:〒030-8552 青森市長島2-25-3 ニッセイ青森センタービル8階
電 話:017-721-2799(代表)

▼ 青森支部ホームページ ▼
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/aomori/

▼ メルマガのバックナンバー ▼
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/aomori/cat130/#backnumber

――――――――――――――――――――――――――――――■■□■