ページ上部です

国民健康保険料の軽減制度と任意継続について

非自発的失業者への国民健康保険料(税)軽減制度について

平成22年4月から、倒産・解雇などにより離職された方(雇用保険の特定受給資格者)や雇止めなどにより離職された方(雇用保険の特定理由離職者)など、自ら望まない形で失業された方の国民健康保険料(税)を軽減する制度が開始されました。

この軽減制度により、非自発的失業者の方の国民健康保険料について、概ね在職中の本人負担分保険料の水準に維持されるよう、失業の翌年度末までの間、前年所得のうち給与所得を100分の30として算定してもらえることになります。

そのため、国民健康保険料の方が協会けんぽの任意継続保険料よりも安くなるケースが想定されますので、非自発的失業者の方は、この軽減制度の適用を受けられるかどうか、また、国民健康保険料の金額等をお住まいの区市町村へご確認いただき、双方の保険料等を比較のうえ、どちらに加入されるかご検討願います。

 

 

任意継続から国民健康保険への切替えについて

既に協会けんぽの任意継続被保険者となっている方が、国民健康保険料の軽減制度を受けられるため、国民健康保険へ加入するには、任意継続被保険者としての資格を喪失していただく必要がありますが、それまでの任意継続保険料の納付方法によって、資格喪失する方法も次のように異なります。

 

毎月納付の場合

毎月の保険料(毎月初めにお送りしている納付書)を納付期限である毎月10日(10日が土日・祝日の場合は翌営業日)までに納付されなかったときは、その納付期限の翌日に資格を喪失することになります。

 

前納(まとめて先払い)の場合

まず、前納を初めから無かったものとする申出を行っていただき、保険料の納付方法を「毎月納付」に変更していただく必要があります。

その変更により、翌月から毎月初めに納付書が送られ始めますので、その後は上記の「毎月納付の場合」と同様の手順で資格喪失することになります。

具体的な申出方法については、次のとおりです。

 

1.申出方法

申出書に前納を初めから無かったものとする理由及び必要事項等をご記入のうえ、ご自宅の住所地を管轄する協会けんぽ支部へご提出願います。

 

2.前納保険料の精算(還付額)

申出書を受付した時点での保険料還付額を計算し、後日、申出書に記載された口座へ任意継続被保険者資格の未経過期間分を振り込みます。

なお、還付額については、納付済み前納保険料額から任意継続被保険者資格の期間経過分の各月の保険料額を差し引いた額となりますが、具体的な還付額等については、管轄の協会けんぽ支部までお問い合わせ願います。

 

3.その他(軽減制度を受けられない場合)

協会けんぽでは、国民健康保険料の軽減制度を受けられない方であっても、保険料の前納を初めから無かったものとする取扱いを実施しています。(平成22年3月24日より)

 

お問い合わせ・ご提出先

協会けんぽの任意継続や申出書に関するお問い合わせやご提出については、ご自宅の住所地を管轄する協会けんぽ支部へお願いいたします。