ページ上部です

がん検診のご案内について

がん検診を受診しましょう

 現在、我が国では、年間約60万人の方が、新たにがんに罹っています。また、年間30万人以上の方が、がんが原因で亡くなっています。

 一方、診断と治療の進歩により、がんが進行する前の初期の段階で発見できれば、治る確率も高くなっています。ただし、がんは初期の段階では明らかな症状がないため自分で気付くことが困難です。

 

1.がん検診とは

①がん検診は、がんが進行していない初期の段階で発見し、適切な治療を行うことでがんによる死亡を減少させるために行われています。

 

②我が国では、昭和57年度から、市町村が主体となってがん検診を行ってきました。当初は「胃がん検診」、「子宮頸がん検診」のみでしたが、その後、検診対象となるがんの種類が追加され、現在では「胃がん検診」「子宮がん検診」「肺がん検診」「乳がん検診」「大腸がん検診」の5種類が行われています。

詳しくは、愛知県がん検診応援サイトをご覧ください。

 

③市区町村で行うがん検診については、がん検診の専門家やがん医療の専門家などから構成される「がん検診に関する検討会」において、きちんとしたデータをもとに、「対象となるがんの種類」「対象者の範囲」「検査方法」等の検討が行われ、その結果をもとに実施されています。

「正しい知識を持って、がん検診を受診しましょう」  

 

2.がん検診の受診率

 平成19年に実施された「国民生活基礎調査」によると、男性においては、胃がん、肺がん、大腸がん検診の受診率は3割程度であり、女性においては、乳がん、子宮がん検診を含めた5つのがん検診の受診率は2割台前半となっています。特に子宮がん、乳がんについては、検診受診率が低い状況にあります。

 

3.がん検診50%推進本部について

①こうした状況を踏まえ、平成19年に国が策定した「がん対策推進基本計画」において、がん検診受診率を5年以内に50%以上とすることを個別目標としています。

 

②計画策定から2年が経過し、今後一層の進展を期することが必要であることから、平成21年7月9日に国が「がん検診50%推進本部」を設置し、普及啓発のためのキャラクターロゴマークを決定し、これらを活用しながら普及啓発を行っていくこととなりました。

 

③また、国・地方自治体だけではなく、企業等にも積極的にがん検診受診率50%以上の目標に協力していただくため、「企業連携推進実施本部」を立ち上げるなど、色々な観点から普及啓発を図っているところです。

詳しくは、こちらのバナーをクリックしてがん検診企業アクション事務局ホームページをご覧ください。