閉じる
全国健康保険協会
について
こんな時に健保
健診・保健指導
健康サポート
医療費の節約
広報・イベント
PICK UP
閉じる
よくあるご質問
協会けんぽについて
閉じる
閉じる
閉じる

4、特定健診・特定保健指導は必ず受けよう

特定保健指導利用者と未利用者の医療費比較はこんなにも差が出ます!(グラフ)特定保健指導利用者と未利用者の医療費比較はこんなにも差が出ます!(グラフ)

40歳から74歳のすべての被保険者・被扶養者を対象に「特定健診・特定保健指導」が実施されています。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善が大きな目的です。

協会けんぽの調査研究でも、特定保健指導を受けた人の医療費は、受けていない人と比べて低くなることがわかっています。

詳しくは、〈健診後の保健指導・健康相談〉をご覧ください。

申請書を選択
[健康保険給付の申請書]
[任意継続の申請書]
[被保険者証再交付等の申請書]
[医療費のお知らせ依頼]
[交通事故や第三者行為によるケガの届]
[健診の申込書]