ページ上部です

バックナンバーVol.52(2020年1月9日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
船員保険メールマガジン「うみがめ〜る」 
全国健康保険協会船員保険部 発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


あけましておめでとうございます。「全国健康保険協会 船員保険部」です。 (`・ω・)ノ"
船員保険メールマガジン「うみがめ~る」は、
本年も加入者の皆さまにとって有益でお得な情報をお届けします。


┏━━━┓ 
┃\_/┃ [TOPICS]
┗━━━┛ 


□1□ 「限度額適用認定証」をご利用ください!

■2■ お得に旅をしませんか?~1人1泊3,000円の宿泊補助が受けられます~

□3□ 生活習慣病予防健診が無料で受診できます!


┌─┐
│1│ 「限度額適用認定証」をご利用ください!
└─┴───────────────────────────

○「限度額適用認定証」とは?
 医療機関の窓口で提示すると、医療費のお支払いが最大でも「自己負担限度額」までで済み、医療費の窓口負担を軽減できます。
入院だけではなく、お薬代なども対象となる場合がございますので、「限度額適用認定証」をぜひご利用ください。

○窓口負担額はどのくらい軽減されますか?
 例:1月に10日間入院され、医療費の総額が100万円であった
   Aさん(70歳未満)の場合(標準報酬月額30万・所得区分「ウ」とする)

 限度額適用認定証を利用された場合    → 窓口負担額  87,430円
          利用されなかった場合 → 窓口負担額 300,000円

限度額適用認定証を利用されなかった場合は、「高額療養費」をご申請いただくことで、後日、212,570円が払い戻されるため、最終的な自己負担額は同じになりますが、払い戻しまでには3~4か月ほどかかります。

※限度額適用認定証は「70歳未満の方」または「70歳以上75歳未満の方で、被保険者の標準報酬月額が28万円以上83万円未満の方」がご利用になれます。
また、「自己負担限度額」は所得区分(被保険者の方の標準報酬月額)に応じて異なります。

▼手続き方法や自己負担限度額等、詳しくはこちらをご覧ください▼


┌─┐
│2│お得に旅をしませんか?~1人1泊3,000円の宿泊補助が受けられます~
└─┴───────────────────────────────────────────

「たまには旅行もいいかな…」そうお考えの皆さまに耳よりなお知らせです。

船員保険では加入者(被保険者及び扶養家族)の皆さまが、旅行代金の宿泊補助などを受けられる事業を行っています。
大変お得ですので、この機会に是非ご利用ください。

○その1 旅行代理店の契約施設をご利用の場合
 旅行代理店(近畿日本ツーリスト、JTBまたは日本旅行)の契約宿泊施設をご利用される場合、事前にお手続きいただくことで、1泊3,000円(年度内お1人につき4泊まで)の宿泊補助が受けられます。

・ 対象宿泊施設…約7,000施設 

※海外旅行も対象となります。
※宿泊予約は旅行代理店の窓口またはお電話にてお願いします。
インターネットでのご予約は補助の対象になりませんのでご注意ください。

○その2 船員保険保養所、総合福祉センターをご利用の場合
 船員保険保養所または総合福祉センターにご宿泊の場合、1泊3,000円の宿泊補助が受けられます。また、日帰り入浴を無料で利用できます。 

・ 対象宿泊施設…5施設(鳴子・三崎・箱根・焼津・神戸)

○その3  契約保養施設をご利用の場合
 契約保養施設にご宿泊の場合、1泊3,000円の宿泊補助が受けられます。 

・ 対象宿泊施設…8施設(小樽・銚子・富士見・境港・小松島・坂出・奈半利・筑後)


▼保養事業について詳しくはこちらをご覧ください▼


┌─┐
│3│ 生活習慣病予防健診が無料で受診できます!
└─┴─────────────────────

船員保険では、35歳~74歳の被保険者と40歳~74歳の被扶養者を対象に生活習慣病予防健診を実施しています。

昨年度から、生活習慣病予防健診(一般健診・巡回健診)の自己負担が無料になり、総合健診の自己負担も大幅に軽減されました。
さらに生活習慣病予防健診を受診いただくと、船員手帳に健康証明を受けることができます。(※)
※一部例外機関があります。また、別途証明費用がかかります。

8月末までに生活習慣病予防健診を受診されていない方には、11月中旬に改めて受診のご案内をお送りしましたので、ぜひご覧ください。
(水色の封筒でお送りしています)

▼詳しくはこちらをご覧ください▼


_________________________

 編┃集┃後┃記┃☆┃
 ━┛━┛━┛━┛━┛

あけましておめでとうございます。

読者の皆さまは年末年始どのように過ごされましたか?
私は地元に帰省し、適飲適食(?)をして過ごしました。

気力体力とも充電したので、さらにわかりやすく有益な情報をお届けしていきたいと思います。
本年も船員保険部と「うみがめ~る」をよろしくお願いします。
_________________________


船員保険メールマガジン「うみがめ~る」は、船員保険制度の内容や制度改正等の最新情報をはじめ、健康づくりに関する情報などを、原則毎月1回お届けしています。
ご家族やご友人、職場の方にも、「うみがめ~る」をご紹介いただきますよう、よろしくお願いします。

★・‥…―――――――――――――――――――――――――…‥・★
■発行元:全国健康保険協会 船員保険部
■住 所:〒102-8016
      東京都千代田区富士見2-7-2 ステージビルディング14階
■電 話:03-6862-3060(携帯電話・PHS・IP電話ご利用の方)
0570-300-800(固定電話ご利用の方は市内通話料金)
★・‥…―――――――――――――――――――――――――…‥・★