ページ上部です

協会けんぽ長崎支部メールマガジン 第58号

◆◆◆◆◆―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◆◆◆  協会けんぽ長崎支部

◆◆◆       メールマガジン 第58号

◆◆                        平成30年2月26日発行

◆______________K_Y_O_U_K_A_I_K_E_N_P_O__N_A_G_A_S_A_K_I___

 

こんにちは!協会けんぽ長崎支部です。

 

この冬は長崎市内でも雪が積もることがあり、寒い冬になりましたね。

2月も終わりに近づき、少しずつ春らしい日が増えてきました。

桜の花が咲く暖かい季節が待ち遠しい反面、気になってくるのが花粉症です。

 

日本気象協会によると、九州のスギ花粉のピークは2月下旬から3月上旬、ヒノキ花粉のピークは3月下旬から4月上旬の見込みです。

花粉症対策は症状が出る前に、早めに準備しておくようにしましょう。

 

それでは協会けんぽ長崎支部 メールマガジン第58号をお届けします。

 

 

――○●○ もくじ ○●○―――――――――――――――――――――――――――

1. 平成30年度 全国健康保険協会長崎支部の保険料率のお知らせ

2. ご退職の際は健康保険証をご返却ください

3. 保健師・管理栄養士コラム 「腎臓にやさしい生活を」

4. 季節の健康情報(しっかり予防!冬季のヒートショック)

季節の健康レシピ(しょうがの肉団子スープ)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

1:平成30年度 全国健康保険協会長崎支部の保険料率のお知らせ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

2月13日のメールマガジン臨時号でもお伝えしましたが、平成30年度の健康保険料率について、保険料額表を掲載しましたので、改めてお知らせいたします。

 

平成30年3月分(4月納付分)以降の全国健康保険協会長崎支部の保険料率は、以下のとおりです。

 

 

//////////////////////////////////////

 

<健康保険料率>

 長崎支部

(現行) 10.22% ⇒ (平成30年4月納付分から) 10.20%

 

<介護保険料率>

 全国一律

(現行) 1.65%  ⇒ (平成30年4月納付分から) 1.57%

※介護保険料は40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)にご負担いただくものです

 

//////////////////////////////////////

 

 

長崎支部では、全国平均と比べて医療費支出の伸びを抑制できたこと等から、平成30年度の保険料率は「引下げ」となります。

 

加入者の皆さま、お一人おひとりの健康の積み重ねが、保険料率の上昇を抑える大きな力になります。ご協力よろしくお願いいたします。

 

平成30年度の保険料額表はこちらからご確認ください。

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h30/h30ryougakuhyou3gatukara

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2:ご退職の際は健康保険証をご返却ください

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

これから年度末に向けて、ご退職をされる方が増える時期かと思います。ご退職の際にはお勤め先のご担当者様へ、保険証を必ず返却してください。

 

<お勤めの方ご本人様・ご家族様>

現在お持ちの保険証は退職日の翌日以降、一切使用できません。ご使用いただけるのは「退職日」までです。ご退職の際は、会社のご担当者様へ保険証を必ずご返却ください。扶養のご家族がいらっしゃる場合は、ご家族の分の保険証も併せてご返却ください。

※退職日の翌日以降に誤って保険証を使用して診療を受けられた場合は、医療費から自己負担額を引いた額を、後日、ご本人様から返還していただくことになります。ご注意ください。

 

<会社のご担当者様>

従業員の方がご退職される際は、必ず保険証を回収してください。

回収後は「健康保険厚生年金 被保険者資格喪失届」に添付して、日本年金機構へご提出ください。

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

3:保健師・管理栄養士コラム 「腎臓にやさしい生活を」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

腎臓にやさしい生活をされていますか?

3月の第2木曜日は「世界腎臓デー」です。

 

人間の体の中にある腎臓は、すばらしい仕事をしています。

皆さまが元気に働くことができているのは、腎臓が頑張っているおかげでもあるのです。

腎臓は以下のような仕事をしています。

①尿として老廃物を追い出す

 体に必要なものは体の中に吸収し、体に必要でない老廃物等は尿として体の外へ追い出します。ちなみに、1日の尿の量は1リットル~2リットルです。

②からだの水分量・イオンバランスを調整する

 人間の血液の濃度は0.9%に維持されています。この濃度に0.1%でも誤差が出ると、人間は生きていくことができません。もし腎臓が1日0.1gでも塩分の調整をミスしたら、脱水や心不全を起こしてしまうのです。

③血液を作る

 血液中にある赤血球を作るホルモンを分泌しています。

④血圧を調整する

 体の中の塩分量・水分量を調整することで、血圧をコントロールしています。塩分が多い食事をすると、腎臓にはかなりの負担がかかります。

⑤骨を強くする

 カルシウムを体の中に吸収させるために必要な、ビタミンDを作っています。

 

腎臓の機能は30歳くらいから少しずつ衰え始めます。現在は80歳といわず、90歳まで生きる時代です。私たちが元気に生き続ける間、腎臓には腎臓の役割を果たし続けてもらいたいものです。そのためには、普段の生活の中で腎臓に負担をかけないよう心がけることが大切です。

腎臓の仕事ができなくなると、週に3回ほど病院に通い人工透析を行うことになります。年々、人工透析の患者さんが増えている原因は、腎臓に負担がかかる生活習慣を送っていることが考えられます。

腎臓にやさしい生活習慣を送るために気をつけてほしいことがあります。

●肥満傾向の方は腎臓に負担がかかります。体重オーバーの方は減量しましょう。

●健康診断で血圧・血糖値が高かった方は、医師に相談しましょう。

●過度な塩分は控えましょう。

●喫煙は血管を痛め、腎臓に悪影響を与えます。禁煙に取り組んでみましょう。

●お酒は適量にしましょう。

●適度な運動をしましょう。

 

腎臓にしっかりと働き続けてもらうため、腎臓にやさしい生活習慣を心がけましょう。

 

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4:季節の健康情報(しっかり予防!冬季のヒートショック)

季節の健康レシピ (しょうがの肉団子スープ)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

暦の上では立春を迎える2月。とはいえまだまだ真冬日を記録することもある、寒さ厳しい季節です。このような時季に気をつけたいのが「ヒートショック」。ヒートショックとは、気温の低い屋外から暖かい屋内への移動や、暖かい部屋から寒い部屋への移動などによる急激な環境温度の変化によって、血圧が上下に大きく変動することをきっかけとして起こる、健康被害の総称です。

 

▽季節の健康情報はこちらから

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat510/h29/300201001

 

 

血行を良くし、からだを温めるしょうががたっぷり入った、寒い冬にぴったりのメニューです。ふわっとやわらかい肉団子、れんこんのシャキシャキとした食感、ねぎの香りとしょうがの風味を楽しめる食べごたえのあるスープに仕上げました。

▽季節の健康レシピはこちらから

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat520/h29/300201001

 

========最後までお読みいただき、誠にありがとうございます!=======

今後も、皆様の健康づくりにお役立ていただける情報をお届けします。

健康づくりに関する身近な情報をはじめ、健康保険の制度改正や保険料率の変更など、

最新情報をいち早くお届けしてまいりますので、協会けんぽ長崎支部メールマガジンを

よろしくお願いいたします!

 

◇◆――――――――――――――――――――――――――――――――――――

協会けんぽ長崎支部では、メールマガジン登録者を募集しています!

職場の方やご友人へ、ぜひご紹介をお願いいたします。

▽メールマガジンのご登録はこちらから

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/nagasaki/cat130/5681-113320

――――――――――――――――――――――――――――――――――――◇◆

 

―――――――――――――――――――――■□■

協 会 け ん ぽ

全国健康保険協会長崎支部  企画総務グループ

〒850-8537

長崎市大黒町9-22 大久保大黒町ビル本館8階

電話 095-829-6000(代表)

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/nagasaki/

■□■―――――――――――――――――――――