ページ上部です

事業主・加入者のみなさまへ「令和元年度被扶養者資格の再確認にご協力いただきありがとうございました」

 協会けんぽでは、保険給付の適正化等を目的に、健康保険の被扶養者となっている方が、現在もその状況にあるかを確認させていただくため、令和元年9月から11月にかけて被扶養者資格の再確認を実施させていただきました。
 事業主及び加入者のみなさまにおかれましては、ご多忙なところ、被扶養者状況リスト等の提出にご協力いただき、誠にありがとうございました。
 令和元年度被扶養者資格の再確認の実施結果について、ご報告いたします。

【被扶養者資格の再確認】

≪結果≫

 被扶養者資格の再確認を行った結果、被扶養者から除かれた方は、次のとおりとなりました。
   被扶養者から除かれた人:約6.6万人(令和2年3月31日現在)
   削除による効果:15億円程度が見込まれる(高齢者医療制度への負担軽減額)

≪削除となった主な理由≫

 被扶養者から除かれた理由は、就職したが削除する届出を年金事務所へ提出していないというものが大半でしたが、収入超過をはじめ、被扶養者の要件を満たさなくなったことによる削除も見受けられました。

≪届出はその都度必要です≫

 ご家族が健康保険の被扶養者になる場合のほか、就職や一定の収入を超えた場合など、被扶養者の要件に該当しなくなった場合も、「健康保険被扶養者(異動)届」の提出が必要です。被扶養者に異動があった場合は、速やかなお手続きをお願いいたします。
※お手続き先は日本年金機構となります。
 被扶養者異動の手続き方法については、日本年金機構ホームページをご覧ください。 

≪ご意見等≫

 実施期間中、事業主・加入者のみなさまから大変貴重なご意見等をいただきました。ご意見やお問い合わせいただいた内容を参考に、次回以降、よりわかりやすく効率的な再確認が実施できるよう取り組んでまいります。

≪令和2年度の実施について≫

決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。