ページ上部です

医薬品副作用被害救済制度のご案内(独立行政法人医薬品医療機器総合機構からのお知らせ)

お薬は正しく使っていても、副作用の起きる可能性があります。
万一、入院治療が必要になるほどの健康被害がおきたとき、医療費や年金などの給付をおこなう公的な制度があります。
詳しくは、以下のページををご覧ください。

◇医薬品副作用被害救済制度について(独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ)