ページ上部です

加入者(ご家族)の特定保健指導のご案内

特定健診後の健康サポート(特定保健指導)を行っています

1.特定保健指導とは

  • 特定健診の結果、メタボリックシンドロームのリスク数を一定以上有しており、生活習慣の改善が必要な方に行われる保健指導です。メタボリックシンドロームを予防するための情報や、改善方法についてアドバイスを行います。
  • 特定保健指導の対象になった方のご自宅に「特定保健指導利用券」を送付します。

 ※一部の健診機関では健診当日に保健指導を実施できる場合があります(詳しくはお問い合わせください)。

2.保健指導の内容

特定保健指導は、健診結果に応じて「動機づけ支援」と「積極的支援」の2種類があります。

※医療機関ですでに治療中の方は除きます。

 

ステップ① 腹囲とBMIから内臓脂肪のリスクを判定

 タイプA 腹囲 男性85センチ以上   女性90センチ以上

 タイプB BMI25以上

ステップ② 健診結果と問診票からリスク数を判定

 1. 血糖値:空腹時血糖値100mg/dl以上 または HbA1c5.6%以上

 2. 脂質:中性脂肪150mg/dl以上 または HDLコレステロール40mg/dl

 3. 血圧:収縮期血圧130mmHg以上 または 拡張期血圧85mmHg以上

 4. 喫煙歴:1~3のリスクが1つでもある場合にリスクとして追加

 

☆動機づけ支援

タイプAでステップ②のリスクが1つ

タイプBでステップ②のリスクが1~2つの場合

【初回】個別面談またはグループ支援 → 【最終支援】初回面談から3か月以上経過後に電話・手紙・メール・FAX・面談で生活習慣の改善状況を伺う。

 

☆積極的支援

タイプAでステップ②のリスクが2つ以上

タイプBでステップ②のリスクが3つ以上の場合

【初回】個別面談またはグループ支援 → 【3~6か月間】電話・手紙・メール・FAX・面談でサポート → 【3~6か月後】初回面談から3か月以上経過後に電話・手紙・メール・FAX・面談で生活習慣の改善状況を伺う。

 

3.支援方法

動機づけ支援が必要な方にたいするサポート

メタボリックシンドロームを改善するため、医師や保健師等による生活習慣改善のための面接が行われます。6カ月後に目標が達成できたかどうかや、身体状況・生活習慣に変化が見られたかなどを振り返ります。

積極的支援が必要な方に対するサポート

メタボリックシンドロームを改善するため、医師や保健師等による生活習慣改善のための面談及びその後のサポートが3カ月以上受けられます。また、サポートは皆さまのライフスタイルにあわせて行われます。6カ月後に目標が達成できたかどうかや、身体状況・生活習慣に変化が見られたかなどを振り返ります。

 

4.特定保健指導の費用 

 

5.特定保健指導までの流れ

特定健診後、対象となる方のご自宅に「特定保健指導利用券」が協会けんぽから届きます。

矢印

特定保健指導を行っている医療機関に予約をします。

矢印

特定保健指導の当日は、「特定保健指導利用券」「健康保険証」「特定健診の健診結果」をお持ちください。

 

 

ご注意ください

 

「特定保健指導利用券」の有効期限は年度末までです。
ただし、協会けんぽの資格を喪失した場合は、利用券のご利用はできません。