ページ上部です

ジェネリック医薬品はこんなお薬です 

 

ジェネリック医薬品とは、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後につくられたお薬です。先発医薬品と同等と国から認められた上で、発売されている安価なお薬であり、お薬代の負担軽減につながります。

 

 

 ジェネリック医薬品のポイント

 

(1) 薬代が安くなります

医薬品は開発に費用が多くかかりますが、開発期間が短くて済むジェネリック医薬品は価格も安くなっています。薬代として3割以上、中には5割以上安くなる薬もあります。   

(2)効き目や安全性は同じ?

ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ主成分を使い、効き目や安全性が先発医薬品と同等であると国から承認されたお薬です。

(3)ジェネリック医薬品を使用するには?

ジェネリック医薬品は医師による処方せんが必要ですので、まずは医師・薬剤師にご相談ください。ただし、すべてのお薬にジェネリック医薬品があるわけではありません。使用できる病気(効能)が異なる場合や、在庫がない場合など切り替えることができない場合があります。

  • 平成24年4月から、処方せんの様式が変更になり、個々の医薬品ごとに変更可否が明示されるようになりました。変更不可欄にチェックのない医薬品であれば、患者の選択に基づき、ジェネリック医薬品への変更が可能になります。

(4)お試し切り替え(分割調剤)ができます

「ジェネリック医薬品が自分に合うか心配」という方は、処方されたお薬の服用日数を分割するという方法もあります。たとえば30日分のお薬を処方された場合には、まず10日分だけもらい、服用して問題がなければ残りの20日分をもらうことができます。

  • このお試し切り替え(分割調剤)をした場合には、薬局に「後発医薬品分割調剤料」を支払うことになっています。詳しくは薬剤師にご相談ください。

ジェネリック医薬品について詳しくは、こちらも併せてご覧ください。