ページ上部です

6月の健康レシピ 冷製スープ餃子

完成写真 

夏本番を前に、気温が上がる6月。湿度もあって、だるさを感じる季節です。豚肉に含まれるビタミンB1は体の疲れに効果的。ビタミンB1の吸収率を高めるニラと組み合わせて、今から夏バテに備えましょう。


材料 
  • 餃子の皮……10枚(90g)
  • 豚ひき肉……80g
  • キャベツ……80g(約1.5枚)
  • ニラ……20g(約2本)
  • 酒……小さじ1(5g)
  • しょうゆ……小さじ1/2(3g)
  • 塩……少々(0.6g程度)

<スープ>

  • 水……1.5カップ(300ml)
  • 顆粒鶏がらだし……小さじ1(2.5g)
  • しょうゆ……小さじ1(6g)
  • こしょう……適宜
  • おろししょうが……2g
  • 刻みねぎ……お好みで

材料写真 
作り方
1

顆粒鶏がらだしは、熱湯200mlでよく溶かし、水や氷を加えて総量を300mlにする。しょうゆ、おろししょうがを加え、こしょうをふる。粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やしておく。

作り方1
2

キャベツはみじん切りにして塩をふって混ぜ、10分ほど置いて出てきた水分を絞る。ニラもみじん切りにしておく。

作り方2
3

ボウルに豚ひき肉と酒、しょうゆを入れて粘りが出るまで練り混ぜたら、2のキャベツ、ニラも加えて混ぜ、10等分して餃子の皮で包む。

作り方3
4

鍋にお湯を沸かして3を5分ほど茹でたら、氷水にとって冷まし、ざるに上げて水気を切る。

作り方4
5

器に水餃子とスープを盛り付け、お好みで刻みねぎを散らす。

作り方5
食材と栄養について 

豚肉

タンパク質が、血管を丈夫にします。また、豚肉に多く含まれるビタミンB1は糖がエネルギーに変わるのを助ける働きがあるので、夏バテ防止や疲労回復効果が期待できます。

ニラ

アリシンがビタミンB1の吸収率を高めてくれます。豚肉とニラの組み合わせは、この季節におススメです。


【今月の健康情報は「脱水・熱中症にご注意を」がテーマです】

[レシピ考案・監修]管理栄養士 小泉 明代