ページ上部です

「外部有識者を活用した委託研究」の募集について

 団塊の世代がすべて後期高齢者となる2025年や、現役世代の急減と高齢者人口のピークが同時に訪れる2040年、さらにその先を見据えると、効率的かつ質の高い保健医療を実現し、医療保険制度の持続可能性の確保を図る必要があります。

 全国健康保険協会では、事業の改善や事業主・加入者の行動変容を促すための方策の提案及び、国への政策提言を行うことを目的として、大学や研究機関などの外部有識者を活用した委託研究事業を開始します。

 本事業では、全国健康保険協会加入者約4000万人分の匿名化されたレセプトデータや健診データ等を活用できる環境を研究者に提供いたします。


1.研究テーマ


   採択件数の上限   1件当たりの上限金額(税込)  研究期間予定期間 
 指定テーマ※  3件以内 

3,300万円 × 1件

1,100万円 × 2件

 令和3年1月~
(最長)令和5年3月

 医療費分析分野においての

自由提案型研究

2件以内

3,300万円 × 1件

1,100万円 × 1件

 令和3年1月~
(最長)令和5年3月

※全国健康保険協会指定のテーマ
 ①地域の医療費分析に基づく診療行動・受診行動のあり方に関する研究
 ②薬剤給付のあり方に関する研究
 ③診療報酬改定をめぐる効果検証及び改善方策に関する研究
 ④全国健康保険協会の保健事業のあり方に関する研究
 ⑤新型コロナウイルス感染症による受療行動に対する影響の検証に関する研究

 

2.応募資格者

 一定の条件を満たす日本国内の研究機関に所属する研究者とします。

 

3.募集期間

 令和2年9月9日 ~ 令和2年11月10日

 

4.評価方法

 全国健康保険協会が別途委嘱する外部評価者により評価を行い、当該評価結果を踏まえ、全国健康保険協会が採択課題を決定します。

 

5.その他

 応募方法等の詳細はこちらの「企画競争」からご覧ください。

 

お問い合わせ先

全国健康保険協会本部 研究室
(電話)03-6680-8856