ページ上部です

「任意継続保険」について

   

健康保険任意継続制度とは

 会社を退職等で被保険者の資格を喪失したときに、引き続き当協会の被保険者として加入することを希望する方は、申請により、任意継続被保険者になることができる制度です。

 なお、任意継続被保険者となれる期間は2年間です。

  

任意継続被保険者の加入要件

 資格喪失日(退職日等の翌日)の前日まで引き続き2カ月以上被保険者であったこと。

  

手続き方法 

 資格喪失日より20日以内に健康保険任意継続被保険者資格取得申出書を自宅住所地を管轄する全国健康保険協会都道府県支部(以下、協会都道府県支部といいます)に提出してください。

※平成29年1月以降、被扶養者のマイナンバー記載欄は必ず記入して下さい。

 

申請書の種類

提出者

添付書類

【任意継続被保険者資格取得時】 

任意継続被保険者資格取得申出書

 

被保険者

被扶養者がいる場合

平成30年10月1日より添付書類の取り扱いが変更となりました。 

主な変更点

・収入の確認できる書類の添付が必須となりました。
・新たに被扶養者を追加する場合は身分関係(続柄)の確認できる書類や同居していることが確認できる書類(同居の場合)の添付が必要となりました。
・別居の場合は仕送りの確認できる書類の添付が必要となりました。

 

※16歳未満の場合は、収入の確認できる書類及び仕送りの確認できる書類の添付が省略できます。
※16歳以上の学生の場合は、仕送りの確認できる書類の添付が省略できます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

【任意継続被保険者の被扶養者を追加するとき】

任意継続被扶養者(異動)届

 

被保険者

 

    

保険料額について

 会社で加入していた時は、事業主様とご本人様で半分ずつ納めていただいていましたが、任意継続の場合、ご本人様が全額負担となりますので、退職時等の健康保険料の2倍になります。
 宮城支部加入者の健康保険料についてはこちらから 

※なお、被扶養者がいる・いないに関わらず、保険料額は変わりません。

 

保険料の納付方法

 以下の2つの方法があります。

  ○ 納付書による納付(毎月納付又は前納)

  ○ 口座振替

※ただし、前納及び口座振替による納付を希望される場合は、手続きが必要となりますので自宅住所地を管轄する協会都道府県支部にお問い合わせください。

※納付いただいた保険料は全額、確定申告における社会保険料控除の対象となりますので領収書は大切に保管してください。

 


 

任意継続の詳細についてはこちらの「健康保険任意継続被保険者のしおり」をご覧ください。