ページ上部です

申し込み方法

平成28年度 生活習慣病予防健診&特定健康診査のご案内

 

生活習慣病予防健診(被保険者用健診)

現在、インターネットサービス(情報提供サービス)は利用を休止させていただいております。大変ご不便をお掛けして申し訳ございません。当面の間は、対象者名を印字した申込書、又は、手書き用の申込書等により、支部に郵送してお申込みいただきますようお願いいたします。

 

(休止中のサービス)

●健診対象者データ ダウンロード

●健診申込データ  アップロード(健診申込)

 

  

特定健康診査(被扶養者用健診)

●受診券を4月にご自宅へ直送します。

平成25年度より、被保険者様のご住所あてに、被扶養者様が特定健康診査(特定健診)を受診する際に必要な『受診券』をお送りしております。

平成28年度も同様に被保険者様のご住所あてに『受診券』をお送りしますので、ぜひ特定健診を受診するようお願いします。

注意

  • 送付先の住所地は協会けんぽに登録されている住所となります。
  • 平成28年1月時点で協会けんぽに登録されている被扶養者情報をもとに受診券を作成します。1月以降に新たに扶養になった方については、受診券申請書にて交付申請をしていただく必要があります。

 

●直送できなかった受診券は、平成28年4月以降に事業所様宛に送付いたします。

被保険者様のご自宅に郵送できなかった方などの受診券については、事業主様宛に送付しますので、被保険者様等を通じ、被扶養者様のお手元に届くようご協力をお願いします。

 

 

申し込み方法

被保険者(生活習慣病予防健診)についてはこちら

一般健診についてはこちら

特定保健指導・健診後の健康相談はこちら

肝炎ウイルス検査についてはこちら

被扶養者(特定健康診査)についてはこちら

 

被保険者(生活習慣病予防健診)

全国健康保険協会支部から送付された印字済み申込書をお持ちの場合

ご案内のパンフレットや同封の記入例等をよくお読みになったうえで、必要事項を漏らさず記入してください。記入漏れがありますと、ご希望通りに健診が受けられない場合がありますのでご注意ください。
 

受診を希望する健診機関に、あらかじめ受診日を予約してください。
 

申込書に印字されている被保険者のうち、受診を希望されない方や退職された方については、お手数ですが該当する方の欄を二本線で全て抹消してください。なお、1枚の申込書に印字されている被保険者全員が受診を希望されない場合は、その申込書の提出は不要です。
 

申込書に印字されていない受診対象者(35歳~74歳の新規加入の被保険者)が健診を希望される場合には、申込書の空欄に追記していただくか、または白紙申込書(当ホームページからダウンロードできます)をご使用ください。(申込書の欄外には、記載しないでください。)

※今年度で75歳を迎える方は、誕生日から後期高齢者医療制度の加入者となりますので、誕生日の前日までに受診を終えていただく必要があります。

 

申込書をお持ちでない場合

白紙申込書にご記入のうえ、必要事項を全て記入して提出してください。
 

記入例はこちらの、生活習慣病予防健診の申込書記入例をご覧ください。
 

白紙申込書はこちらの、生活習慣病予防健診の申込書からダウンロードできます。

 

申込書提出先

全国のどの協会けんぽ支部で受付できます。お手元に申込書のコピー(控え)を残されたうえで、お近くの支部にお申し込みください。(郵送でお申し込みできます。ただし、FAXは不可)

協会支部の所在地・連絡先はこちらをご覧ください。
 

お申込み上の注意事項

  • 事故防止の観点からFAXでの健診申込みは受付けておりませんので、必ず郵便・宅配便等により送付してください。
     
  • 申込書の提出後、当協会から照会の際に、申込書のコピー(控え)が必要になる場合がありますので、あらかじめお手元に申込書のコピー(控え)を残していただきますようご協力お願いいたします。
     
  • この健診は、お1人につき1年度(4月~翌年3月)に1回限りです。同一年度内に、2回以上受診した場合は、2回目以降の健診費用は全額自己負担となりますのでご注意ください。
     
  • 国民健康保険・健康保険組合・共済組合等に加入している方は、この健診を受診することはできませんのでご了承願います。
     
  • 申込書は、提出した後に資格確認や、受付番号を付番する等の事務処理がありますので、申込書を出してすぐに受診できるわけではありません。余裕を持って提出するようにしてください。
    なお、予約状況によりご希望の月又は健診実施機関で受診できない場合がありますので、ご了承ください。
     
  • 平成20年度から健診希望日については、申込書提出前に健診実施機関へ予約する方式に変更となりました。 ご協力の程よろしくお願いします。

 

健診後の保健指導・健康相談を受けましょう!

保健師等が事業所を通じて健診後のサポートを行っています。

健診後の保健指導・健康相談ページはこちら
 

お申込み手順
  1. 「生活習慣病予防健診のご案内」を貴事業所宛にお送りします。
     
  2. 受診を希望する健診機関に、あらかじめ受診日をご予約のうえ、生活習慣病予防健診申込書に必要事項を記入してください。
      
  3. 受診希望のとりまとめ
    事業所単位で、健診を希望する方を取りまとめます。
    (任意継続被保険者の方は直接、協会の各都道府県支部宛に郵送ください。)
     
  4. お申込み
    全国健康保険協会の都道府県支部宛に郵送ください。(FAX不可)
    (注意)肝炎ウイルス検査については別途お申込が必要になります。 
     
  5. 健診の実施
     
  6. 健診結果の送付
     
  7. 特定保健指導・健診後の健康相談のご案内
    全国健康保険協会支部より日程のお知らせをお送りします。
     
  8. 特定保健指導・健診後の健康相談の実施

 

肝炎ウイルス検査のお申込みは

この検査は個人のプライバシーに配慮して、本人自身が健診実施機関に直接申し込みとなります。

 

肝炎ウイルス検査の対象者(過去にC型肝炎ウイルス検査を受けたことがある方は除く)
  1. 一般健診を受診される方で、当年度において35歳以上の方。
     
  2. 一般健診を受診される方で、広範な外科的処置を受けたことのある方、又は妊娠若しくは分娩のときに多量に出血した経験のある方。 
     
  3. 一般健診を受診された方で、検診結果において、GPT値が36U/l以上であった方。 

 

 肝炎ウイルス検査申込書

 

被扶養者(特定健康診査)

特定健康診査を受診するには、「特定健康診査受診券」が必要になります。受診券は、これまで事業主様あてに対象者全員の受診券を送付していましたが、平成25年度より、被保険者様のご住所に被扶養者様の受診券を直接お送りします。ただし、一部の方(発券の準備作業期間以降に加入された方や任意継続被扶養者の方)や紛失した場合などは、引き続き「特定健康診査受診券申請書」で申請をいただく必要があります。

「特定健康診査受診券申請書」は、こちらからダウンロードできます。

 

特定健康診査の受け方 

  1. お手元に特定健康診査受診券が届きましたら、ご希望の健診機関に直接予約をとってください。
    ※協会けんぽと契約している健診実施機関は、都道府県支部のホームページを参照してください。
     
  2. 受診当日は、受診券と健康保険証を必ず持参してください。
     
  3. 健診結果は、後日、健診機関から皆様の自宅等に郵送されます。

 

特定保健指導の受け方

特定健診の検査結果や問診結果に基づき、生活習慣の改善に取り組んでいただくことが大切だと判定された方には、全国健康保険協会の都道府県支部から特定保健指導利用券をご自宅にお送りします。

この利用券と保険証をお近くの保健指導機関に提示していただき、特定健診の結果に基づいた保健指導を、医師または保健師等から受けて、生活習慣の改善に取り組みましょう。

 

  1. 健診の実施
     
  2. 結果の送付
     
  3. 利用券の発行
    保健指導が必要と判定された方に「特定保健指導利用券」をご自宅宛にお送りします。
    特定保健指導利用券(見本)は、こちらをご覧ください。
     
  4. 特定保健指導の実施
    最寄の保健指導実施機関で受けてください。

 

健診のお申込み、お問い合わせについて

職場を通じて(任意継続の方は直接)、協会けんぽ支部へご連絡ください!