ページ上部です

第5回協会けんぽ調査研究フォーラムを開催します

第5回調査研究フォーラム

 

協会けんぽでは、健診、レセプトデータ等の分析成果に基づく事業に取り組んでおり、これらに関する報告会(フォーラム)を下記のとおり開催いたします。

 

日時

平成30年5月23日(水曜日) 12:50~16:30終了予定(受付12:00開始)

会場

一橋大学一橋講堂(地図はこちらをご覧ください)

東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階(地下鉄 神保町駅 徒歩4分/竹橋駅 徒歩4分)

テーマ

        ジェネリック医薬品使用割合80%の達成に向けて

プログラム

【第1部】

基調講演

  厚生労働省医政局経済課 課長 三浦 明

 

パネルディスカッション

 東邦大学医学部 特任教授 小山 信彌

 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事 永田 泰造

 全国健康保険協会福井支部 支部長 畑 秀雄

 全国健康保険協会徳島支部 支部長 品川 晴旨 

  [進行] 全国健康保険協会 理事 藤井 康弘 

 

【第2部】

協会けんぽ調査研究報告

【静岡支部】 抗微生物薬適正使用の手引きと協会レセプトに見る現状

【大阪支部】 多受診発生予防のための介入ポイントの探索

【兵庫支部】 がん検診の医療費に与える影響に関する一考察

【沖縄支部】 AUDITを活用した特定保健指導対象者の飲酒習慣の実態と減酒支援の効果

 

【ポスター発表】

フォーラム開始前に、協会けんぽ支部調査研究のポスター発表を行います。

【東京支部】 健診・レセプトを活用した疾病別の発症リスク予測モデルの検討

【静岡支部】 ジェネリック医薬品推進に向けたアプローチ手法の考察

【愛知支部】 職場での健康づくりと特定健診、歯科検診との関連

【滋賀支部】 レセプトデータを活用したジェネリック医薬品使用割合の地域差や低迷要因の分析

【広島支部】 薬剤師会と連携した多受診者への取組み

【福岡支部】 健診未受診者の特性を意識した受診勧奨 -続報-

【福岡支部】 肝炎ウイルス検査促進と陽性者へのフォロー体制の構築

 

申込み方法

 こちらの申込みフォームからお申込みください。  

申込み期限

 平成30年5月11日(金曜日)まで

注意事項

  • 申込は先着順で受付けておりますので、定員に達し次第、締め切らせていただきます。
  • お申込みをされた方には、後日「参加票」をお送りさせていただきます。

    • お申込みされたにも関わらず、5月18日(金曜日)までに参加票が届かない場合は、お手数ですが以下のお問い合わせ先までご連絡ください。 
       

お問い合わせ先

全国健康保険協会(協会けんぽ) 本部 研究室

〒102-8575

東京都千代田区九段北4-2-1市ヶ谷東急ビル

TEL:03-6685-8226 FAX:03-5212-8238