ページ上部です

びわメール♪<第85号>(H31.3発行)

◆◆―――――――――――――――――◆◆

季節の健康情報をお届け!!

びわメール♪ <第85号>

《協会けんぽ滋賀支部 メールマガジン》

◆◆―――――――――――――――――◆◆

こんにちは。協会けんぽ滋賀支部です。

「びわメール♪」をお読みいただきありがとうございます。

それでは最新号を送信します。よろしくお願いします。

◇◆◆ 目次 ◆◆◇―――――――――――
 
【1】 健康情報 1 ~ よく噛んで、ずっと元気に! ~
 
【2】 健康情報 2 ~ こうして改善!生活習慣 ~

【3】 季節の健康レシピ ~ 焼き酢豚 ~
     
◆―――――――――――――――――――◆

【1】健康情報 1

●よく噛んで、ずっと元気に!
 
よく噛んで食べることは、生活習慣病の原因の一つである肥満の予防になります。よく噛むことによって、脳は少量でも満腹感を感じやすくなり、食欲が抑えられます。食事のときは「一口30回噛む」よう心がけましょう。

○よく噛んで食べるための7か条
 1 一口30回、噛んで食べる
 2 右で10回、左で10回、あと10回、噛んで食べる
  3 飲み込もうと思ったら、あと10回噛む
  4 食べ物の形がなくなるまで、よく噛む
  5 先の食べ物を飲み込んだら、次のものを口に入れる
 6 口に食べ物が入っている間は、水分を摂らない
 7 一口食べたら、箸を置く
 

詳しくはこちらから▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat510/h30/310301001

◆――――――――――――――――――◆

【2】健康情報 2

●こうして改善!生活習慣

○あぶらっこいものをよく食べる人は、調理法ととる食品の種類で控えましょう。

 「揚げる、炒める」から「焼く、蒸す、ゆでる」調理法に変える。
  フッ素樹脂加工の調理器具を使い、油を使わずに加熱。
  肉は脂肪の多い部位を控えましょう。
  油脂の多い調味料(マヨネーズ、ドレッシング、ソース)から味付けを変えて低エネルギーの調味料(酢、唐辛子、ゆず)へ

○野菜をあまり食べない人は、かんたん野菜料理と野菜ジュースで補充しましょう。
 
   自分でつくるかんたん野菜料理で手軽に野菜の補充を。市販のものは乾燥させた野菜に水を足しているものが多いので、表記の野菜の量の半分が目安となります。自分でつくった料理やジュースなら、確実にたっぷり野菜がとれます。 
 
 (かんたん野菜料理)

  ジューサーで野菜ジュースをつくる。温めて味を調えれば野菜スープになります。
  薄切りにした野菜と、チーズやハムを層状に重ねて、電子レンジで数分加熱します。味付け不要ですぐできます。

○おなかいっぱい食べているひとは、ゆっくりよく噛み野菜から食べましょう。
 
○魚より肉をよく食べる人は、肉と魚は1対1。手のひらサイズが目安です。

 肉と魚は1対1の割合にしましょう。合わせて1日2食以内、一度の量は手のひらサイズが目安です。

◆――――――――――――――――――◆

【3】季節の健康レシピ 

●焼き酢豚

肉にみそと酒で下味をつけ焼くことで、肉にしっかりと味が付き、焼き味噌も香ばしく一味違うおいしさです。お試しください。
 
材料・作り方はこちらから▼
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat520/h30/310301002

◆――――――――――――――――――◆

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

――――――――――――――――――

発 行 元:全国健康保険協会(協会けんぽ)滋賀支部
住   所:大津市梅林1-3-10 滋賀ビル
電話番号:077-522-1099(代表)

協会けんぽ滋賀支部のホームページ
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shiga/

配信されたメールマガジンのメールアドレスへは返信での
ご意見・ご要望等はお受けできませんのでご了承ください。

―――――――――――――――――

メールマガジン登録ページ・バックナンバーはこちらから▼
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/shibu/shiga/cat130/

―――――――――――――――――