ページ上部です

特定健康診査(ご家族様の健診)のご案内

特定健康診査を受けて病気を予防しましょう!

健診漫画

 特定健康診査とは、食生活、飲酒、喫煙等さまざまな生活習慣の蓄積による糖尿病、高血圧などの生活習慣病を予防することを目的として、メタボリックシンドロームに着目して行われる加入者(ご家族)の方の健康診断及び保健指導です。1年に1回、定期的に健診を受けて病気を未然に防ぎましょう!

滋賀支部の健診のリーフレット等

 

特定健診の検査項目

基本的な検査

項目 検査の内容
診察等 視診、触診、聴打診などを行います。
問診 現在の健康状態や生活習慣(飲酒、喫煙の習慣など)を伺い、検査の参考にします。
身体測定 身長、体重、腹囲を測り、肥満度の指標であるBMIも計算します。
血圧測定 血圧を測り、循環器系の状態を調べます。
血中脂質検査 動脈硬化などの原因となる中性脂肪やHDLコレステロール、LDLコレステロールを測定します。
肝機能検査 肝細胞の酵素を測定し、肝機能などの状態を調べます。
血糖検査 空腹時血糖またはヘモグロビンA1cを測定し、糖尿病などを調べます。
尿検査 腎臓、尿路の状態や糖尿病などを調べます。

詳細な健診

 今年度の健診結果などに基づいて医師の判断により実施されるものです詳細な健診はすべての方が必ず受診する健診ではありません

項目 検査の内容
心電図検査 不整脈や狭心症などの心臓に関わる病気を調べます。
眼底検査 眼底カメラで瞳孔から網膜を撮影し、眼底の血管を調べます。糖尿病による目の病気や動脈硬化の状態などを知ることができます。
貧血検査 血液中の赤血球数、血色素量などを測定し、貧血などの血液の病気を調べます。

血清クレアチニン
検査

血清クレアチニンと年齢及び性別から推算糸球体濾過量(eGFR)を計算します。

 

特定健診の対象となる方

健診40歳から74歳の方が受けられます。

  • 受診時に協会けんぽの加入者(ご家族)であることが必要です。
  • 受診する年度に75歳を迎える方は、誕生日から後期高齢者医療制度の加入者となりますので、誕生日の前日までに受診を終えていただく必要があります。
  • 受診する年度に40歳を迎える方は、40歳の誕生日を迎えていなくても4月1日から受診できます。

 

特定健診の受診の流れ

1.受診券の受け取り

  • 今年の4月上旬に加入者ご本人(被保険者)のご自宅にお送りしています。

【今年度に入ってからご加入の方・受診券を紛失された方】

2.特定健診実施機関に予約する

 以下のページをご覧ください。

3.特定健診を受診する

  • 受診するときには「受診券」と「健康保険証」が必要になります。忘れずにお持ちください。
  • 健診実施機関の窓口で費用の一部をお支払いいただく場合があります。
  • 昨年度、特定健診を受診された方のうち、健診実施機関から送られた健診結果をお持ちの方は、受診のときにお持ちください。

4.健診結果の送付

 健診受診後、受診された健診実施機関から健診結果が届きます。

ご家族の健診後の保健指導

保健指導 特定健康診査を受診された加入者(ご家族)の方で、特定保健指導に該当する方については、協会けんぽから「特定保健指導利用券」を送付しています。

保健指導のリーフレット等

保健指導の効果がわかる統計資料

 

健診や保健指導・健康相談についてのお問い合わせ先

全国健康保険協会滋賀支部 保健グループ 
TEL(077)522-1113